メニュー

今話題のプロンプトエンジニアは副業で儲かるか?

2023.12.21 80
目次 [非表示]

今話題のプロンプトエンジニアは副業で儲かるか?

プロンプトエンジニアとは?

プロンプトエンジニアはAIが最適な答えを返すよう、指示文(プロンプト)を開発・改良するエンジニアです。質問に応じたAI情報を評価し、AIとの繰り返し対話が求められます。

 

商品紹介やチャットボットなど、様々なシーンに適したテキスト生成のためにAIを調教するお仕事です。ユーザーとシステムのインタラクションを向上させ、効果的なコミュニケーションを設計・最適化するのが主な業務です。

プロンプトの設計

ユーザーのニーズに合わせてプロンプト(コンピューターやシステムがユーザーに表示するメッセージや要求)を設計します。

AIモデルの分析とテスト

機械学習やAIモデルを利用し、言語モデルを分析します。さまざまなプロンプトを使用して言語モデルをテストし、その結果を評価します。データだけでなく、ユーザーのフィードバックも考慮して、モデルの精度向上や最適化を図ります。

プロンプトの最適化

分析やテストの結果をもとに、プロンプトを最適化します。これにより、ユーザーエクスペリエンスの向上やビジネス目標の達成に寄与します。最適なプロンプトは、ユーザーにとって理解しやすく、効果的なコミュニケーションを可能にします。

プロンプトエンジニアの年収や将来性は?

ChatGPTがアメリカでブームを巻き起こし、それに伴ってプロンプトエンジニアの需要が急増しています。今後人間らしい対話を生成するAIがますます注目を集め、その分野でのスペシャリストが求められることでしょう。
また、日本の平均年収が600万円〜1000万円です。
またまだ発展途上の仕事ではありますが、これからの将来性には大きく期待できることでしょう。

プロンプトエンジニアとプログラマーの違い

プロンプトエンジニアは自然言語処理モデルの挙動に焦点を当て、プロンプトの調整に従事します。

 

一方で、プログラマーは広範なプログラミングスキルを用いて、様々なソフトウェアやアプリケーションを開発します。

プロンプトエンジニアになるために資格は必要か?

プロンプトエンジニアとしての資格については、特に標準的なものが存在しないことが一般的です。しかしながら、特定の資格や認定が役立つこともあります。

G検定

G検定は、情報処理技術者試験の一環として提供されるもので、情報技術に関する基本的な知識を評価します。

 

これは一般的なITスキルの証明として有益ですが、具体的に自然言語処理や機械学習に焦点を当てたものではないため、直接的なプロンプトエンジニアリングには必ずしも関連しないかもしれません。

Python3エンジニア認定基礎試験およびデータ分析試験:

Pythonはプロンプトエンジニアが実装や調整に使用する一般的なプログラミング言語です。Python3エンジニア認定試験を通じて、Pythonの基本的なスキルや知識を証明できます。

データ分析試験は、データ分析においても有用です。

これらの資格は、プロンプトエンジニアに役立つ一般的なスキルを証明するものであり、特にPythonに関する知識やデータ分析スキルが必要なプロンプトエンジニアにとっては有益です。

ただし、資格だけでなく実際のプロジェクトや経験も重要な要素であるため、これらの資格を取得する際には、実践的なプロジェクトや実務経験も重視すると良いでしょう。

プロンプトエンジニアに求められるスキル7選

1.自然言語処理 (NLP) の理解

プロンプトエンジニアは、NLPの理解が不可欠です。自然な言葉の解析や生成に関する知識がなければ、良質で自然な対話を実現するのは難しいからです。

2.プログラミングスキル

プロンプトエンジニアは、AIモデルの実装や調整のためにプログラミングスキルを必要とします。一般的な言語(例: Python)でのプログラミングが一般的です。

3.データ分析スキル

AIシステムが生成するデータやユーザーのフィードバックを分析し、システムを改善するためにはデータ分析スキルが必要です。データから洞察を得ることは、システムの性能向上に寄与します。

4.UX/UIデザインの理解

プロンプトエンジニアは、ユーザーが対話を理解しやすく、使いやすいインターフェースを構築するためにUX/UIデザインの原則を理解する必要があります。

5.問題解決能力

モデルが望ましくない結果を生成する場合や、対話が期待通りに進まない場合などに、プロンプトエンジニアは問題を解決する能力が求められます。システムの改善や最適化に向けて問題に対処することが期待されます。

6.コミュニケーションスキル

プロンプトエンジニアは、開発チームや他のステークホルダーと協力してプロジェクトを進める必要があります。また、ユーザーとのコミュニケーションを通じて要件を理解し、システムを適切に調整するスキルも必要です。

7.エチカとプライバシーの意識

プロンプトエンジニアは、AIシステムの使用に関連する倫理的な問題やプライバシーに関する懸念を理解し、それに対処できる能力が求められます。

 

特に、機械学習モデルが生成するコンテンツに対する倫理的な配慮が必要です。

 

これらの能力が備わっていることで、プロンプトエンジニアは成功裡な自然言語対話システムの構築に貢献できます。

 

特に、AIや機械学習の基本的な知識から始まり、プログラミングやデータ分析、UX/UIデザインなど、多岐にわたるスキルが要求されることが理解されています。

 

問題解決能力やコミュニケーションスキルも重要であり、チーム全体の協力に貢献することが期待されます。これらのスキルセットを継続的に向上させ、新たな技術やベストプラクティスに対応できる柔軟性もプロンプトエンジニアにとって重要です。

プロンプトエンジニアリングの学習方法まとめ

1. 独学で学ぶ方法:

書籍やオンラインドキュメントを活用して学習可能。

インターネット上での議論やコミュニティ活動が盛んなため、情報収集がしやすい。

海外の「Prompt Engineering Guide」を利用し、無料で学習が可能。英語力があれば最新の論文も有効。

2. 書籍やオンラインドキュメント

学術的な内容が強いため、AIに関する予備知識があればスムーズに学習可能。

3. プロンプトエンジニアリング試験を受験

実際のスキルを測定するために効果的。

ギブリーが提供する「Track Test」で基礎知識を評価できる。

4. スクールに通う

 AIに関する予備知識が不足している場合や、自己学習に自信がない場合におすすめ。

プロンプトエンジニアリングはAIやエンジニアリングの知識がなくても学べる職業であり、独学や試験受験、スクール通学などさまざまな学習方法が存在します。

特にAIに関する予備知識を身につけることで、学習がスムーズに進むでしょう。興味がある方は各方法を検討し、最適な学習プランを選択してください。

 

AI副業の第一歩 DALL-E 3とは

DALL-E 3は、2023年9月21日にOpenAIによって最新の画像生成AIとして発表されたものであり、テキストプロンプトに基づいて対応する内容を反映した画像を生成する、DALLシリーズの最新バージョンです。また、DALL-E 3は日本語で使うこともできます。

DALL-E 3の主な特徴

理解力

DALL-E 3は、以前のバージョンであるDALL-E 2よりも優れたプロンプトのニュアンスや詳細を理解する能力を備えています。これにより、ユーザーが提供したテキストプロンプトにより正確な画像を生成することが容易になりました。

ChatGPTとの統合

DALL-E 3は、ChatGPT上でネイティブに構築されており、ユーザーがアイデアを提示すると、それに基づいて詳細な画像を自動生成することができます。この統合により、テキストと画像の相互作用がよりスムーズに行えます。

安全性

暴力的、成人向け、または憎悪的なコンテンツを生成する機能は制限されており、公人の名前などを含むリクエストに対する拒否機能が組み込まれています。これにより、不適切な使用や悪用が防がれ、安全性が向上しています。

クリエイティブコントロール

DALL-E 3で生成されたコンテンツの所有権はユーザーにありますが、著作権侵害を防ぐために、存命アーティストのスタイルでの画像リクエストを拒否する仕組みが組み込まれています。これにより、クリエイターは生成されたコンテンツを保有しつつ、他のアーティストのスタイルを尊重できます。

DALL-E 3の商用利用と著作権

DALL-E 3のヘルプを見ると次のような記載があります。

コンテンツポリシーおよび利用規約に従う限り、DALL-Eで作成した画像の所有権はあなたにあります。これには、無料または有料のクレジットを通じて生成された画像に関係なく、再印刷、販売、商品化の権利も含まれます。

引用元:https://help.openai.com/en/collections/3643409-dall-e-content-policy

引用元の情報に基づくと、DALL-Eで生成した画像についての著作権はユーザーにあり、商用利用も可能です。

 

ただし、コンテンツポリシーにおいては、AIの関与について誤解を招かないようにすることや他者の権利を尊重することが強調されています。


Microsoft Bing Image Creatorについても、非商業目的での利用のみが許可されており、商用利用は認められていないようです。


性能の向上に関しては、DALL-E 3がDALL-E 2と比較して遥かに優れているとの記述があります。実際に試してみることで、その性能の向上を確認できるでしょう。

 

公式情報からの洞察を得た上で、実際の利用や評価に期待が持てそうですね。

DALL-E 3の利用料金

ChatGPT

ChatGPT Plus: 月額20ドルで、DALL-E 3を利用可能。Enterpriseプラン: 企業向けの別途プランもあり、これもDALL-E 3の利用が可能。

Microsoft Bing Image Creator

Microsoftアカウントがあれば無料でDALL-E 3が利用可能。

商用利用は不可で、個人の非商業目的のみに制限されているので注意が必要。

ChatGPT PlusやEnterpriseプランは課金が必要ですが、Microsoft Bing Image Creatorを使用すればDALL-E 3を無料で利用できます。

ただし、商用利用が必要な場合は注意が必要で、商用利用を考える場合はChatGPTのプランを選択するか、商用利用が許可された他の手段を検討する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?DALL-E 3を活用することで副業として儲かる可能性は十分にあります。またAIは今後副業だけでなく必ず仕事でも活かす場面が増えることが予想されます。

なんだか難しそうと考えてしまう人も多いと思いますが、まずはトライしてみることが大切です。Bingでは無料で使うことができますので是非まずはAIに触れて画像生成してみましょう。

AIにはまだアレルギーがある方や何から手を付けていけばいいかわからない方はもっと簡単な物販の情報発信もしておりますので、下記から一度LINEでお問い合わせください。

関連記事

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる