メニュー

《2020年最新版》Amazonセラーセントラルにログインできない場合に考えられる原因と対処方法とは?

2020.01.29 2,406
目次 [非表示]

《2020年最新版》Amazonセラーセントラルにログインできない場合に考えられる原因と対処方法とは?

物販(物販ビジネス)をする場合、ぜひとも作っておきたいのが、Amazonで物販(物販ビジネス)を行うことができるAmazon出品用アカウントです。

しかしながら、Amazonで物販(物販ビジネス)を運営している際に、稀に出品管理ツールである「Amazonセラーセントラルにログインできない」という現象が発生することがあります。

今回は、そのような事態が発生した場合に考えられる原因と、Amazonセラーセントラルにログインできないときの対処法について、詳しく解説を行っていきます。

Amazonセラーセントラルとは?

Amazonセラーセントラルとは、Amazonで物販(物販ビジネス)を運営する際に、商品を販売するために利用する、業者向けの出品管理ツールのことを指します。

Amazonセラーセントラルは、物販(物販ビジネス)を行うために、Amazonに出品する商品の登録・管理を行ったり、売上管理・アクセスデータ解析などを実施したりする場合に用います。

その他、より効率的に物販(物販ビジネス)の販売を促進するための施策や、作業効率アップのために知っておきたい情報の確認なども行うことが可能です。

Amazonセラーセントラルにログインできない!考えられる8つの原因

「Amazonセラーセントラルにログインできない!」といったトラブルに見舞われた場合、考えられる8つの原因を以下にまとめました。

① パスワードを忘れている

Amazonセラーセントラルにログインできないときに発生しがちなのが、「パスワードを忘れた」という問題です。

基本的に、Amazonで物販(物販ビジネス)を運営していると、Amazonからメールがよく届くので、登録メールアドレスを忘れるということはまずありません。

ただ、パスワードは自己管理が必要であるため、万が一、忘れてしまった場合は再度パスワードを設定し直す必要があります。

Amazonセラーセントラルのログイン画面上にある「パスワードを忘れた場合」をクリックし、指示に従って再設定を行ってください。

② メールアドレス・パスワードが変更されている

心当たりがないのに、Amazon出品用アカウントのメールアドレス・パスワードが変更されていて、Amazonセラーセントラルにログインできない場合には、アカウントの乗っ取り被害にあっている可能性があります。

この場合は、Amazonにメッセージを送って問い合わせ、アカウントの状況を確認してもらう以外に方法はありません。もし、これまで来ていたAmazonからのメールが突然来なくなった場合には、アカウントの乗っ取り被害にあっている場合が考えられるので要注意です。

③ インターネットの接続環境が不安定

たとえば、公共のWi-Fiなどを利用してAmazonセラーセントラルにログインしようとしている場合、インターネットの接続環境が不安定になってログインできないことがあります。

Amazonセラーセントラルにログインする際には、個人情報流出などのハッキング被害にあわないためにも、フリーWi-Fiのような脆弱なインターネットの接続環境はなるべく利用せず、プロバイダーと契約している正規のWi-Fiを利用しましょう。

④ 他国のAmazonでログインしようとしている

他国のAmazonのAmazonセラーセントラルからログインしようとしている場合、ログインは不可能です。確認方法としては、ログイン画面左上にあるAmazonセラーセントラルのロゴをチェックしてください。

「Amazon seller central japan」と表記されていれば、日本のAmazonですが、それ以外の他国の国名になっているとログインできませんので注意しましょう。

⑤ ブラウザに起因したトラブル

正しいメールアドレスとパスワードを入力してもAmazonセラーセントラルにログインはできない場合には、普段とは別のブラウザを利用すればログインできることがあります。

別のブラウザを利用してログインできた場合、作動しないブラウザで別アカウントにログインしたことなどがきっかけとなって、Amazonセラーセントラルにログインできない状態になっている可能性が考えられます。

このような場合には、ブラウザに蓄積されたCookieやキャッシュを削除することで解決できることがありますので試してみてください。

⑥ Amazonのシステム障害が発生している

ごく稀なことですが、Amazonのシステム障害が発生している関係で、Amazonセラーセントラルにログインできない状態になっている場合があります。

この場合には、Amazonセラーセントラルのログイン画面から、「ヘルプ」をクリックし、画面左下にある「問い合わせ」を押して、セラーセントラルテクニカルサポートページにて、問い合わせを行いたい内容を入力のうえ、送信してください。Amazonから返信が来るのを待ちましょう。

⑦ 月額登録料のクレジット決済が正常に行われていない

Amazonで出品用アカウントを運営するためには、大口出品の場合、月額4,980円(税別)の費用を支払う必要があります。

Amazon出品用アカウントの月額登録料は、クレジットカードからの引き落としで行われるか、売上がある場合には売上高から天引きされるかたちで支払われます。

しかしながら、万が一、クレジットカードが止められている場合、月額登録料の支払いが正常に行われないため、Amazon出品用アカウントが停止され、Amazonセラーセントラルにログインはできない場合があります。

クレジットカードの支払いが正常に行われているか、事前に確認しておきましょう。

⑧ Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖されている

なんらかの原因で、Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖されていると、Amazonセラーセントラルにログインすることができない場合があります。

Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖されている場合の原因とは?

それでは、Amazon出品用アカウントが停止・封鎖されているために、Amazonセラーセントラルにログインできない場合の原因とは、具体的にどのようなことが考えられるのでしょうか。詳しくチェックしていきましょう。

Amazonが出品を禁止している商品を取り扱っている

Amazon出品用アカウントが一撃で停止・閉鎖されてしまう可能性として、偽物の商品を取り扱うなど、Amazonが出品を禁止している商品を取り扱っている場合が挙げられます。

Amazonが出品を禁止している商品に関する具体的な情報は、Amazon公式ページの出品禁止商品の一覧にてご確認ください。

中古品を新品と偽って出品している

Amazonで物販(物販ビジネス)を始めたばかりの初心者の方などがやりがちなのが、中古品を新品として、誤って出品してしまうケースです。

Amazonでは、たとえ未使用品であっても、開封済みの商品は新品として出品することはできません。中古品を新品と偽って出品するのはもちろんアウトですが、気づかないうちに中古品を新品として誤って出品していないか、念のためチェックしておきましょう。

パフォーマンス(顧客満足指数)が低下している

Amazonで物販(物販ビジネス)を行う場合、注文不良率・キャンセル率・出荷遅延率の高さ、ポリシー違反、カスタマーサービスの解答遅延など、パフォーマンス(顧客満足指数)の数値が低下すると、Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖される場合があります。

フルフィルメントby Amazon(FBA)を利用すれば、キャンセル率・出荷遅延率などが悪い数値になることはまずあり得ませんので、Amazonで物販(物販ビジネス)を行うならば、FBA利用を検討しましょう。

競合しているライバルから嫌がらせを受けている

あまり多い事例ではありませんが、競合しているライバルから、クレームが入れられたり、商品の抜き取りが行われたりして、それが原因でAmazon出品用アカウントが停止・封鎖されることも、場合によってはあり得ます。

万が一、嫌がらせに心当たりがある場合には、Amazonに問い合わせを行い、抗議することで解決できる可能性はあるため、諦めずに主張するようにしましょう。

Amazon出品用アカウントを長年放置している

Amazon出品用アカウントを長年放置していると、アカウントが停止・閉鎖され、Amazonセラーセントラルにログインできない状態になる可能性があります。

長期間にわたってアカウントを使用しない場合には、Amazonセラーセントラルのトップ画面にある設定から、出品用アカウント情報にアクセスし、「休止設定」を行うようにしましょう。

2段階認証が未設定になっている

2段階認証が未設定の場合、Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖され、Amazonセラーセントラルにログインできない状態になることがあります。

なお、2段階認証を行う場合には、Google認証システム、またはMicrosoft Authenticator(スマホ認証アプリ)の利用が必要となります。アカウントを乗っ取りなどの被害から守るためにも、2段階認証は必要不可欠な設定です。

Amazonセラーセントラルにログインできない場合、Amazon出品用アカウントを復活させる方法とは?

Amazon出品用アカウントが停止・閉鎖され、Amazonセラーセントラルにログインできない場合、Amazon出品用アカウントを復活させる方法はあるのでしょうか。

カスタマーサポートに問い合わせる

2段階認証の設定などを行ってもAmazonセラーセントラルにログインできない場合には、アカウントが停止・閉鎖されてしまっている可能性が高いです。そのため、このようなケースでは、まずはカスタマーサポートに連絡して、Amazonからのメール返信を待ちましょう。

アカウント停止の場合は「改善計画」をAmazonに提出

Amazon出品用アカウントが停止されていることで、Amazonセラーセントラルにログインできない場合、停止の旨を伝えるメールがAmazonから送られてきます。

その中に、改善計画のテンプレートが以下のように記載されているため、これらの項目に従って、改善計画を作成し、提出を行いましょう。

1.今回発生させた規約違反の内容:
2.今回発生させた規約違反の原因:
3.同じ違反を起こさないための具体的な改善策:
4.改善策を実施した場合の効果:
5.改善策の実施期日:○年○月○日までに実施:
6.改善策の効果が見込まれる時期:○年○月:
7.改善策実施責任者氏名:

アカウント閉鎖の場合は新規アカウントを作成

Amazon出品用アカウントが閉鎖されていることで、Amazonセラーセントラルにログインできない場合、新規アカウントを新たに作成する必要が出てきます。

しかしながら、以前のアカウント所有者とは全くの別人としてアカウントを作り直す必要があるので、家族の名義を借りるなどの対処が必要となります。

そのため、新規アカウントの作成は最終手段として、まずは問い合わせでAmazonからの指示を仰ぐようにしましょう。

Amazonセラーセントラルにログインできない事態を避けるために気をつけること

最後に、Amazonセラーセントラルにログインできなくなるような事態を避けるために、Amazonで物販(物販ビジネス)を行う場合に心がけておくべきことをまとめていきます。

メールアドレス、パスワードなどを厳重に管理する

Amazonセラーセントラルのログインで利用するメールアドレス、パスワードについては厳重に管理し、漏洩などによる乗っ取り被害にあわないように、第三者に知られないよう十分に注意しましょう。

特にパスワードは、他のログインで使用しているパスワードの使い回しは避け、定期的に変更するなどして、セキュリティを維持してください。

Amazonの規約を遵守して健全な運営を心がける

Amazonの規約を遵守して、Amazonが定期的に行っている真贋調査をクリアできるような、健全な運営を心がけるようにしましょう。Amazonが規約で禁止している商品の出品は、Amazonで物販(物販ビジネス)を行う際には絶対に行わないようにしてください。

物販(物販ビジネス)の販売実績を伸ばしてAmazonからの信頼を得る

物販(物販ビジネス)の販売実績を伸ばすことで、Amazonからの信頼を得ておけば、アカウント停止・閉鎖のリスクを回避できる可能性が少なからず上がります。丁寧に、パフォーマンス(顧客満足指数)の高い物販(物販ビジネス)を行うことで、Amazonからの信頼は着実にアップしていきますので、ぜひとも意識していきましょう。

物販(物販ビジネス)で失敗しないためにはどうすれば良い?

今回は、Amazonセラーセントラルにログインできない場合の対処方法と基礎知識について、詳しくお伝えしてまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる