メニュー

《2020年最新版》会社員が副業するなら物販ビジネス!初心者にもおすすめする理由とは?

2020.01.29 374
目次 [非表示]

《2020年最新版》会社員が副業するなら物販ビジネス!初心者にもおすすめする理由とは?

2020年に入り、会社員の副業が昨今、ブームになりつつあります。これまでは副業禁止の会社がほとんどでしたが、時代の流れと共に、その構図も変わりつつあるのです。

そこで今回は、会社員の副業初心者におすすめの物販(物販ビジネス)について、なぜおすすめするのか、その理由や魅力、始め方などについて詳しくご紹介をしてまいります。「2020年こそは副業を始めたい!」とお考えの会社員の方は必読です。

時代は副業を解禁する流れに動き始めている

2019年12月26日、日本の大手ビールメーカーである「アサヒビール株式会社」が、2020年1月から社員の副業を解禁する旨を発表し、話題を呼んでいます。勤務年数5年以上の社員3,000名を対象とし、社員の持つ専門知識や能力を副業でも活かし、キャリア形成に役立ててもらうことが狙いだとされています。

その他、SMBC日興証券でも、2020年の春から、働き方改革での人材囲い込みや社員のスキルアップを目的とし、週休3〜4日の制度を導入するほか、副業の解禁も検討していると報道されました。

これまで、会社員=副業禁止といった定説がありましたが、日本政府の働き方改革の導入などの影響により、時代は副業を解禁する方向へ動き出しています。大手企業以外にも、中小ベンチャー企業などでも、同様の動きが見られるようになってきました。

会社員が副業をするメリットとは?

会社員が副業をするメリットとは、どのようなことがあるのでしょうか。以下にメリットをまとめていきます。

会社員の信用を最大限に活用できる

会社員が副業を行う場合、フリーランスや個人事業主などが行うのとは違い、会社員の信用を最大限に活用することができます。たとえば、副業専用のクレジットカードを作るのが容易であったり、銀行や日本政策金融公庫の融資などを受けやすかったりするメリットがあります。

会社員は本業の収入があるから資金を確保できる

会社員は、在職している限り、本業の収入を途切れることなく見込むことができます。さらに、会社員の信用を活用して融資などを受ければ、さらに潤沢な資金を用意することも可能です。このように、会社員は副業を始める場合の資金面において、非常に有利なポジションだと言えます。

会社員であれば副業で多少失敗してもリスクが少ない

会社員が副業をするメリットは、リスクに対する耐性も挙げられます。本業を行っているため、たとえ副業で多少の失敗を経験したとしても、それを経験値として、次の副業の成功の糧にすることができるわけです。

一方、フリーランスや個人事業主などは、本業の安定性の面で、副業では勝負をかけづらいと言えます。そのため、会社員は副業に挑戦するにおいて、非常に自由度が高いポジションなのです。

会社員が副業をするデメリットとは?

会社員が副業をするメリットをお伝えしてきましたが、知っておくべきデメリットも少なからずあります。

副業禁止の会社が世の中にはまだ存在する

副業解禁の流れが2020年の日本には訪れていますが、未だに副業を禁止する会社があることも事実です。

副業をこれから始めようと考えている会社員の方は、就業規則で副業が禁止されていないかどうかを念のため確認し、会社とトラブルにならないよう、根回しをするように心がけましょう。

たとえ、就業規則で副業が禁止されていたとしても、無断で副業を行うのではなく、会社に相談して、ある程度の了承を得られれば、段階的に許されるケースもあるようです。

副業のための時間を取ることが難しい場合がある

会社員の場合、本業の勤務に支障がない程度に副業を行うことを求められます。そのため、本業が多忙である場合、副業のための時間を取ることが難しい場合があることも考えられます。

会社員が副業を検討する場合には、会社との間にトラブルが発生しないように副業を行う必要があるほか、副業の稼働時間を、本業の就業時間以外で完結できる程度の稼働に抑えなければならないことも覚えておきましょう。

このような副業の条件を鑑みた時に、ぜひともおすすめしたいのが物販(物販ビジネス)です。

副業初心者の会社員が始めるなら物販(物販ビジネス)がおすすめ

副業初心者の会社員が、副業をはじめるなら、ぜひともおすすめしたいのが物販(物販ビジネス)です。ここでは、物販(物販ビジネス)を副業でおすすめする理由を一挙にご紹介します。

物販(物販ビジネス)の副業は少額の資金で始めることができる

物販(物販ビジネス)は、不動産投資や株式投資などの元手がある程度必要な副業とは違い、初期費用が少なくても始められる画期的なビジネスです。

物販(物販ビジネス)で取り扱う商品は仕入れ値が安いものであれば数百円単位からあり、それらをある程度の数(100個単位など)だけ仕入れても、仕入額は数万円以下となります。

もちろん、大きく儲けを出したい場合には、さらにまとまった数の在庫の確保が必要となりますが、スモールスタートしたい副業初心者の会社員にとって、少額の資金からスタートできる物販(物販ビジネス)は魅力のあるジャンルだといえるでしょう。

物販(物販ビジネス)の副業は始める場所や環境を選ばない

物販(物販ビジネス)は、パソコンやスマートフォンなどの端末と、インターネットに接続できる環境さえあれば、誰でも、いつでも、どこでも始めることができます。

本業で忙しい会社員にとって、新しく物件を抑えたり、特殊な環境を整備したりする必要がない物販(物販ビジネス)の手軽さは魅力です。

物販(物販ビジネス)の副業はデータビジネスだから成功例を参考にできる

物販(物販ビジネス)の副業は、「安く仕入れて高く売る」という商売の基本に忠実なビジネスであり、その本質はデータビジネスです。物販(物販ビジネス)は、データビジネスであるため、成功例から学び、自分のビジネスに活かすことも簡単です。

つまり、長年の感覚や経験則で行う属人的な商売ではなく、データを蓄積して、成功したパターンを見つけ出すことで、誰でも成功でき、再現性のある売上を維持できる可能性があるビジネスだと言えます。

物販(物販ビジネス)の副業は需要が尽きることがまずない

物販(物販ビジネス)の副業の強みは、何と言っても需要が尽きることがまずないことです。もちろん扱う商品の流行り廃りはありますが、それでも、「物を買う」という物販(物販ビジネス)の根幹を支える人間の行動は、なくなることはあり得ません。

つまり、売れる商品をリサーチする能力さえあれば、物販(物販ビジネス)の副業を継続的に成功させ、稼ぎ続けることは不可能ではないのです。

物販(物販ビジネス)の副業は外注化すれば時間的な余裕を持てる

物販(物販ビジネス)の副業は、たとえばFBA(Amazonでの物販運営を総合サポートしてくれるサービス)などを利用して外注化すれば、在庫管理・発送・梱包などに手間取られず、時間的な余裕を持つことができます。

そのため、たとえ本業で忙しい会社員であっても、仕入れる商品を決定するリサーチの時間さえ確保できれば、本業の就業時間以外の空き時間で物販(物販ビジネス)の副業を継続していくことが可能です。

物販(物販ビジネス)の副業を始める場所はどこ?

物販(物販ビジネス)の副業を始める際には、具体的にどこで行えば良いのでしょうか。ここでは、物販(物販ビジネス)の副業を始められる場所をお伝えします。

① 物販(物販ビジネス)が可能なインターネットプラットフォームを利用

ネットショッピングモール

ネットショッピングモールとは、楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのインターネット上の総合ショッピングモールを指します。物販(物販ビジネス)の副業を始める際には、インターネットのモール上に店舗を出店してビジネスを行います。

マーケットプレイス

AmazonやEtsyなど、インターネット上の電子市場・Marketplace(e-Marketplace)を利用して物販(物販ビジネス)の副業を行うことも可能です。

ネットオークション

ネットオークションとは、ヤフオク(旧Yahoo!オークション)や、海外のebayなど、インターネット上でオークションを開催することで物販(物販ビジネス)の副業を行うことができるプラットフォームです。

フリーマーケット

メルカリ、ラクマ、PayPay(ペイペイ)フリマなど、インターネット上のフリーマーケットアプリに出店することで、物販(物販ビジネス)の副業を行うことができます。スマホひとつで運営できる手軽なシステムを備えているのが魅力です。

② 物販(物販ビジネス)が可能なインターネットショップを自作

BASE

BASEとは、簡単にネットショップを作成できるサービスです。「ネットショップ作成が30秒で。」とキャッチコピーにもある通り、手軽に物販(物販ビジネス)の副業を自作ネットショップで開始できます。

STORES.jp

STORES.jpとは、BASEと同様に、無料でネットショップが開業できる、CtoC用のECシステムです。物販(物販ビジネス)の副業を自作ネットショップで行いたい初心者にはおすすめです。

カラーミー

カラーミーは、国内最大級の利用店舗数を誇る、ネットショップ作成サービスです。GMPペパボが運営しており、高性能な自作ネットショップを開設して、物販(物販ビジネス)の副業を始められます。

Wix.com

Wix.comは世界で1億人以上が利用するホームページ作成ツールで、ドラッグ&ドロップで簡単にネットショップを自作できます。

WordPress

WordPressとは、PHPで開発されている世界的に活用されるオープンソースのブログソフトウェア。多少のIT知識は必要になりますが、高度なネットショップをカスタマイズして制作できます。

物販(物販ビジネス)の副業の仕入れ・販売の方法とは?

最後に、物販(物販ビジネス)の副業の仕入れ・販売の方法をチェックしておきましょう。

販売したいジャンルの物販(物販ビジネス)の需要をリサーチ

まずは、販売したいジャンルを決めます。そのうえで、物販(物販ビジネス)の需要(ニーズ)がどれほどあるのかをリサーチします。

たとえば、ヤフオクで売れている人気商品をリサーチしたい場合には「オークファン」、Amazonならば「モノレート」、ebayならば「テラピーク」というように、プラットフォームごとに対応したリサーチツールがありますので、ぜひとも活用してください。

リサーチ情報をもとに商品を実店舗またはネットショップで仕入れ

リサーチ情報をもとに、商品を実店舗またはネットショップで仕入れます。

たとえば、カメラを仕入れたい場合には、実店舗はビッグカメラ、ヨドバシカメラ、カメラのキタムラ、ハードオフ、各地で開催されるフリーマーケットなどを利用します。一方、ネットショップを利用する場合は、メルカリ、Yahoo!ショッピング、ヤフオクなどを活用します。

より良い仕入れを行うために重要となってくるのが、「検索能力の高さ」です。ひとつの検索結果で満足することなく、様々な関連キーワードを入力して、仕入れ候補の商品の値段を複数比較し、より安く仕入れることが、物販(物販ビジネス)成功の秘訣です。

物販(物販ビジネス)のプラットフォームまたはネットショップで販売

仕入れが無事に完了したら、物販(物販ビジネス)の開始です。前出のインターネットプラットフォームに出店したり、自作ネットショップを開業したりして、商品の販売を行いましょう。

物販(物販ビジネス)の副業で初心者の会社員が成功するために重要なことは?

今回は、副業初心者に向けて、物販(物販ビジネス)をおすすめする理由を一挙にご紹介してまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる