メニュー

《2020年最新版》物販の仕入れのコツ!国内・海外からの物販ビジネスの仕入れ方法で知っておきたい基礎知識

2020.01.29 1,022
目次 [非表示]

《2020年最新版》物販の仕入れのコツ!国内・海外からの物販ビジネスの仕入れ方法で知っておきたい基礎知識

副業などで物販(物販ビジネス)に興味をお持ちの方が、最初にぶつかる壁が仕入れの方法の学習です。しかしながら、仕入れは知識さえ手に入れてコツをつかめば、決して難しいものではありません。

今回は、物販(物販ビジネス)の初心者の方ならば必見!国内・海外の仕入れで知っておきたい基礎知識を詳しくご紹介していきます。仕入先の見つけ方のコツや、おすすめの国内・海外の仕入れサイトのピックアップなど、有益な情報をお伝えしてまいります。

安く仕入れて高く売る!物販(物販ビジネス)は副業初心者におすすめ?

物販(物販ビジネス)は「安く仕入れて高く売る」が基本

物販(物販ビジネス)とは、「せどり」などとも呼ばれ、「商品・製品を安く仕入れて、高く売る」ことが基本となる、非常にシンプルなビジネスです。物販(物販ビジネス)は、仕入れ値と売値の差額が利益となるため、安く商品・製品を買い付けられるような仕入れ先を見つけることが、非常に重要となります。

物販(物販ビジネス)は副業初心者でも始めやすく、すぐにお金が得られる

物販(物販ビジネス)の魅力は、数ある副業の中で、初心者でも始めやすく、すぐに現金を獲得できる点がメリットとして挙げられます。

副業と一言でいっても、たとえば、不動産投資や株式投資・FXなどは、ある程度の金額の元手が必要であるほか、リスクはそれなりに大きいです。専門的な知識も必要となるため、勉強の時間も積み重ねなければならず、初心者がすぐには手を出しづらいジャンルだと言えます。

その点、物販(物販ビジネス)は扱う商品・製品が家電製品、日用品、雑貨などであるため、仕入れの元手や専門的な知識がそれほど必要なく、パソコンとスマホがあれば、簡単に始めることができます。しかも、売れたらすぐに現金化することが可能です。そのため、副業の初心者の方にも、物販(物販ビジネス)はおすすめのジャンルとなっています。

物販(物販ビジネス)は「何を仕入れ、どこで売れば良いか」リサーチするスキルが必要

物販(物販ビジネス)の副業で成功するためには、「何を仕入れ、どこで売れば良いか」をリサーチするスキルが必要となります。最初は、仕入れを行う前に、身の回りのものをメルカリやラクマといったフリマアプリや、ヤフオク!などのネットオークションサイトで売り出し、物販(物販ビジネス)の商売感覚をつかむことをおすすめします。

その後、仕入れも含めた物販(物販ビジネス)に挑戦していただきたいのですが、初心者であれば最低でも1週間、余裕があれば1ヶ月程度をかけ、売れる商品・製品のジャンルを見つけ、仕入れルートと販売経路を確保するリサーチを行うようにしましょう。副業初心者であれば、スタート時点での成功体験は非常に重要ですから、まずは急がば回れ、です。

ただし、「それほどリサーチにかける時間がない!」という方は、弊社のようにLINE公式アカウントで有益な情報をお送りしているSNSやサービスなどを利用して、効率的に物販(物販ビジネス)の情報を仕入れることをおすすめします。

物販(物販ビジネス)の国内仕入れルート開拓のコツ

物販(物販ビジネス)の国内仕入れのメリット

物販(物販ビジネス)の国内仕入れのメリットは、何と言っても、日本国内で取引を行うので、学習コストがそれほどかからないことです。

実店舗やフリーマーケット、リサイクルショップなどを利用したり、フリマアプリ・ネットオークションサイト・ネットショップ型ショッピングモールサイトなど利用したりして仕入れを行うことができるため、馴染みのあるサービスを活用できますし、もちろん日本語を使用しているため、翻訳を行う手間も省けます。

さらに、物販(物販ビジネス)の国内仕入れは、仕入れた商品・製品が最短1〜2日程度で早く届くので、販売・転売をすぐに行うことができるのもメリットです。

また、物販(物販ビジネス)の国内仕入れの場合は、商品・製品に万が一の不良があったり、サポートが必要になったりした状況でも、保証書やコールセンターを利用して、一定の保証が受けられる点もメリットだと言えるでしょう。

物販(物販ビジネス)の国内仕入れのデメリット

物販(物販ビジネス)の国内仕入れのデメリットは比較的少ないものの、たとえば、実店舗やフリーマーケット、リサイクルショップなどで転売・販売する商品・製品の仕入れを行う場合、現地に向かう交通費や、運搬用の車両費などがかかる点が挙げられます。

また、物販(物販ビジネス)の国内ネット仕入れの場合は、転売・販売する商品・製品を手にとって確認することができないため、中古品などであれば特に、正常に動作するのか、付属品が付いているのかなどを入念にチェックする必要が出てきます。

フリマアプリやネットオークションサイトなど、業者ではなく個人から仕入れを行う場合は、取引を行う前に出品者に色々と質問をして、間違いのない商品・製品を仕入れるようにしましょう。

とはいえ、物販(物販ビジネス)の国内仕入れのデメリットはご覧の通り、それほど多くはなく、致命的な点はありません。物販(物販ビジネス)の初心者の方が副業を始める場合、まずは国内仕入れからチャレンジしてみることをおすすめします。

物販(物販ビジネス)の国内仕入れの事例

実店舗やフリーマーケット、リサイクルショップで仕入れる

物販(物販ビジネス)の国内仕入れについては、家電量販店(ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビッグカメラなど)などの実店舗、フリーマーケット、ブックオフやTSUTAYA、古着屋などのリサイクルショップで仕入れを行うことができます。

現地に足を運んで仕入れを行う場合は、転売・販売する商品・製品を実際に手にとって吟味できるので、安心して仕入れを行うことができるメリットがあります。また、フリーマーケットやリサイクルショップは、不用品処分の目的で出品されているものもあるため、ブランド品の掘り出し物や、破格のプレミア商品などが見つかるチャンスも見逃せません。

一方、大量の仕入れの買い付けなどは点数制限などが設定されている場合があったり、目当ての品物を探しにくかったりするデメリットもあるため、検索しやすいネットでの仕入れも合わせて、バランスよく利用すると良いでしょう。

国内のフリマアプリやネットオークションサイトから仕入れる

物販(物販ビジネス)の国内仕入れをネットで行う場合、国内のフリマアプリ(メルカリ、ラクマなど)や、ネットオークションサイト(ヤフオク!など)を利用することで、自宅のパソコンやスマホなどを使って、効率的な仕入れ作業を行うことができます。

フリマアプリやネットオークションサイトでは、業者ではなく個人が出品している場合もあるため、相場よりも安い価格で仕入れができる商品・品物が見つかることがあります。なお、ネットオークションサイトの相場が知りたい場合は、「オークファン」などの相場比較サイトで事前にリサーチをしておくと、仕入れの際に便利です。

ただし、物販(物販ビジネス)の国内仕入れをフリマアプリやネットオークションサイトで行う場合、取引先が個人であるために、商品・製品が不良品だったり、偽物だったりする可能性も否定はできません。取引する前に、詳細情報を確認し、出品者から必要な情報を聞き出すなど、リスク回避をする努力は惜しまないようにしましょう。

国内のネットショップ型ショッピングモールサイトから仕入れる

物販(物販ビジネス)の国内仕入れを、国内のネットショップ型ショッピングモールサイトで行うのもおすすめです。具体的には、楽天市場、Amazonなどのネットショップ型ショッピングモールサイトを活用します。商品の専門性が高い場合は、BtoB専用の卸業者用サイトなどを利用するのも良いでしょう。

国内のネットショップ型ショッピングモールサイトを利用するメリットは、万が一、不良品などが送付されてきた場合にも、保証書があれば一定の保証を受けることができる点です。個人との取引ではないため、転売・販売する商品・製品の品質などもある程度安心することができます。ただし、相場感がしっかりした業者が多く出店している関係上、劇的に安い掘り出し物などは見つけにくいデメリットもあります。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れルート開拓のコツ

物販(物販ビジネス)の海外仕入れのメリット

物販(物販ビジネス)の国内仕入れにある程度慣れてきたら、海外仕入れに挑戦してみるのが良いでしょう。

海外の仕入先としてメジャーなのは、欧米のAmazon.comなどが挙げられます。その他にも、たとえば、アメリカのネットオークションサイトである「eBay(イーベイ)」は仕入先として人気があります。世界最大級のネットオークションサイトで、日本では手に入らないような珍しい商品・製品や海外限定品などを仕入れることができます。

アメリカ以外では、中国のネットショップ型ショッピングモールサイトである「アリババ(阿里巴巴)」や「タオバオ(淘宝網)」なども、日本の標準価格よりもはるかに安い仕入れ価格で転売・販売する商品・製品を手に入れることができるため、海外の仕入先として人気が高いです。

なお、物販(物販ビジネス)の海外仕入れは、現地での仕入れが難しい方のために、代行業者も多く存在しており、代行業者を利用して自宅のパソコンやスマホから手軽に仕入れを行うことも可能です。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れのデメリット

物販(物販ビジネス)の海外仕入れのデメリットは、仕入先のサイトの言語が日本語に対応しておらず、英語や中国語などの外国語となっているために、学習コストがかかることが挙げられます。

また、物販(物販ビジネス)の海外仕入れのデメリットとして多く懸念されているのが、粗悪品や偽物の商品・製品が出回っていることです。検品体制がしっかりとした仕入れサイトなのか、不良品が多いという口コミはないかなど、事前のリサーチを行うことでリスク回避を行う必要があります。

その他、海外からの輸入となるため、物販(物販ビジネス)の海外仕入れでは、転売・販売したい商品・製品を買い付けても、届くまでに1週間〜2週間程度のタイムラグが発生することもデメリットです。仕入れコストに関税がかかる場合があることも頭に入れておきましょう。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れの事例

アメリカのネットオークションサイト(eBay)から仕入れる

アメリカのネットオークションサイトである「eBay(イーベイ)」は、いわば「ヤフオク!(旧Yahoo!オークション)」のアメリカ版とも言えるものです。「ヤフオク!」がユーザー数1,000万人以上、商品数5,000万品以上であるのに対し、「eBay(イーベイ)」はユーザー数1.5億人以上、商品数10億品以上と、圧倒的なユーザー数と商品数を誇っています。

なお、「eBay(イーベイ)」で取引を行う場合には、クレジット機能を持つ決済サービスである「PayPal(ペイパル)」のアカウントが必要となります。簡単なステップで登録完了できますので、事前にアカウントを開設しましょう。

欧米のネットショップ型ショッピングモールサイト(Amazon.com)から仕入れる

欧米のネットショップ型ショッピングモールサイトといえば、Amazon.comが代表的です。日本でも馴染みのあるUI(ユーザーインターフェイス)ですから、利用しやすいメリットがあります。欧米のAmazon.comは、ブランド品などの比較的高価な品物を安く仕入れるのに便利です。

ただし、海外のAmazon.comで買い付けを行う場合には、その国のプライムメンバーになる必要があるので気をつけましょう。アメリカのAmazonプライムの契約をすれば、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、メキシコは統一して利用できます。日本、中国のAmazonプライムは別契約となります。

また、買い付ける商品・製品の中には、海外配送ができるものと、できないものがありますので注意してください。見分け方は、配送の所要日時が緑色の文字で書かれていれば海外配送可能、“does not ship”と記載されていれば海外配送不可となります。

中国のネットショップ型ショッピングモールサイト(アリババ・タオバオ)から仕入れる

中国のネットショップ型ショッピングモールサイトである「アリババ(阿里巴巴)」や、アリババグループ傘下の「タオバオ(淘宝網)」などは、安価に商品・製品を買い付けることができる物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先として人気があります。

「アリババ(阿里巴巴)」や「タオバオ(淘宝網)」では、日本の楽天市場やAmazonと比べて、30%〜40%オフ程度の金額で品物を仕入れることができる場合が多いほか、掘り出し物だと90%ほどまで安いものもあります。

しかしながら、中国のお国柄として、返信が遅い業者がいたり、少数ではなくある程度のまとまった数を発注しないと購入できない場合があったりするなど、様々な条件を確認する必要があるケースもみられますので、取引前に入念にリサーチを行いましょう。

物販(物販ビジネス)の仕入れで失敗しないために知っておきたいこと

今回は、物販(物販ビジネス)の国内・海外での仕入れについて、基礎知識をお伝えしてまいりました。初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、国内・海外仕入れで失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる