メニュー

《2020年最新版》「eBayの輸出は儲からない」は嘘?稼げない人の6つの特徴とeBay輸出改善の8つのコツ

2020.02.21 416
目次 [非表示]

《2020年最新版》「eBayの輸出は儲からない」は嘘?稼げない人の6つの特徴とeBay輸出改善の8つのコツ

eBayとは、eBay Inc. が運営するオークションサイトです。eBay Inc.は、アメリカ合衆国カリフォルニア州・サンノゼに本社を置いており、アメリカ合衆国を代表するグローバルEC企業として知られています。

eBayは世界中で1.6億人とも言われる利用者を誇り、取引を行うセラーは2,500万人とされ、インターネットオークションでは、世界最多の利用者を持つ巨大なオークションサイトです。

ただ、このeBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)を行う人たちの間では、「儲からない!」という声も時折聞かれます。

今回は、「eBayの輸出は儲からない」という噂は嘘なのか、それとも本当なのかを考えるために、eBayの輸出による物販(物販ビジネス)の特徴や、利用におけるメリット・デメリット、稼げない人の6つの特徴、eBay輸出改善のための8つのコツなどを詳しくお伝えしていきます。

「eBayの輸出は儲からない」と言われているのは嘘?それとも本当?

物販(物販ビジネス)を行っている方の間では「eBayの輸出は儲からない」という話を時折聞くことがありますが、それは本当なのでしょうか?

ここではeBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)でどのような商品を取り扱うのか、eBayを用いた薄利多売のメリット・デメリット、その他の視野に入れるべき取扱商品の特徴をお伝えしていきます。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)ではそもそもどんな商品を取り扱うのか

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で取り扱う商品として、考えられるのが、「薄利多売で稼ぐための商品」と「希少価値の高い高額で取引される商品」の2つです。

薄利多売で稼ぐための商品とは、具体的には取引額が100ドル以下の商品のことを意味します。過去に日本人セラーが販売した、「JAPAN」が含まれている落札された商品数について検索して確認すると、64ドル以下の商品が全体の約8割を占めているというデータもあります。これらで取引されているのは、主に食料品・生活必需品・消耗品などがメインです。

一方、希少価値の高い高額で取引される商品とは、具体的には取引額が100ドル以上の商品のことです。たとえば、日本でしか手に入らないもの(ゲーム・電化製品など)や、すでに生産が終了しているもの、コレクターアイテムなどの中古品が挙げられるでしょう。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行うのは正解?

ここで、eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行うのは正解かどうかを考えるために、メリット・デメリットをみていきましょう。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)の薄利多売のメリットとは

⑴ 売り上げが安定する可能性がある

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行う場合、高額な商品に比べると、低額の商品は当然のことながら、取引されやすくなります。一定の取引の発生が常に見込める状態になるので、売り上げが安定する可能性があるといえるでしょう。

⑵ 仕入れやすいので出品を簡単に行うことができる

低単価の商品は、ほとんどの場合、JANコード(バーコード番号)やASINコード(Amazon管理番号)が付いているため、仕入れ先の特定がしやすく、仕入れやすいので、出品を比較的簡単に行うことができるメリットがあります。そのため、リサーチや出品作業も外注化しやすいです。

⑶ 取引数が増えるのでペナルティを受けにくい

eBayには、Cases closed without seller resolutionと呼ばれる制度があり、バイヤーからのクレームがエスカレートされ、eBayからセラーの対応に問題があったと認められてしまった割合が全取引数の0.3%を超えた場合、ペナルティの対象となります。ペナルティを受けてしまうと、リミットアップ(詳しくは後出)ができなかったり、手数料が4%上乗せされたりするデメリットがありますが、薄利多売であれば取引数の母数が増えるので、ペナルティも自ずと受けにくくなります。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)の薄利多売のデメリットとは

⑴ 出荷個数が多いのでオペレーションに手間がかかる

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行う場合、商品の個数を大量に確保しながら取引を行う必要があるため、オペレーションに時間がかかります。この点で、たとえば、物販(物販ビジネス)を副業で行うならば、薄利多売のeBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)はあまりおすすめできません。大量の取引をこなすことができるように手伝ってくれる人を雇ったり、家族などに手伝ってもらったりする段取りが必要になります。

⑵ 発送した商品が紛失するリスクがある

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行う際には、基本的に書留なし(追跡番号なし)のSAL・AIR便で発送するので、商品を追跡することができません。そのため、ごく稀に商品紛失のリスクがあり、その際には返金が発生してしまいます。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で副業を成功させたいなら薄利多売以外に希少品の高額販売も視野にいれるべき

ここまで見てきてお伝えできることは、eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で薄利多売を行うことは問題ないものの、あくまでも副業として成功させたいならば、取引数が少なく、一人のオペレーションでも取引を続けることができる希少価値の高い商品の高額販売も視野に入れておいたほうが良いといえるでしょう。

「eBayの輸出は儲からない!」と言う方々は、この低額商品の薄利多売と、希少価値の高い高額商品の取り扱いのバランスがそもそも悪い可能性がありますので、今回の記事を参考に、取引の仕方や考え方を見直してみてください。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で儲からない人の6つの特徴とは

それでは次に、「eBayの輸出は儲からない」と言う方の特徴とはどのようなものかを見ていきましょう。

① eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)に集中せずに国内転売も同時並行している

eBayは、「英語での取引が必要」「新規出品者に取引量のリミットがある(詳しくは後出)」「手数料がかかる」など、参入障壁の高いシステムを有しています。

そのため、ある程度の輸出の物販(物販ビジネス)の実績をeBayで出すことの優先度をあげずに、国内転売も同時並行していると、なかなか結果に結びつきません。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で成功したいと考えるならば、国内転売に浮気せずに、ある程度の期間はeBayに集中して取り組む必要があります。

② eBayでどの商品が売れているか・販売の価格帯はいくらか・競争相手が何をしているかの研究不足

eBayは、海外での取引となりますから、当然、売れる商品・販売の価格帯・競争相手の施策も、国内転売とは違います。これらの違いをリサーチすることを怠ると、成功することは難しくなります。しっかりと粘り強く、eBay独自の情報をリサーチする意識が必要です。

③ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)でかかる各種手数料の把握が不足している

eBayは、通常1ヶ月に50品(カテゴリによっては100品)までは無料で出品できます。しかしながら、51出品目以降は、1出品ごとに固定価格出品で0.05ドル、オークション出品で0.03ドルの出品手数料がかかります。また、また、商品落札時には落札価格の10%が落札手数料として徴収されます。

このように、eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)に挑戦する場合には、これらの各種手数料や独自のルールを把握する必要があります。

④ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で理解しておくべき為替変動の知識が薄い

eBayは海外取引となります。そのため、為替変動の影響は強く受けることを前提に考えておきましょう。円高のときは輸出を控え、円安時を狙って出品するなどの工夫が重要です。

⑤ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で取引するユーザーの購買心理を把握できていない

eBayは海外取引であるため、海外ユーザーは日本人とは違う感性の購買心理を持っていることを意識すべきです。たとえば、「日本でしか手に入らないものを欲している」など、eBayならではの海外ユーザーの購買心理を推測しつつ、取り扱う商品を決めるべきでしょう。

⑥ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)を成功させるためのコンバージョンを意識できていない

eBayで取引を効率的に行いたい場合、コンバージョン(取引の割合)が低いとサイト内のアカウントSEO(アカウントに対する評価)が上がらず、なかなか取引が発生しない状態になります。そのため、取引されやすい低単価の商品もバランス良く取り扱い、ある程度のコンバージョンを出せるように工夫しましょう。

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)を改善・成功するための8つのコツとは

最後に、eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)を改善・成功するための8つのコツをお伝えします。

① eBayはヤフオクと同じオークション!希少性の高い商品が取引されやすい

eBayはヤフオクと同じく、オークション形式です。そのため、オークションの性質上、希少性の高い商品が取引されやすい傾向があります。

「海外では簡単には手に入らない」「市場に多く出回っていない」「もともとの生産量が少ない」「時代と共に数が少なくなってきた」など、希少性の高い商品は、取引に結びつきやすいため、そのような商品を意識してリサーチし、仕入れを行うと良いでしょう。

② eBayは中古商品を中心に販売することで利益率のアップが可能

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で利益率をあげたいならば、中古商品を中心に販売すべきでしょう。中古商品は、仕入れ値を低く抑えることができるため、自ずと利益率もアップします。効率的に中古商品を仕入れ、eBayでの出品・取引の実績を重ねましょう。

③ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)は仕入れ先を工夫することが重要

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で利益率をあげるためには、仕入れ先の工夫も重要です。仕入れ先を業者にした場合、その分のマージン(手数料)が上乗せされます。そのため、理想的な仕入れ先はCtoC(個人対個人)だと言えます。メルカリ・ヤフオクなどであれば、ダイレクトな取引を個人と出来るので、eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)の仕入れ先としてはおすすめです。

④ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)の相場価格を正確に把握する

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)では、相場価格の正確な把握は必要不可欠です。具体的には、eBayの検索フォームの「Search(検索)」の右にある「Advanced(詳細検索)」をクリック→ 「Completed listing(出品終了商品)」にチェック→商品名を入力して検索の流れで、過去の落札相場をリサーチできますので、必ず確認しましょう。

⑤ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で需要のある商品を把握する

カテゴリを絞ってCompleted listing(出品終了商品)を検索することで、今までにeBayで出品された商品を一覧で確認することができます。価格が緑色の商品は落札済み、価格が黒色の商品は未落札商品であるため、落札済みが多い商品は、すなわち需要が高いと言えます。

⑥ eBayで取引されやすい商品の紹介の仕方を行う(タイトル設定・商品状態の記載・写真の撮り方の工夫・送料の調整)

細かいことにはなりますが、eBayで取引されやすい商品の紹介の仕方を行うことも、当然ながら重要です。魅力的なタイトル設定を行う、商品状態を詳しく記載する、写真の撮り方を工夫する、送料を最安値に調整するなど、ユーザーの購買心理を踏まえて整備していきましょう。

⑦ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)では制限ぎりぎりまで出品して、リミットアップ交渉を行う

eBayでは、最初の1ヶ月は出品上限が10個までに制限されています。eBayは出品上限ぎりぎりまで出品すると、リミットが上がりやすい傾向があるため、10個が出品上限なら、10回出品するようにすると良いでしょう。

なお、eBayのリミットは初回出品から90日以上経てば、徐々に上がっていきますが、30日に1回リミットアップ交渉を行うことが可能です。出品数・売上のいずれかが出品上限に達していれば、リミットアップの電話交渉ができますので、挑戦を検討してみてください。

⑧ eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で成功したいならデータをもとに行動を決定する

eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えならば、価格設定・商品選定などは、すべて価格相場や売れ筋商品の傾向などのデータをもとに決定することを意識しましょう。商品説明の書き方などについても、売れている入札率の高かったテンプレートを参考にすることで、取引増加を見込むことができます。

「eBayの輸出は儲からない」と思い込んでいる物販(物販ビジネス)の初心者が成功する秘訣とは?

今回は、「eBayの輸出を行う物販(物販ビジネス)が儲からない!」と嘆いている初心者の方が、ぜひとも知っておくべき稼げない人の6つの特徴と、成功・改善するための8つのコツなどをまとめてお伝えしてまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)・転売で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる