メニュー

失敗しない個人輸出ビジネス!副業で海外販売を行うおすすめの方法とは

2020.04.25 791
目次 [非表示]

失敗しない個人輸出ビジネス!副業で海外販売を行うおすすめの方法とは

サラリーマン・学生・主婦などの方々が、副業をしようとした場合に、おすすめなのが物販(物販ビジネス)です。メルカリなどのサービスを利用した物販(物販ビジネス)の副業は、現在とても人気があります。それでは、個人で輸出ビジネスを行うことは可能なのでしょうか。今回は、個人輸出ビジネスについて詳しくお伝えしていきます。

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスとは?

まずは、物販(物販ビジネス)における個人輸出ビジネスについて、詳しくお伝えしていきましょう。

個人輸出ビジネスとは

個人輸出ビジネスとは、サラリーマン・学生・主婦などの方々が、事業者としてではなく、個人的に輸出ビジネスに取り組むことを意味します。初めて輸出ビジネスと聞くと、船で輸送する大きなものや、飛行機で大量に輸出するような大規模なものを想像しがちですが、そうではありません。

たとえ、一枚の服を海外のユーザーに売り、包装して海外に郵便物として発送する場合でも、それは立派な個人輸出ビジネスということになります。

基本的に、海外では日本製品は「優秀な製品」として認識されているため、日本から商品を輸出する輸出ビジネスは受けが良く、よく売れる傾向にあります。そのため、個人輸出ビジネスは、物販(物販ビジネス)の中でも、サラリーマン・学生・主婦などの方々の副業としておすすめできるジャンルなのです。

個人輸出ビジネスを始めるときに必要なものは?

個人輸出ビジネスを始めるときに、必要なものは決して多くはありません。そのため、初心者の方でも安心して個人輸出ビジネスを始めることが可能です。

具体的に必要なものとしては、以下が挙げられます。

① インターネット環境
② パソコン・タブレットなどの通信機器
③ クレジットカードまたはデビッドカード
④ 銀行口座

個人輸出ビジネスを始めるために、大掛かりな準備は必要ありません。通常のネット環境とパソコン、クレジットカードさえあれば、誰でも始めることができます。

個人輸出ビジネスに英語は必要?

「個人輸出ビジネスをするなら英語の知識が必要なのでは?」といった心配をされる方も多いかと思います。もちろん、海外の方との連絡を取る場合には、英語によるやりとりは必要となりますが、「英語が話せない」「英語が書けない」という方でも、問題なく個人輸出ビジネスを行うことは可能です。

具体的には、インターネットの翻訳サービスを利用してコミュニケーションを取れば良いのです。Google翻訳やウェブリオ翻訳などであれば、無料で利用することができ、精度も完璧とまでは言えないまでも、メッセージをやりとりしたり、相手の言いたいことを理解したりする分には問題なく活用できるレベルです。

そのため、たとえ英語が苦手な方でも、個人輸出ビジネスを始めることはできるのでご安心ください。

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスの発送方法

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスの発送方法は、いったいどのようにすれば良いのでしょうか。

個人輸出ビジネスでは日本郵便の利用がおすすめ

海外発送に対応しているのは、日本郵便、ヤマト宅急便、SAGAWA、FedEx、DHL、UPSなど、様々な種類の運送会社があります。しかしながら、基本的には日本郵便を利用することをおすすめします。

理由としては、日本郵便は基本的に紛失などのリスクがほとんどないので信頼でき、電話や窓口でも対応してもらえるので、万が一のトラブルの際も対応がしやすいです。

また、日本郵便の店舗は、全国で24,000店舗以上あり、自宅や職場など、どこにいても郵送の手続きを取ることができるので、非常に便利になっています。

日本郵便の各サービスの比較

ここで、日本郵便の各サービスの比較をチェックしておきましょう。

EMS(国際スピード郵便)

日本郵便のサービスの中で最も速く届くのがEMS(国際スピード郵便)で、アジア圏であれば2〜3日で届くスピードとなっています。さらに、2万円まで無料保証があり、最大200万円保証してくれる損害賠償制度もあるため、商品が破損していたり、内容品が不足していたりした場合でも保証をしてもらえるメリットがあります。

国際eパケット

国際eパケットとは、EMS(国際スピード郵便)よりも安い値段で、比較的早く商品を送ることが可能なサービスです。2キログラムまでの小型商品を発送する場合には便利なサービスとなっています。ただし、国際eパケットのラベルは、一式を印刷しなければならないので、その点で多少の手間はかかります。

航空便

EMS(国際スピード郵便)が対応していない国へ商品を発送したい場合には、航空便を利用しましょう。EMS(国際スピード郵便)よりも多少、価格が高くなりますが、様々な国を発送対象とすることができます。

エコノミー(SAL)便は航空便よりも安く、船便よりも速い発送方法です。料金が安価なのが魅力ですが、国によっては紛失するリスクがあるため、その点には注意が必要です。

船便

船便はもっとも安い発送方法ですが、配達の到着日数が1ヶ月〜3ヶ月と長いため、利用できるのは到着を長い日数待ってくれるユーザーに限定されます。

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスのメリット

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスを行うメリットとは、具体的にどのようなものが挙げられるでしょうか。

個人輸出ビジネスのメリット

資金がほとんどなくても輸出ビジネスを始めることができる

個人輸出ビジネスは、パソコンやインターネットの環境さえ整っていれば、商品の仕入れ以外、その他の初期費用をかける必要はほとんどありません。そのため、サラリーマン・主婦・学生などの個人が始めやすい副業だと言えます。

在宅ワークで完了できるから副業に最適

個人輸出ビジネスが、わざわざ買い付けを行うためにお店に仕入れに出向く必要はなく、すべてを在宅ワークで完結させることができます。Amazon、楽天市場、ヤフオク!メルカリなど、誰もが利用したことがあるネットサービスを利用して仕入れを行い、発送を集荷で対応してもらうことにより、完全在宅で完結することができます。

クレームになる可能性が低い

物販(物販ビジネス)のジャンルの中で、たとえば中国輸入ビジネスは、商品に欠陥がみられたり、偽物が入っていたりしてクレーム率が高いと言われています。その点、日本の商品を取り扱う個人輸出ビジネスは、商品の状態が良好であるため、クレームになる可能性が低いと言われています。

物販(物販ビジネス)のジャンルの中でも粗利が高い

個人輸出ビジネスは、物販(物販ビジネス)のジャンルの中でも、粗利が高いことが魅力となっています。日本でしか手に入らない商品は、海外ではニーズが高く、中には2倍近い価格でも購入してもらえる商品なども多数あります。

そのため、国内での物販(物販ビジネス)に慣れてきて、より大きく稼ぐために粗利の高い商売に転向していきたい場合、個人輸出ビジネスに切り替えていくのは筋の良い方法だと言えます。

ニッチなジャンルを狙える

国内で完結することができる物販(物販ビジネス)と違い、個人輸出ビジネスは海外に発送が必要である分、心理的なハードルが高いです。そのため、ライバルが少なく、ニッチなジャンルを狙って儲けを出すことができる可能性が上がります。商売の鉄則は、ライバルができる限り少ないジャンルを狙うことです。そういった意味で、個人輸出ビジネスはおすすめできます。

消費税の還付を受けることができる

消費税とは、国の中で決められている制度であるため、海外に向けて商品を輸出する場合には、消費税を上乗せして販売することはありません。そのため、消費税をあなたが負担した場合には、国税還付を受けることができます。申請から還付までは1ヶ月程度かかりますが、輸出ビジネスでかかった分は申請して取り戻すと良いでしょう。

個人輸出ビジネスのデメリット

取引のやり取りを基本的に外国語(英語など)で行う必要がある

取引のやり取りを基本的に英語などの外国語を通じて行う必要があることが挙げられます。前出のとおり、Google翻訳やウェブリオ翻訳などを利用すれば、たとえ英語の知識がなくとも、メッセージなどのやり取りを行うことは可能です。しかしながら、「英語を見ることも苦手…」という拒否反応のある方には、少々難しいかもしれません。また、ややこしいクレームが入った場合にも、ウェブの翻訳機能のみではコミュニケーション齟齬につながる可能性もあるので、注意が必要です。

返品が発生した場合の送料が高い

個人輸出ビジネスは、発送料が通常よりも高くかかるうえに、もしも返品が発生した場合には、配送料が2倍かかる場合があります。返品された場合には、海外から日本へ返品され、それをまた再送する必要があるためです。このデメリットは留意すべき点だといえるでしょう。

為替の影響を受ける場合がある

個人輸出ビジネスは、海外とのやりとりを行うため、円高・円安の為替の影響を受ける場合があります。円高とは、「日本の製品が割高となり、海外での売れ行きが悪くなる」状態であり、円安とは、「日本の製品が割安になり、海外での売れ行きが良くなる」状態のことです。

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスの始め方5選

それでは、物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスを始めたい場合には、どのようなサービスを利用して始めれば良いでしょうか。ここではおすすめのサービスを5つご紹介していきます。

ebay輸出ビジネス

ebayとは、ヤフオク!の世界版ともいえる世界最大級のオークションサイトです。ebayは世界31カ国に拠点を持ち、200カ国、1.7億人のアクティブバイヤーがいるとされています。

つまり、ebayを利用すれば、世界200カ国向けに日本製品を販売することができるということです。それだけ取引の窓口が増えることになるため、個人輸出ビジネスを始めるにあたり、ebayの利用はおすすめです。

Amazon輸出ビジネス

海外Amazonはアメリカ、イギリス、カナダ、ヨーロッパなどにそれぞれ存在しています。圧倒的なブランド力を誇っているAmazonですから、個人輸出ビジネスを行う場合でも、当然チェックしておくべきプラットフォームだといえるでしょう。

海外Amazonは規模感にはもちろん不足はなく、集客に困ることはありません。ただし、ライバルが必然的に多くなるため、その点は注意が必要です。

Etsy輸出ビジネス

Etsy(エッツィー)とは、海外向けに商品販売を行うことができるサイトです。Etsyは主にハンドメイド商品やヴィンテージ商品を取り扱っているため、あなたがそのようなジャンルの商品を個人輸出ビジネスで販売したい場合には有利なサイトとなるでしょう。

SNSビジネス

InstagramなどのSNSを海外向けに運用して、個人輸出ビジネスを行う方法です。ただし、この方法による個人輸出ビジネスは、販売する商品ジャンルに特化したコンテンツと一定数のフォロワーが必要となるため、上級者向けだといえるでしょう。

ネットショップ

自分で海外向けのネットショップを開業して、個人輸出ビジネスを行う方法もあります。ただし、この方法についても、海外SEOを学んでサイト構築を行うなど、難易度は高いものであると言えますので、個人輸出ビジネスの初心者の方は、まずはebay輸出やAmazon輸出から始めることをおすすめします。

物販(物販ビジネス)の個人輸出ビジネスで成功するためには?

今回は物販(物販ビジネス)のジャンルの中でも、個人輸出ビジネスに着目し、知っておきたい基礎知識をご紹介してまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)・転売で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる