メニュー

サラリーマン必見!副業が会社にバレない確定申告のやり方と節税テクニック

2024.06.19 26
目次 [非表示]

サラリーマン必見!副業が会社にバレない確定申告のやり方と節税テクニック

現在、副業を推奨する動きが広がっている一方で、多くの企業では依然として副業が禁止されています。副業をすることで収入を増やしたり、新しいスキルを身につけたりするメリットがありますが、会社に知られると懲戒処分の対象となる可能性もあります。本記事では、会社に副業がバレないための確定申告の方法と節税テクニックについて詳しく解説します。

 

副業が会社にバレる原因

副業が会社にバレる主な原因は、住民税の増加や社会保険の加入義務、情報漏洩、周囲への発言などが挙げられます。以下、それぞれの原因について詳しく説明します。

 

住民税の増加

副業で得た収入が増えると、住民税額も増加します。住民税は原則として特別徴収(給与天引き)で行われるため、会社に通知される際に副業がバレるリスクがあります。特に、給与所得以外の副業(事業所得や雑所得など)でも住民税の通知が会社に届く可能性が高く、副業の存在が明らかになることがあります。

 

社会保険の加入

副業の労働時間や収入が一定の基準を超えると、社会保険の加入義務が生じます。これにより、副業の存在が会社に知られることがあります。副業先でも社会保険に加入しなければならない場合、ダブルワークが発覚するリスクが高まります。

 

情報漏洩

副業が会社にバレるもう一つの原因は情報漏洩です。会社の機密情報を副業先で漏らしてしまうリスクや、競合企業での副業は禁止されていることが多く、この点も注意が必要です。意図せず情報が漏れてしまうことがないよう、厳重に注意する必要があります。

 

周囲への発言

同僚や友人、SNSで不用意に副業について話すことで、会社にバレるリスクが高まります。特にSNSは広く情報が拡散する可能性があるため、細心の注意が必要です。副業については口外せず、個人的な範囲で行うことが重要です。

会社にバレずに副業をするための対策

副業が会社にバレるリスクを最小限に抑えるためには、以下の対策が有効です。これらのポイントを押さえて、安全かつ効果的に副業を行いましょう。

 

副業禁止規定の確認

まず、就業規則を確認し、会社が副業を禁止しているかどうかを確認しましょう。多くの企業では、副業に関する規定が明確に示されています。副業が禁止されている場合でも、特定の条件下で許可されることもあるため、詳細を確認することが重要です。必要に応じて、上司や人事部に相談することも一つの手段です。

 

確定申告時の住民税の納付方法

副業の収入が増えると住民税額が増加し、会社に通知されることで副業がバレる可能性があります。これを防ぐためには、確定申告書で住民税の納付方法を「普通徴収」に設定することが有効です。これにより、副業の住民税を自分で直接納付することができ、会社に通知が行くリスクを軽減できます。

 

社会保険の確認

副業の労働時間や収入が増えると、社会保険の加入義務が発生することがあります。この点を確認し、副業先での労働時間を調整することで、社会保険の加入が不要な範囲内で働くようにすることも一つの対策です。これにより、会社に副業がバレるリスクを低減できます。

 

家族の名義を使用する

副業の収入を家族の名義で受け取る方法もあります。例えば、配偶者や親、兄弟姉妹の名義で副業を行うことで、自分の収入として会社に通知されるリスクを避けることができます。ただし、この方法を用いる際は、家族との信頼関係が重要であり、税務上の問題も考慮する必要があります。家族の名義を使用する際は、あらかじめ税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

副業で確定申告が必要なケース

副業を行う際には、所得額や収入の種類によって確定申告が必要になる場合があります。ここでは、副業で確定申告が必要なケースについて詳しく説明します。

 

年間所得が20万円を超える場合

副業で得た所得が年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。これは、給与所得以外の所得(事業所得や雑所得など)が対象となります。例えば、副業としてフリーランスで仕事をしたり、アフィリエイトで収入を得たりする場合、それらの所得が20万円を超えると確定申告を行わなければなりません。

 

副業で青色申告を行う場合

副業で事業所得がある場合、青色申告を選択することで最大65万円の特別控除を受けられます。青色申告を行うためには、複式簿記による帳簿の作成や、申告書類の提出が必要です。これにより、税負担を大幅に軽減できるため、事業規模が大きくなる場合には青色申告を検討する価値があります。

 

副業における確定申告の仕方

副業で得た収入を適切に申告することは、税務上のトラブルを避けるために重要です。ここでは、副業における確定申告の具体的な方法について詳しく説明します。

確定申告書類の準備

まず、確定申告に必要な書類を揃えましょう。主に以下の書類が必要です

 

収入に関する書類:副業で得た収入を証明する書類(支払調書、領収書、請求書など)

経費に関する書類:副業にかかった経費を証明する領収書やレシート

控除に関する書類:医療費やふるさと納税などの控除を受けるための証明書類

源泉徴収票:本業の給与所得を証明するための源泉徴収票

 

確定申告の方法

確定申告の方法は、主に以下の2つがあります

 

オンライン申告(e-Tax)

e-Taxを利用することで、インターネット経由で簡単に確定申告を行うことができます。以下の手順で進めましょう

 

①e-Taxの利用開始手続きを行う

②確定申告書作成コーナーにアクセスし、必要事項を入力

③収入や経費、控除額を入力し、申告書を作成

④必要書類を添付し、オンラインで申告書を提出

 

税理士に依頼

確定申告に不安がある場合や、副業の収入が複雑な場合は、税理士に依頼することも一つの方法です。税理士に依頼することで、正確かつ効率的に確定申告を行うことができ、税務上のアドバイスも受けられます。

 

青色申告と白色申告

副業の種類によっては、青色申告か白色申告を選択することができます。どちらを選ぶかは、各自の状況に応じて判断しましょう。

 

青色申告

青色申告は、複式簿記による帳簿の作成が必要ですが、最大65万円の特別控除が受けられるなど、節税メリットが大きいです。特に、副業の収入が大きい場合や、経費が多くかかる場合には、青色申告を選択することで税負担を大幅に軽減できます。

 

白色申告

白色申告は、記帳が簡易であり、複式簿記の知識が不要です。ただし、青色申告に比べて節税メリットは少なくなります。副業の収入が少ない場合や、経費の計上が少ない場合には、白色申告を選択するのが適しています。

 

副業で使える節税テクニック

副業を行う際に、適切な節税対策を講じることで、税負担を軽減することができます。ここでは、副業で使える具体的な節税テクニックについて詳しく説明します。

経費計上

副業にかかった費用を経費として計上することで、課税対象となる所得を減らすことができます。以下は、経費として認められる主な項目の例です

 

物品購入費:仕事に必要な道具や消耗品の購入費

交通費:仕事場までの交通費や出張時の交通費

通信費:電話代やインターネット利用料

会議費:打ち合わせや会議のための飲食費や会場費

事務所家賃:自宅を事務所として使用している場合、その一部の家賃

 

青色申告特別控除

青色申告を選択し、一定の要件を満たすことで、最大65万円の特別控除を受けることができます。これにより、課税所得を大幅に減らすことができます。要件としては、複式簿記による帳簿作成や、期限内の申告が必要です。

 

青色申告を行うことで、以下のようなメリットも得られます

欠損金の繰越控除:赤字を翌年以降3年間にわたって繰り越すことができる

貸倒引当金の設定:一定の条件下で貸倒引当金を計上することができる

 

所得控除の活用

副業を行っている場合でも、所得控除を適用することができます。主な所得控除の例としては、以下のものがあります

 

医療費控除:年間の医療費が一定額を超えた場合、その超過分を控除

社会保険料控除:社会保険料の支払い額を全額控除

配偶者控除:配偶者の所得が一定額以下の場合、配偶者控除を適用

 

小規模企業共済

小規模企業共済に加入することで、掛金を所得控除として申告することができます。これにより、将来の年金資金を準備しつつ、現在の税負担を軽減することができます。特に、個人事業主として副業を行っている場合、この制度を積極的に活用することが有益です。

 

まとめ

副業が会社にバレないためには、いくつかの重要な対策を講じることが必要です。まず、副業の収入を確定申告時に「住民税の普通徴収」を選択し、会社に通知が行かないようにします。また、情報漏洩防止のために同僚や上司、SNSで副業について話さないようにします。信頼できる家族の名義を利用することも有効ですが、税務上の問題を避けるため、専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。正しい知識と対策を持って、副業を安心して行いましょう。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる