メニュー

《2020年最新版》副業するなら転売!副業初心者におすすめの転売・物販ビジネスを極める3つのセオリー

2020.01.29 401
目次 [非表示]

《2020年最新版》副業するなら転売!副業初心者におすすめの転売・物販ビジネスを極める3つのセオリー

副業初心者の方におすすめしたいのが、転売・物販ビジネスです。初期投資を少なく抑えながら手軽に始めることができ、月5万円〜10万円、大きく稼ぎたい場合は数十万円〜数百万円まで売上を伸ばすことも不可能ではありません。今回は、副業初心者の方が転売・物販ビジネスを始めるときに知っておきたい3つのセオリーのほか、おすすめの理由や、知っておきたい税金などの基礎知識を詳しくお伝えしていきます。

副業初心者に転売・物販ビジネスをおすすめする理由

副業初心者に転売・物販ビジネスをおすすめする理由は、以下の3点です。

① パソコンとスマホがあれば作業が完了できる

転売・物販ビジネスは、インターネットにつながるパソコンとスマホがあれば、リサーチから仕入れ、商品・製品の出品に至るまで、梱包・郵送以外、あらゆる作業をネットで完結させることができます。そのため、副業初心者でも場所を選ばず、バイトに行くよりも手軽に始めることができるのです。

② 投資などの副業と比べて初期費用が少なくて済む

たとえば、株式投資などを行いたい場合、ある程度の元手が必要となります。しかしながら、転売・物販ビジネスはパソコンとスマホがあれば基本的な設備が整うため、初期費用が少なくて済みます。副業初心者であっても、安心して稼ぐビジネスを始めることができます。

③ 仕事の合間や完全在宅でビジネスを行うことができる

上記のような理由から、転売・物販ビジネスは仕事の合間や完全在宅で稼ぐことができます。そのため、転売・物販ビジネスは、サラリーマンやOLなどの会社員、学生や主婦など、様々な属性の人たちが、初期費用や場所などを選ばすに始めることのできる、非常に人気のあるビジネスなのです。

副業初心者が転売・物販ビジネスを始める際に必要な準備とは? 

副業初心者が転売ビジネスを始める場合、必要な準備は以下のとおりです。

① 転売・物販ビジネス用の銀行口座とクレジットカードを用意する

まず、転売・物販ビジネス用の銀行口座とクレジットカードを用意しましょう。プライベートの口座とは分けたほうが、仕入れ金額や売り上げの入金など、資金繰りの管理がしやすく、稼ぎが多く出た場合、確定申告などの税務が必要になった際にも便利です。なお、クレジットカードの上限は可能であれば50万円の枠ではなく、より多くの仕入れができるように100〜200万円程度まで広げておくことをおすすめします。

② パソコン・スマホ・プリンターなどのインターネット設備を整える

転売・物販ビジネスを始める場合は、パソコン・スマホ・プリンター・Wi-Fiなどのインターネット設備を整える必要があります。とはいえ、自宅にパソコン・スマホ・Wi-Fiなどの環境を整えている方はすでに多くいると思われますので、それほどハードルの高い設備ではありません。なお、プリンターは各種書類を印刷する際に必要になるため、コンビニ印刷も利用はできるものの、自宅にあると便利です。

③ 仕入れた商品・製品を梱包して郵送するための梱包資材を準備する

段ボール、緩衝材、ハサミ、ガムテープ、ビニール袋、クリスタルバッグなど、仕入れた商品・製品を郵送する際の梱包資材は事前に用意しておきましょう。ドラッグストア、スーパー、ホームセンター、100円均一などで安価に取り揃えることができます。

副業で転売・物販ビジネスを行うときの税金はどうなる?

副業で転売・物販ビジネスを行うときに、税金の処理はどうなるのでしょうか。ここでは最低限の基礎知識をお伝えします。詳しい内容が気になる方は、税理士事務所や税務に詳しい方へ相談をしましょう。

副業で転売・物販ビジネスの利益が一定以上ある場合は確定申告が必要

サラリーマン・OLなどの会社員をやりつつ、副業で転売・物販ビジネスを行う場合、給与以外の所得(=収入−経費)が20万円未満であれば、確定申告は不要とされています。所得が20万円を超えると、確定申告による所得税の申告が義務付けられるため、注意しましょう。

専業で転売・物販ビジネスをやっている場合も一定の利益が出たら確定申告が必要

転売・物販ビジネスを専業でやっている場合でも、所得(=収入−経費)が38万円未満であれば、確定申告は不要とされています。所得が38万円を超えた場合には確定申告が必要となりますが、専業で生活するのであれば、基本的には確定申告すべきであると頭に入れておくほうが無難でしょう。

転売・物販ビジネスをやっていて税金を払わないとどうなる?

もしも、副業・専業で転売・物販ビジネスを行い、一定以上の金額を稼ぐことができて利益が出ているにもかかわらず、確定申告をせずに税金を払わずにいると、どうなるのでしょうか。まず、税務署から督促状が届きます。それに従わないと、延滞税が発生するほか、高額の無申告加算税を取られ、社会的な信用も失う可能性がありますので十分に気をつけましょう。税務署の調査は非常に厳しく、不正は不可能だと心得ておいてください。

副業転売のセオリー①:不用品をネットオークション・フリマアプリなどで売って資金調達

ここからは、副業で転売・物販ビジネスを行う場合の3つのセオリーをお伝えしていきます。最初は、ネットオークションやフリマアプリで不用品を売るところから始めると良いでしょう。

ネットオークションなら「ヤフオク!」、フリマアプリなら「メルカリ」がおすすめ

不用品を利用した転売・物販ビジネスを始める場合、ネットオークションを行うならば「ヤフオク!」、フリマアプリならば「メルカリ」などのプラットフォームがおすすめです。理由としては双方ともに、日本最大のネットオークション、フリマアプリとなっており、利用者数が多く、買い手が多数存在しているからです。

ネットオークション・フリマアプリのほうがリサイクルショップよりも高値で取引できる

ネットオークション・フリマアプリを利用する理由としては、リサイクルショップや廃品回収業者に不用品を預けるよりも、はるかに高値で取引ができる点があげられます。リサイクルショップや廃品回収業者は基本的に仕入れ値を意識しているため、商品・製品を安く買い叩いていきます。しかしながら、ネットオークション・フリマアプリを利用すれば、実際に商品・製品を購入して利用を考えているユーザーに、直接販売することができます。そのため、高値で取引することができるので、転売・物販ビジネスの資金集めにはもってこいです。

不用品を売ることで転売・物販ビジネスの経験を積む

ネットオークション・フリマアプリを利用して不用品を売ることで、仕入れのリスクを負わずに転売・物販ビジネスの経験を積み、商売の仕組みを知り、売り抜くためのコツをつかむことができます。どんな写真や説明文の商品・製品が売れているのかをリサーチし、スキルアップしていきましょう。

取引の回数が増えればアカウントを成長させることができる

ネットオークションの「ヤフオク!」や、フリマアプリの「メルカリ」などのプラットフォームは、転売だけでなく、仕入れの際にも利用できます。ネット上では取引の回数が多いアカウントは評価数も増え、信用が上がっていきますので、使えば使うほど、アカウントを成長させることができます。そのため、不用品の転売で評価数を貯めておけば、後々便利になります。

副業転売のセオリー②:国内で仕入れた商品・製品で物販ビジネスを行う国内転売(せどり)に挑戦

副業としての不用品転売で、転売・物販ビジネスのコツをつかんできたら、いよいよ仕入れを行ったうえでの転売に挑戦していきましょう。副業初心者の方は、日本国内で仕入れと転売を完結させる国内転売(せどり)がおすすめです。

入念にリサーチを行なって仕入れる商品・製品を厳選する

国内転売の仕入れを行う際には、利益が出る商品・製品は何かを厳選する必要があります。おすすめなのが、ご自身が興味のあるジャンルの商品・製品を取り扱うことです。理由としては、事前知識があるためにリサーチ時間の短縮になり、販売価格の相場などもすぐに理解できるからです。副業で転売・物販ビジネスを行うなら、これまでの経験をフルに活かしましょう。

ネットショッピング、フリマアプリ、ネットオークションなどのネットで仕入れを行う

仕入れ先はフリーマーケット・リサイクルショップ・見本市などの実店舗か、インターネットの2種類となりますが、副業で転売・物販ビジネスを行う場合は、足を運ぶ手間がかからないネットでの仕入れをおすすめします。ネットショッピング(Amazon・楽天市場・ヤフーショッピングなど)、フリマアプリ(メルカリ・ラクマなど)、ネットオークション(ヤフオク!など)のプラットフォームを利用しましょう。タイムセールなどを狙うと効率的に安い価格で仕入れを行うことができます。

プラットフォームごとに売れやすい商品・製品の特徴を把握し、売り方を変える

国内転売を行う場合、メルカリ、ヤフオク!、 Amazon(アマゾン)などのプラットフォームを利用しますが、媒体ごとに売れやすい商品・製品の特徴を把握して、売り方を工夫することが重要です。たとえば、メルカリは10〜20代の女性ユーザーが多く、安価なアパレル・雑貨が人気ですが、ヤフオク!の場合、男女ともにユーザーの年齢層が高いなどの特徴があります。これらをリサーチによって把握し、ターゲット層に合った売り方を考えるようにしましょう。

転売・物販ビジネスが禁止されている商品を取り扱わないように注意!

転売目的のチケット、ブランド品のコピー、賞味期限・消費期限が切れている商品、医薬品、アルコール類、児童ポルノに関連する商品などを転売することは、すべて法律違反となるため、リサーチする際の商品・製品の候補から事前に除外するようにしましょう。国内で転売・物販ビジネスを行うならば、法律への対策は怠らないようにすべきです。

副業転売のセオリー③:海外から輸入した商品・製品で物販ビジネスを行う輸入転売を実施 

副業での国内転売・物販ビジネスにも慣れてきたら、次は輸入転売にも挑戦してみましょう。海外輸入品を転売する方法には、大きく分けて「中国輸入転売」「欧米輸入転売」の2種類があります。

中国からの輸入転売で、大量に安く仕入れて、国内の値段で取引する

中国輸入転売とは、安い仕入れ値で大量にインターネットを介して仕入れを行い、メルカリ、ヤフオク!、Amazon(アマゾン)などの国内プラットフォームで転売を行って利益を得るモデルです。基本的に薄利多売のスタイルとなるため、中国のECサイトであるアリババ、タオバオを中心に、入念なリサーチを行うことがポイントです。その他、輸入代行業者を介して仕入れを行う方法もあります。

欧米からの輸入転売で、海外限定のブランド品を仕入れて、国内で高値の取引を行う

欧米輸入転売とは、アメリカやヨーロッパ諸国から商品・製品を仕入れて、国内プラットフォームで転売・物販ビジネスを行う手法です。このモデルでは、ブランド品をメインに取り扱うため、1つ1つの商品・製品の利益額が大きいのがポイントです。ebay、海外ネットショップ、海外Amazon(アマゾン)などをリサーチし、日本国内で取り扱いのない海外限定品や、海外のほうが値段の安いブランド品などを仕入れて、国内プラットフォームで転売を行います。

輸入転売は手数料や為替変動などを考慮に入れないと赤字になるので注意!

日本国内で行う国内転売と、海外から仕入れる輸入転売は、基本的にやることは変わりません。しかしながら、海外から仕入れる関係上、輸入転売はリサーチをしっかりしておかないと、様々な手数料(国際送料・関税・消費税・為替手数料・代行業者手数料)や為替変動リスクによって、売れば売るほど赤字になる状況も想定されるため、注意が必要です。

副業初心者が転売・物販ビジネスで稼ぐために重要なことは?

今回は、副業初心者が転売・物販ビジネスで稼ぐために知っておきたい3つのセオリーと、おすすめの理由、知っておきたい税金などの基礎知識をお伝えしました。

副業初心者が転売・物販ビジネスで失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。今回ご紹介したのは、転売・物販ビジネスに関するほんの一部の情報のみです。

転売・物販ビジネスで失敗する副業初心者の方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、転売・物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

転売・物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる