メニュー

最新の転売事情から、転売にターゲティングを導入するメリットやポイントを紹介

2022.07.13 35
目次 [非表示]

最新の転売事情から、転売にターゲティングを導入するメリットやポイントを紹介

マーケティングの理想は、販売を不要にすることです。

 

売り込まずとも、顧客から自然に商品を買いたくなる状態を作ることです。

 

しかし万人に受け入れられる商品やサービスを狙っても、誰にも響かず、必要とされないものとなってしまう可能性が高いのです。

 

そこで効果的なのが「ターゲティング」というマーケティング手法です。

 

今回は転売でターゲティングを行う重要性、そして正しいターゲティングの流れを紹介していきます。

 

ターゲティングの概要

ターゲティングとは、性別や年齢、趣味・思考などの属性を分類し、そこから商品を販売する市場を限定していく作業のことをいいます。

 

自分が転売で仕入れる商品が、どのようなお客さんに対してニーズがあるのか導きだして、効率的で無駄のないマーケティング活動を狙っていきます。

 

マーケティング活動の戦略

まずは、マーケティング活動の中で、ターゲティングはどの部分を担っていて、どのように機能しているのかについて説明していきます。

 

STP分析とよばれる市場全体からターゲットを決める方法について紹介します。

 

セグメンテーション

セグメンテーションとは、「細分化」という意味です。

 

市場を性別、年齢などルールに則って分類し、分類された各グループの全体に対する割合や特性なども調査します。

 

ターゲティングをするための土台となるため、このセグメンテーションが正確に行われていないと、ターゲティングやマーケティングそのものが失敗することに繋がります。

 

ターゲティング

セグメンテーションした結果をもとに、分類されたグループの中から、商品をどのような人たちに販売するか特定する作業、それがターゲティングです。

 

一般的に、新しい商品やサービスをする時には、事前に標的となる市場を明確にしています。

 

自分の販売する商品の特性と、各グループの特性を照らし合わせて、真に商品が求められるのはどのような人たちなのか見極める必要があります。

 

ターゲティングを明確に設定することで、扱う商品やお客さんに伝えたいメッセージが固まりやすくなります

 

ポジショニング

ターゲティングで特定した上で、商品にどのような魅力や、価値付与するかを決める作業がポジショニングです。

 

ターゲットから自分が転売で扱う商品が唯一無二の存在として認識されるように考え、広告や実際の取引に反映させていきます。

ターゲットを決める必要性やメリットについて

ターゲティングは、営業、販促、集客など転売でも活かせるビジネスのスタートポイントなのです。

 

現在は、インターネットが普及したことにより、顧客は自由に製品やサービスを調べられるようになり、選ばれる販売者にならなければ商品が売れることはないのです。

 

そのため、販売する商品やサービスなど、誰に向けて提供するものなのか考えることが重要なため、ターゲットを決める重要性が高まっているのです。

 

ブランド提供価値を最大限に活かせる

ブランド提供価値とは、その名前を見た・聞いた際、無意識に私たちが頭の中に思い浮かべる情緒的なイメージのことを指します。

 

あるブランド名を聞いた時に「おしゃれ」「丈夫」などのイメージを想像できる場合、そのブランド提供価値を生み出せていることになります。

 

しかし、ターゲットを想定しない場合、目指すべきブランドイメージがぼやけるため、顧客はブランド提供価値を想像しづらくなります。

 

ターゲティングをすることで、顧客はショップやブランドへの共感性を高めることに繋がります。

 

競合優位性が明確化しやすい

ターゲティングを実施すると、商品を販売する価値や、皆さんのショップの価値が最大限に活かされやすく、結果として競合に対し優位なポジションを確立しやすくなります。

 

お客さんはブランドやショップの提供価値に注目するため、自分のショップの情緒的価値で他の競合に対して優位性を築きやすくなります。

 

機能などでの差別化は容易に追随される可能性がありますが、お客さんの感情を含めた優位性は代替されにくく、優位性が保たれやすいのです。

 

転売にも生かせるターゲティング手法

転売やそのほかの物販ビジネスにも活かすことができる、ターゲティングの手法について紹介します。

 

ペルソナ分析

ペルソナ分析とは、提供する商品やサービスの購入対象者を架空に設定します。

 

設定する場合、年齢や性別、性格などを細分まで設定し、購入対象者を作っていきます。

 

その購入対象者に対して、商品やサービスを提供していくことを考えます。

 

重要なことは、自分にとって都合のよい人物像を作らないことです。

 

あくまでペルソナの設定は市場調査から得られたデータやユーザーニーズから設定していきます。

 

6Rターゲット設定

転売でもターゲティングを行う場合、6Rというフレームワークを意識することが需要になります。

 

ターゲティングは感覚的にセグメントを選ぶのではなく、自社の経営状況や資金、制約などを踏まえて総合的に判断することが求められます。

 

市場規模

まず6R分析で考えることは、自分が転売で扱う商品が売れる見込みがあるかどうかを検討することです。

 

ここで言う商品とは、単純に1度売れたということではなく、転売をビジネスとして成り立たせることが出来るくらい売れるかどうかということを指します。

 

市場規模が小さい場合、競争が少ないため売れる可能性は高いですが、その分ビジネスが出来る時間が短い可能性があります。

 

逆に市場規模が大きいと、多くの顧客がいることで継続的にビジネスチャンスがありますが、競争が激しい分、1つ商品が売れるまでに時間がかかる可能性が高くなります。

 

そのため、最低限の顧客を確保できる規模のセグメントを選ぶことが重要なのです。

 

成長性

次に分析するのは成長性です。

 

市場が今後どのくらい成長するのか見据えて、ビジネスの参入することは、長く転売を続けていく上でカギとなります。

 

参入しようと思っている市場が成長段階にある場合、売り上げが伸びていくことも期待できますし、ビジネスの進化によって新たな需要が生まれることもあります。

 

反対に、転売ではゲーム機やゲームソフトなどの既に成長しきっている市場の場合は、今後衰退していくばかりだと推測できるため避けるべきなのです。

 

転売でもできるだけ将来的な成長性を持っている商品群や市場を選ぶようにしましょう。

波及効果

波及効果とは、商品が売れた際に見込める周囲への影響力です。

 

例えば、SNSに掲載されやすく、メディアにも取り上げられやすい市場であればいくつか商品が売れただけでも自然と宣伝にも繋がり、さらなる売り上げに繋がることも期待できます。

 

どのような消費者が商品を購入し、口コミで広げてくれそうかを考えていきましょう。

 

転売では、特にアパレルやスニーカーなどの話題は波及効果が高いため、初心者の方は狙ってみてもいいでしょう。

 

到達可能性

商品を販売するために、様々な施策を打ったとしても、地理的理由などにより、顧客が商品の購入やサービスの利用が難しいということがあります。

 

このように商品を顧客に購入してもらうところまで到達しない場合は、ターゲティングから外すという判断を行う必要があるのです。

 

これが到達可能性というフレームワークです。

 

競合

市場は、基本的にはライバルがいないブルーオーシャンであることが理想的です。

 

転売では、かなり難しいですが、未開拓や未開拓に近い市場であれば、競合者との差別化を気にすることなく参入でき、大きなシェアを獲得し続けることにもなります。

 

海外から仕入れる、または海外へ輸入する転売は、競合者が国内に比べて少なくなります。

 

ブルーオーシャンを目指す場合は、このような方法を活かしてみるのもありでしょう。

 

皆さんが参入したことで市場が拡大した場合、ビジネスにおいて、パイオニアとしての地位を確立できることで優位に立つことも考えられるでしょう。

 

測定可能性

測定可能性とは実際に起こしたアクションに対して、どれだけ効果があったのか測定して具体的に数値化することです。

 

転売で広告のような販促をしたことによって、どれだけ自分のショップに人が訪れたのか、販売した商品や商品が手元に届くまでの満足度は高いのかなどについて調査することができれば、その後のマーケティングにもフィードバックできるようになります。

 

ターゲティング広告の手法

転売は主にインターネット上で行われるもので、ターゲティングを目的としている広告と相性が良いものです。

 

ターゲティング広告の手法について紹介します。

 

サイトターゲティング

1つ目がサイトターゲティングです。

 

サイトターゲティングは特定のサイトに限定して広告を配信します。

 

転売や物販ビジネスのサイトに訪れる可能性のあるユーザーの属性に合った広告を表示させることで、興味や関心を持たせることを狙います。

 

サイト訪問者の属性が分かりやすく、絞りやすい場合には、広告の訴求効果がより高まるでしょう。

 

リターゲティング

リターゲティングとは、過去にサイトを訪問したことがある人に自分の広告を配信することです。

 

上手く活用すると、物販や転売に興味関心を持つユーザーに直接アプローチできる手法です。

 

また、一度皆さんのショップを訪問したことがあるけど、離脱してしまったユーザーに対しても再度アプローチすることができます。

 

商品を即決出来ずに迷っている、悩んでいる人に対して再アプローチができるため、転売でも購買に繋がりやすいと言われています。

 

ターゲティングの実践と注意点

ターゲティングの目的は、自分販売するサービスや製品を届ける顧客を絞り込んで、魅力を伝えることです。

 

ターゲティングが上手くできた場合、次はターゲティングした見込み客のペルソナを作ってみるとよりイメージがしやすくなります。

 

年齢や性別、職業、趣味、価値観など、細部まで詳細に決めたモデル像を描くということです。

 

ターゲティングが一旦終わったからと言って、そこで終わらずに、実際に存在するような人物を仮定することで、今後の戦略の方向性や具体的な施策を検討しやすくなります。

転売でターゲティングを行う上でのポイント

転売でターゲティングを行う場合、指標とすべきポイントについて紹介します。

 

投資とリターン

ビジネスの観点から見れば、マーケティングは「利益を上げるため」のものです。

 

利益を増やすためには、顧客獲得コストの削減と、売上を上げることの両方が必要になります。

 

そして最小限の投資で最大の成果を上げることが求められます。

 

最も収益性の高い顧客ターゲットを選定し、そのターゲットへ限られた予算を注いでアプローチすることで、収益を最大化する、これも転売でターゲティングをする場合覚えておきたいポイントです。

 

顧客視点で考える

自分の都合で商品を仕入れ、お客さんのニーズに応えていないひとりよがりの商品は、受け入れられません。

 

事前にターゲット層を綿密に調査・分析し、お客さんの心理やニーズをつかんだ上で、転売で扱う商品を決めることやマーケティングを行うようにしましょう。

 

外部環境を意識する

市場に競合が少ない場合、法的な規制や制度による参入障壁が高い可能性もあります。

 

転売で違うジャンルの商品を扱って、市場に参入する際は、自分たちではコントロールできない外部環境も考慮して計画を立てましょう

 

特に革物などの動物から作られた商品を海外から輸入する場合は、ワシントン条約に引っかかる可能性がありますので注意しましょう。

 

利用者と購入者が違う場合は、ターゲティングも分ける

子供向けのおもちゃのように、利用する人と購入する人が異なることはよくあります。

 

BtoBでは、利用者と購入の意思決定者がそれぞれ複数になるケースも珍しくありません。

 

こうした場合は、相手によってアピールするポイントが変わります

 

誰に向けた訴求なのか、ターゲットを分けた戦略が必要です。

 

ターゲットに見合った価格に変更することも重要

ターゲットを見なおして改めて、転売を行う場合商品やサービスの価格についても忘れずに見直しを行うようにしてください。

 

見直し前の段階で十分な利益が出せていなかった場合、ターゲットの見直しを行うと同時に、商品の価格を上げて見ても良いでしょう。

 

最後に

ターゲティングはどのようなビジネスでも必ず行うことです。

 

これは副業から始めた転売でも例外ではなく、ターゲティングを行うことでより具体的かつ効果的なマーケティングを行うことが出来るようになります。

 

STP分析も併せて取り入れながら、効果的な転売を狙ってみてください。

 

転売でも新しく商品を仕入れる際、また販売するプラットフォームを変える際などに是非取り組む場合は、以下のサイトも参考にしてみてください。

 

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

 

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

 

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる