メニュー

輸入転売をする前に知っておきたい法律10選

2023.03.30 85
目次 [非表示]

輸入転売をする前に知っておきたい法律10選

輸入転売を行う場合、さまざまな法律に配慮する必要があります。たとえば、特定商取引法や輸入食品衛生法、電気用品安全法などが挙げられます。これらの法律に違反してしまうと、罰則や損害賠償請求などの問題が発生する可能性があります。この記事では、日本で輸入転売を行う場合に関係する法律について、事例を交えて詳しく解説します。

 

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律は、事業者が消費者に対して商品やサービスを提供する際に遵守すべきルールを定めています。日本で輸入転売を行う場合にも、この法律に従う必要があります。

 

例えば、ある輸入転売業者が、海外から輸入した商品を日本国内で販売することを考えます。この場合、特定商取引に関する法律に基づき、以下のような義務があります。

 

契約書の作成と提供

まず、消費者との契約に関する書面を作成し、提供する必要があります。この書面には、商品の説明や取扱い方法、配送料、返品・交換に関する条件、支払方法などが含まれます。例えば、輸入した商品に関して、品質や安全性についての注意書きを明確にして提供する必要があります。

 

契約内容の説明

事業者は、商品やサービスの内容、価格、配送料、返品・交換に関する条件、支払方法などを消費者に十分に説明することが求められます。例えば、輸入した商品に不具合がある場合には、その旨を消費者に説明し、返品や修理の手続きを円滑に行うことが求められます。

 

クーリングオフ制度の導入

特定商取引に関する法律では、一部の商品やサービスについて、消費者が一定期間内に自由に契約を解除することができるクーリングオフ制度が導入されています。この制度は、消費者が商品やサービスの内容や品質について不安を感じた場合や、思いがけない出費が発生した場合などに利用されます。輸入転売業者が提供する商品について、消費者がクーリングオフを希望した場合には、迅速に対応することが求められます。

 

税関法

税関法は、日本で輸入転売を行う際に必要な手続きやルールを定めています。税関法の中でも特に重要なポイントは、輸入品にかかる税金の申告と納付です。税金の種類には、消費税、関税、輸入消費税などがあります。税金の申告と納付は、輸入品を日本国内に持ち込んだ後に行う手続きです。

 

また、税関法では、輸入品に対する品質や安全性のチェックも行われます。輸入品が日本の安全基準や規格に適合しているかどうかを確認し、問題があれば輸入を拒否することもあります。例えば、食品や医薬品などの特定の商品については、輸入前に厳しい審査が行われ、適合しない場合には輸入を許可しない場合もあります。

 

さらに、税関法では、輸入品の取り扱いについても規定があります。例えば、輸入品が損傷した場合には、修理するか廃棄するかを決定する必要があります。また、輸入品に関する情報を正確に記録し、一定期間保存することも求められます。

 

輸入食品衛生法

輸入食品衛生法は、日本で輸入される食品の衛生管理に関する法律です。輸入転売業者が日本に輸入した食品が、日本の法律や基準に適合しているかを確認し、安全に取り扱うことが求められます。

 

表示義務

輸入食品衛生法では、原材料や添加物、表示義務などの項目にも細かな規定があります。例えば、食品に含まれる原材料や添加物の表示が正確でない場合、消費者が安心して食品を選択できないため、問題が生じます。そのため、輸入転売業者は、輸入品の原材料や添加物の表示を正確に行うことが求められます。

 

食品の品質管理

さらに、輸入食品衛生法では、食品の品質管理のための仕組みが定められています。例えば、輸入転売業者は、輸入した食品の出荷前に、品質のチェックを行い、品質に問題がある場合には出荷を中止する必要があります。

 

輸入拒否となる事例

例えば、海外から輸入した魚介類には、微生物や重金属が含まれる可能性があります。そのため、輸入転売業者は輸入前に、魚介類の種類や産地、処理方法などを確認し、適切な検査を行う必要があります。検査の結果、微生物や重金属などの異常が見つかった場合には、輸入を拒否することもあります。

電気用品安全法

電気用品安全法は、日本で販売される電気用品の安全性を確保するための法律です。輸入転売業者が日本に輸入する電気製品は、電気用品安全法に基づいて厳しい安全基準に適合している必要があります。違反した場合には罰則が課せられることもありますのでしっかりチェックしましょう。

 

電気用品安全法が関わる事例

例えば、輸入転売業者が海外から輸入したスマートフォンが、日本の電気用品安全法に適合していない場合、安全性に問題がある可能性があります。そのため、輸入転売業者は、輸入前にスマートフォンが日本の安全基準に適合しているかどうかを確認する必要があります。また、輸入後には、電気用品安全法に基づき、国内での販売前に安全性のチェックを行う必要があります。

 

表示義務

電気用品安全法には、電気用品に対する表示義務も含まれています。例えば、輸入転売業者が輸入したスマートフォンには、安全性に関する情報や注意事項などが適切に表示されているかどうかを確認する必要があります。消費者が安心して使用できるよう、表示内容の正確性やわかりやすさにも配慮することが求められます。

 

商標法

商標法は、商品やサービスを識別するために使用される商標に関する法律です。輸入転売業者が海外から商品を輸入する場合、その商品に関する商標権についても考慮する必要があります。

 

商標法が関わる事例

例えば、輸入転売業者が海外から輸入したブランド品を、日本国内で販売する場合、そのブランド名やロゴマークなどが商標権を侵害していないかどうかを確認する必要があります。商標権者がその商品の商標権を持っている場合、輸入転売業者がその商品を販売することは商標法違反になる可能性があります。そのため、商標権者の許諾を得た上で商品を販売するか、別の商品を販売するようにする必要があります。

 

商標登録が必要な場合

輸入転売業者自身が商品の商標権を持っている場合、自社ブランドとして商品を販売することができます。しかし、他の業者がその商標を使用することを防ぐために、商標登録を行うことが推奨されます。商標登録には手続きが必要であり、登録されると、商標権を侵害された場合には、裁判所からの保護を受けることができます。

 

著作権法

著作権法は、著作物の著作者に対して権利を与え、不正な利用を制限する法律です。商品のパッケージやロゴ、デザインなどは、著作権の対象となります。

 

著作権法が関わる事例

例えば、海外で販売されている洋服やバッグなどのブランド品を輸入し、日本で販売する場合、ブランド名やロゴが使用された商品は著作権の対象となります。そのため、ブランド名やロゴが使用された商品を販売する場合には、権利者からの許諾が必要となります。許諾を受けずに販売すると、著作権侵害になり、権利者からの損害賠償請求や法的処置を受ける可能性があります。

 

利用が制限される場合

著作権法には、パッケージに記載された説明文や画像の利用にも制限があります。著作権者が使用を許可していない場合には、使用することができません。例えば、海外で販売されているサプリメントや化粧品のパッケージには、日本語の説明文が記載されていない場合があります。この場合、日本語の説明文を自分で作成して商品を販売することはできません。

 

不当景品類及び不当表示防止法

不当景品類及び不当表示防止法とは消費者を不当に誘引し、不利益を被らせるような景品、プレゼント、販売促進行為等を禁止する法律です。輸入転売を行う場合にもこの法律が適用され、特に商品の説明や表示に注意する必要があります。

 

不当景品類及び不当表示防止法が関わる事例

例えば、海外から輸入した商品のパッケージには、日本語での注意書きがなく、表示が不十分だった場合、消費者にとって適切な情報が伝わらず、不利益を被ることになります。また、商品の価格が特別に安いと広告されていたにも関わらず、実際には高額な輸入関税や消費税が追加されていた場合も、不当表示に該当し、法的に問題がある可能性があります。

 

この法律では、景品や販売促進行為に関する表示には、真実性や明瞭性が求められます。また、消費者にとってわかりやすい形で、必要な情報を提供することが求められます。さらに、違反した場合は罰則が課されるため、適切な表示に努めることが必要です。

 

不正競争防止法

不正競争防止法は、企業間の不正な競争行為を防止するために定められた法律です。輸入転売においても、同法に基づく規制が存在します。

 

不正競争防止法が関わる事例

他社の商品名や商標を無断で使用することや、販売価格を不当に低く設定することなどが禁止されています。また、他社の営業秘密を漏洩する行為も不正競争行為に該当します。

 

例えば、ある輸入転売業者が、ある商品の販売価格を競合他社よりも極端に安く設定している場合、その業者がその商品を入手するために、不正な手段を用いている場合があります。例えば、権利者の許可を得ずに海外から大量に商品を輸入し、国内市場に流通させている場合が考えられます。

 

これは不正競争行為に該当し、権利者からの訴訟や損害賠償請求などのリスクがあります。そのため、輸入転売業者は、商品の入手先や販売価格などについて、法的な規制を遵守する必要があります。

 

通信販売に関する法律

通信販売に関する法律とは、通信販売における消費者保護を目的として定められた法律であり、通信販売事業者が遵守すべきルールが定められています。

 

通信販売とは、電話やインターネットなどの手段を用いて、商品やサービスを消費者に販売することを指します。通信販売事業者がこの法律に違反した場合、消費者からのクレームや消費者センターからの指導に加えて、公正取引委員会からの制裁金の支払いや業務停止命令などの処分を受ける可能性があります。

 

通信販売に関する法律が関わる事例

具体的には、通信販売事業者は、商品の説明や値段、送料、返品・交換条件などについて明確かつ正確に消費者に伝えることが求められます。また、消費者が商品を受け取った後、一定期間内であれば理由を問わず返品・交換ができることを明示しなければなりません。

 

海外から輸入した商品を通信販売で販売する場合、商品の説明については、日本の基準に基づいて記載する必要があります。また、商品の値段については、関税や消費税などの税金や輸入費用も含めた総額を明確に表示する必要があります。さらに、商品の返品・交換については、消費者に対して返品・交換の期限や条件を明示し、適切に対応する必要があります。

 

個人情報保護法

日本で輸入転売を行う場合には、個人情報保護法にも注意が必要です。この法律は、個人情報を保護し、適切に取り扱うことを義務付けています。具体的には、個人情報の収集、利用、提供、管理、破棄などについて、事前の同意を得たり、適切な安全管理を行ったりすることが求められます。

 

個人情報保護法が関わる事例

例えば、輸入した商品を販売する際には、顧客から収集した個人情報(名前、住所、電話番号、メールアドレスなど)を管理する必要があります。また、顧客情報を第三者に提供する場合には、顧客の同意を得る必要があります。これらの適切な手続きを行わず、個人情報が漏洩した場合には、適切な補償を行うことが求められる場合があります。

 

また、個人情報を収集するためのウェブサイトを運営する場合には、プライバシーポリシーを明示することが求められます。プライバシーポリシーは、収集する個人情報の種類、利用目的、第三者への提供などを明示するものです。適切なプライバシーポリシーを設定し、その内容に従って個人情報を取り扱うことが重要です。

 

まとめ

以上のように、日本で輸入転売を行う場合には多くの法律に注意する必要があります。しかし、法律を理解していれば、輸入転売を行いながらトラブルを避けることができます。また、適切に法律を遵守することで、自分自身やお客様の安全を守ることができます。

 

日本市場は、多様なニーズを持つ消費者層が存在し、世界的にも有数の巨大市場であるため、ビジネスのチャンスは大いにあります。チャンスを掴むためには、法律に注意しつつ、自分のビジネスに合った商品を選定し、丁寧かつ迅速なサービスを提供することが重要です。輸入転売はチャレンジングなビジネスですが、適切な戦略を立てれば、成功への道が拓けるかもしれません。ぜひ、日本市場にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や不勉強、継続の挫折などが原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)・転売で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる