メニュー

《2020年最新版》物販の海外仕入れで初心者におすすめの中国輸入サイトとは?代行業者の選び方についても解説!

2020.01.29 408
目次 [非表示]

《2020年最新版》物販の海外仕入れで初心者におすすめの中国輸入サイトとは?代行業者の選び方についても解説! 

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、安く仕入れることができることから人気が高いのが、「タオバオ」「アリババ」を代表とする中国輸入サイトです。

今回は、物販(物販ビジネス)の海外仕入れで中国輸入サイトを利用するメリット・デメリットや、「タオバオ」「アリババ」のおすすめのポイント、中国輸入サイトの仕入れ代行業者の役割などを、初心者でもわかりやすく解説していきます。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で中国輸入サイトを利用するメリット

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、中国輸入サイトを利用するメリットは以下のとおりです。

中国輸入サイトなら仕入れのコストが安く済む

物販(物販ビジネス)の海外仕入れで中国輸入サイトを利用することにより、仕入れのコストを安く抑えることができます。仕入れ先のサイトにもよりますが、30%〜40%オフなどの商品が多くみられ、中には90%オフまで安くなっている破格の商品なども発見することができると評判です。

中国輸入サイトの仕入れは少ない元手でも始めやすい

物販(物販ビジネス)の海外仕入れで中国輸入サイトを利用することにより、仕入れのコストを抑えることができるため、少ない元手でも始めることができます。副業を考えている会社員などはもちろん、主婦や学生などでも始めやすいのがメリットだと言えます。

中国輸入サイトの情報はネットリサーチで入手できる

物販(物販ビジネス)の海外仕入れで中国輸入サイトを利用したいと考えた場合、情報収集を行う必要があります。その点、中国輸入サイトは物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先としてメジャー化が進んでいるため、ネットリサーチすれば、日本語で記載されている情報を多く入手することができ、初心者でも詳細を調べやすいメリットがあります。

中国輸入サイトは代行業者を利用すればネットですべて完結できる

後ほど後出しますが、中国輸入サイトでの仕入れの買い付けは、代行業者を利用することで、よりスムーズに進めることができます。ネット上で仕入れから発送までをすべて完結できるため、中国輸入サイトを利用した物販(物販ビジネス)は、副業をしたい方にもおすすめであると言えます。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で中国輸入サイトを利用するデメリット

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、中国輸入サイトを利用するデメリットは以下のとおりです。

不良品や偽物をつかまされる可能性がある

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、中国輸入サイトを利用する際に、もっとも気をつけたいデメリットが、不良品や偽物をつかまされる可能性です。

こういった問題は、購入するショップの信頼度を事前に調査したり、検品を行ってくれる代行業者に任せたりすることで、リスクを回避できます。

商売がうまい中国人セラーを相手にしなければならない

中国人は商売がうまい人種であり、現地での仕入れのトレンドなどは、基本的に中国人セラー(中国で商品を仕入れて日本で物販ビジネスを行っている中国人)が最新の情報を把握しています。

そのため、競合となる中国人セラーが日本で多く販売を行っている商品で物販(物販ビジネス)の勝負をしても、コスト面や情報面でどうしても負けてしまうデメリットを避けることは難しいです。中国輸入サイトで仕入れを行う場合は、可能な限り、中国人セラーと領域が被らない商品・製品を購入するようにしましょう。

国内仕入れよりも入念なリサーチが必要になる

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、中国輸入サイトを利用する場合、先ほど挙げたようなデメリットを回避するために、入念なリサーチが必要となります。そのため、国内仕入れよりも時間をかけてリサーチを行わなければならない点は留意しておきましょう。

しかしながら、これらのデメリットを差し引いても、仕入れコストを抑えて物販(物販ビジネス)の海外仕入れを行うことができる中国輸入サイトは魅力があります。

物販(物販ビジネス)初心者が中国輸入サイトを利用するなら「タオバオ」「アリババ」がおすすめ!

タオバオとは?

タオバオ(淘宝網)とは、2003年に「阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)」が開設したネットショップ型ショッピングモールサイトです。本社は浙江省杭州市にあります。

CtoCのサイトとしてはシェア率94%前後と、中国No.1のトップシェアを誇っており、会員数はなんと5億人を超えると言われています。

日本の楽天市場のシェア率が25%〜30%とされているため、タオバオがいかに巨大なネットショップ型ショッピングモールサイトであるかがおわかりいただけるでしょう。

タオバオを利用するメリット

- 1個単位で商品・製品の仕入れを行うことができるので初心者も安心

タオバオは、1個単位で商品・製品の仕入れを行うことができるため、大量に仕入れを行わずに少ない元手で物販(物販ビジネス)を始めたいと考えている中国輸入サイト初心者の方や、副業で少数の商品・製品を扱って物販(物販ビジネス)を行いたい方にもおすすめできます。

仕入れ単価が安いので日本で仕入れるよりも利益率・回転率を高められる

中国では日本よりも物価が安いこともあり、中国輸入サイトを利用すれば、日本のサイトで物販(物販ビジネス)の仕入れを行うよりもはるかに安いコストで商品・製品を手に入れることができます。

それにより、利益率をあげることが可能であるほか、仕入れ単価を抑えることができるため、中国輸入サイトから仕入れた商品・製品を出品・転売すれば、すぐに売れるサイクルをつくることができ、結果的に回転率も高めることが可能となります。

「扱っていない商品はない」 と言われるほどの商品数を誇っている

タオバオは中国で最大級のネットショップ型ショッピングモールサイトであるため、その取り扱う商品・製品の点数は、驚くべきことに10億点以上とも言われています。「扱っていない商品はない」と言われるほどの品数ですから、どのようなジャンルの買い付けにも対応できます。

アリババとは?

アリババ(阿里巴巴)とは、タオバオと同じく、「阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)」が運営するBtoBのネットショップ型ショッピングモールサイトであり、ジャック・マー(馬雲)氏が1999年にアリババを創業して以来、BtoBのジャンルにおいては世界トップクラスのシェアを誇っています。

2019年11月11日の「独身の日(光棍節)」に行ったアリババのセールでは、なんと2,680億元(約4兆1,000億円、384億ドル)もの売り上げを記録し、昨年の307億ドル(約3兆3,000億円)を大幅に上回る結果を出しました。

アリババを利用するメリット

工場から直で卸売が行われており、タオバオよりもBtoB要素が強い

アリババは、タオバオよりもBtoBの要素が強く、工場から直で卸売が行われているケースがあるので、仲介ルートが省かれていることでより安い価格で仕入れが行えるほか、CtoCよりもBtoBで取り扱われる商品・製品が多いのが特徴です。

そのため、物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で、中国輸入サイトを利用する際に、BtoBで取り扱われる商品・製品をより安い価格で仕入れたいと考えている方にはおすすめだと言えます。

複数ロットでの販売が前提となっているので、大量仕入れに向いている

アリババは、1個単位で仕入れを行うことができるタオバオとは違い、複数ロットでの販売が前提となっています。そのため、1個単位での仕入れは行えず、ある程度決まった数の商品・製品を購入することが条件となっているケースが多くみられます。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で中国輸入サイトを利用する場合、特定の商品・製品の大量仕入れを行いたいと考えている方は、タオバオよりもアリババを利用したほうが便利です。

「タオバオ」と「アリババ」が中国輸入サイトでおすすめである3つの理由

① 取り扱う商品・製品の種類が圧倒的に多い

タオバオはCtoCのネットショップ型ショッピングモールサイトの中国No.1と言われており、取り扱う商品・製品の種類は10億点以上と言われています。一方のアリババは、タオバオには取り扱う商品・製品数は劣るものの、BtoBのネットショップ型ショッピングモールサイトで世界有数のシェアを誇っています。

上記がどれくらいの規模感なのかというと、日本国内のAmazonの出品している商品数の約8倍にものぼるとされています。そのため、物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先で中国輸入サイトのタオバオ・アリババを利用すれば、より安く、より高く売れる可能性のある商品・製品を、たくさんの点数の中から妥協なく探すことができます。

② 仕入れの代行業者を利用できるため、システムが整っている

詳しくは後出しますが、タオバオ・アリババの場合、物販(物販ビジネス)の海外仕入れを代行業者に任せることが可能であるため、仕入れのシステムが整っており、利用しやすいです。

特に、プロの代行業者は中国輸入サイトの場合だと、タオバオ・アリババを指定してくるケースが多いため、中国輸入サイトを利用した仕入れのリサーチに関しては、この2サイトをチェックしておけば、まず間違いないと言えます。

③ 仕入れの数によって使い分けをすることができる

前出のとおり、タオバオは1個単位から購入可能なCtoCサイト、アリババは複数ロットからの販売が前提となっている大量仕入れが可能なBtoBサイトです。

これらの特性を活かし、商品・製品を1個単位で仕入れる場合はタオバオ、商品・製品を大量に仕入れる場合はアリババ、といったように仕入れの数によって使い分けができる点も便利です。

中国輸入サイトを利用するときに便利な代行業者の役割とは?

中国輸入サイトの代行業者が具体的にやってくれること

物販(物販ビジネス)の海外仕入れで、中国輸入サイトを利用する場合は、代行業者を利用するのが便利です。代行業者が具体的に行ってくれることは、会社にもよりますが、概ね以下のとおりとなっています。

依頼した商品・製品の仕入れ

依頼した商品・製品の仕入れを、中国輸入サイトから代行して行ってくれます。

中国輸入サイトで仕入れる商品・製品の値引き交渉

中国輸入サイトで仕入れる商品・製品の値引き交渉を代行して行ってくれます。中国現地の感覚をつかみにくい日本からの海外仕入れでは、このような交渉を代行してもらえるのはありがたいことです。

購入した商品・製品の検品作業

中国輸入サイトを物販(物販ビジネス)の海外仕入れ先として利用する場合、最も気をつけたいのが不良品や偽物をつかまされるリスクです。代行業者に依頼すれば、購入した商品・製品の検品を行ってくれるため、安心して取引を行うことができます。

購入した商品・製品の梱包作業

購入した商品・製品の梱包作業も代行して行ってくれます。梱包は意外と面倒くさい作業なので、このような雑務を巻き取ってもらうことで、リサーチに集中することができるメリットがあります。

転売時の購入者へ発送処理

転売を行う際の購入者への発送処理も、代行業者が行ってくれます。手間を省くことができるだけでなく、第三者に依頼することで、発送ミスなどのリスクを減らすことができる点もポイントが高いです。

物販(物販ビジネス)の海外仕入れで中国輸入サイトを利用する場合に、失敗しないために知っておきたいことは? 

今回は、物販(物販ビジネス)の海外仕入れで、初心者が中国輸入サイトの「タオバオ」や「アリババ」を利用する場合に知っておきたい基礎知識や、代行業者の役割をお伝えしてまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)ですが、タオバオやアリババのような中国輸入サイトを利用した海外仕入れで、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる