メニュー

輸入転売ビジネスを解説、始めたい人におすすめのポイントを紹介!

2020.12.21 246
目次 [非表示]

輸入転売ビジネスを解説、始めたい人におすすめのポイントを紹介!

はじめに

巣ごもりの日々が増え、フリマアプリなどで転売を副業として始めた方も多いかと思います。

 

しかし、思ったように商品が売れない、儲けが少なくてなかなか稼げない・・・なんて事もあるでしょう。

 

探し続ければ未開拓市場はありますが、一般的には稼ぎにくい市場ばかりです。

 

しかし、転売も視野を広げると思わぬチャンスがあります!それが輸入転売ビジネスです。

 

輸入転売ビジネスを知って、転売初心者のみなさんでも転売で稼いでいけるようになりましょう。

 

このページでは輸入転売ビジネスの概要からおすすめポイント、成功させるために必要なポイントまで、転売初心者の皆さんに分かりやすく輸入転売ビジネスをお伝えしていきます。

 

輸入転売ビジネスとは

輸入転売ビジネスとは、輸入品を扱うビジネスです。つまり、日本国外から安く商品を仕入れて、国内で高く売ることで利益を得るビジネスモデルだといえます。

 

転売は一般的にインターネットを活用して個人を対象にして販売するビジネスというイメージが強いですが、輸入転売ビジネスは実店舗で商品を扱うケースもあります。

 

また、輸入品は商品を仕入れるのに独自のルートがないと難しい場合もあるので、企業に転売して儲けているケースも珍しくありません。

 

輸入転売ビジネスの方法

輸入転売ビジネスを始める方法にはさまざまなものがあります。ここでは比較的メジャーで、始めやすいおすすめの方法をお伝えしていきます。

 

欧米輸入

その名の通り、「アメリカやヨーロッパから商品を仕入れて販売するビジネス」のことです。

 

代表的な商品仕入れ先としては

 

・ebay(オークションサイト)

・海外アマゾン

・海外ネットショップ

 

といったところがおすすめの代表的な商品仕入れ先です。

 

中国輸入

こちらは中国の大手サイトから商品を仕入れる方法です。代表的な仕入れ先としては、

 

・タオタオ

・アリババ

 

が挙げられます。

 

この2つが輸入転売ビジネスでよく使われるサイトですが、商品数の多さや仕入れの簡単さ、サイトの使いやすさという部分が転売初心者でも扱いやすく、おすすめの代表的な方法となっています。

 

基本的には商品を海外サイトからネットで仕入れて、国内のネットオークションやネットショップで売るという流れなので、ここに記述したサイト以外でも、手順や準備をしっかりすれば、輸入転売ビジネス用商品の仕入れは可能です。

 

輸入転売ビジネスは国内の転売と比べて何がおすすめ?

輸入転売ビジネスは、国内で転売するより何がおすすめなのでしょうか。紹介していきます。

 

メリット

幅広い商品が扱える

 

輸入転売ビジネスのおすすめポイントは「幅広い商品を扱える」ことです。

 

輸入転売と言うくらいなので、日本国内の商品をターゲットとするだけでなく、海外の商品も扱えるようになります。

 

日本国内だけでビジネスをしていると、同じような商品を狙うライバルとの競合に陥ってしまい、思ったような利益が出ないケースがあります。

 

しかし、海外に目を向ければ市場は広大なため、ライバルがいても飽和状態で稼ぐことが難しいという状況に陥ることは、ほとんどありません。

 

また、輸入した商品とはいっても、実際に売るのは日本国内です。そのため、リサーチや出品などの手続きが難しいということもありません。

 

ライバルに気を使うことなく、自分の得意ジャンルで勝負できるという点も、幅広い商品を扱うことができる輸入転売ビジネスならではのメリットです。

 

軌道に乗ってくれば、安定して大きな金額を稼ぐことも不可能ではないでしょう。

 

仕入れ価格を抑えられる

2つ目のおすすめポイントは、仕入価格を抑えられることです。

 

国内だけの転売だと常識的な仕入れ値になることが多くなりますが、海外サイトを利用すると日本では考えられないような値段で仕入れることができる場合もあります。

 

例えば、中国系のサイトなどを利用すると、商品によっては日本の半額以下の値段で仕入れることができるものもあります。

 

仕入れ価格が安ければ当然、販売したときの利益も多くなるので、販売者から見ればお得ということになります。

 

輸入転売ビジネスを成功させるためにはどうすればいい?

ここからは輸入転売ビジネスを成功させるためにおさえておいて欲しいおすすめのポイントをお伝えしていきます。

 

商品のリサーチ

輸入転売ビジネスを成功させるためには、実際に利益を上げている人の手法を真似するのも1つのおすすめの方法です。

 

輸入転売ビジネスを成功させて高額の収入を得ている人は、「厳選した商品を数種類に絞りこんでいく場合が多い」です。輸入転売ビジネスは非常に多くの商品の選択肢があります。

 

しかし、実際に利益を取れる商品の数は多いわけではありません。

 

そのため、輸入販売を行うにあたって、売れる商品を絞り込んで継続して利益を得ていくほうが効率がよいと考えられます。

 

しかし、輸入転売ビジネス初心者がすぐに売れる商品を見つけられるわけではないので、一定期間は着実にリサーチの経験を積んでいくことが大切です。

 

配送方法に留意する

国内転売の場合は、基本的に配送に何日もかかるということは考えられません。

 

しかし、輸入転売ビジネスでは、商品が手元に届くまでにそれなりの期間がかかるということを認識しておく必要があります。

 

そのため、輸入転売ビジネスでは配送方法ごとの輸送期間に気を付けなければならないのです。

 

例えば、航空便なら1週間程度、船便なら2~3週間程度かかるのが一般的です。

 

通常であれば仕入れは航空便が使われることが多いですが、たくさん販売することが決まっている場合、時間はかかりますが、コストの安い船便になるケースもあります。

 

国際配送料自体は船便のほうが安いケースが多いです。国際配送料は経費として算出しておかないと、利益の計算がおかしくなる点には気を付けましょう。

 

自己流は避ける

輸入転売ビジネスは法律や諸外国の事情など、国内転売よりも知っておかなければいけないことが多く、基本的には難しいものです。

 

長期にわたって安定したビジネスにするためには、正しいビジネスの方法を構築することが重要だといえます。

 

輸入転売に関する正しい知識がないと、故意でなくてもコピー品を扱ったり、法律に触れてしまったりするリスクがある点は意識しておきましょう。

 

特に取引量が増えてくると法律やコピー品のチェックなどが雑になってしまうことがあります。

 

そのようなことがないように、自分ができる範囲の作業量で安定した利益を得られるようなビジネスの形を作ることが大切です。

 

自己流はどうしてもリスクが高い取引方法になってしまうので、避けたほうが無難でしょう。

 

最新の情報を得て学んだうえで、不正をしない輸入転売ビジネスをするとよいです。

 

輸入転売ビジネスの注意点

輸入転売ビジネスには、国内の転売では得ることのできないメリットが多くありますが、気を付けなければならない注意点もあります。

 

その注意点を紹介していきます。

 

仕入れの量

輸入転売ビジネスにおいて「仕入れの量」というのは、非常に難しいです。

 

かといって、仕入れの量を慎重にしすぎると、ビジネスとして前進していくことはできません。

 

ある程度の規模で仕入れをしないと経験値が上がることはないので、慣れてきたら行動することが大切です。

 

ただし、逆に大胆に仕入れ量を増やしすぎると、売り切れなくなったときに余剰在庫を抱えてしまいます。

 

輸入品ビジネスは、国内の転売に比べて発送までに時間がかかるケースが多いので、在庫量を調節するためにある程度先を見越して仕入れ量を調整するのが難しいです。

 

そのため、特に資金力の乏しい初心者は売れる数を仕入れることをおすすめします。

 

万が一仕入れた商品が売れなければ、次の仕入れに回す資金が少なくなって、より苦しい状況になるからです。

 

輸入禁止品

輸入転売ビジネスでターゲットとなる商品は非常に多いです。

 

しかし、ある程度の知識がないと輸入してはいけないものまで販売してしまい、取り返しがつかない事態になることもあります。

 

そのため、輸入販売ビジネスをするには、輸入禁止品について知っておくことが重要です。

 

具体的には関税法や食品衛生法などの法律で禁止されているものや、ワシントン条約などの国際法で禁止されている動物などが挙げられます。

 

また、日本の法律では輸入が禁止されていない商品であっても、アマゾン独自の規約で販売禁止になっているものがある点にも注意しましょう。

 

輸入品の管理については、日本貿易振興機構(JETRO)などの専門機関が行っているので、迷うことがあれば相談することをおすすめします。

 

輸入転売ビジネスを始めるために必要なこと、おすすめ3選

輸入転売ビジネスを始めるには、事前に準備しておくべきことがあります。

 

準備なしに輸入転売ビジネスは成功することはありませんので、これから紹介する3つのことをしっかりおさえておきましょう。

 

準備資金を用意する

どんなビジネスを始めるときにも資金が必要です。

 

商品を仕入れるため、販売をしやすくするためにネット環境を整える、などさまざまな場面で資金が必要となるので、輸入転売ビジネスを始める前に、資金を準備しておきましょう。

 

目安として、商品を仕入れるために必要な準備資金は、その商品を仕入れるために必要な1か月分が必要になります。

 

商品の仕入資金を求めるには、目標利益を決めて、そのうえでいくら仕入れ資金が必要か計算しましょう。

 

準備資金はある程度まとまった金額が必要となってきます。そこで、資金を用意するのに困ったら、金融機関に融資の相談をしてみるのも良いでしょう。

 

きちんとした事業計画とプレゼン能力があれば、個人でも創業融資を取りやすい時代ですので、手元に輸入転売ビジネスをするのに十分な資金がないからとあきらめずに相談することをおすすめします。

 

ネット環境

商品のリサーチや、商品の販売にはインターネットブラウザを頻繁に使用しますので、なるべく速いインターネット回線を準備することをおすすめします。

 

自宅には光の固定回線を引き、どこでも作業ができるように外出用にはWI-FIルーターがあればなおベターです。

 

アカウントの用意

これは、商品を仕入れるサイトのアカウントも、仕入れた商品を販売するアカウントもどちらも必要です。

 

商品仕入サイトも販売サイトも多々ありますが、基本的にアマゾンや、アリババといった大手サイトであれば、商品数の多さや集客力で優れていること、自動出荷サービスなど便利な制度も多いので、初心者の皆さんには大手サイトが向いているでしょう。

 

また、アカウントは1つのサイトに絞ることなく、複数のサイトに作成しておくことをおすすめします。

 

サイトによって仕入れることのできる商品が違ったり、同じ商品でも価格に違いが出たりするなど、よりお得に、賢く輸入転売ビジネスを運用できるのでアカウントは複数持っておきましょう。

 

翻訳ツール

輸入転売ビジネスで避けて通れないのが、言葉の壁です。

 

いざビジネスを始めようにも、利用するサイトの言語が分からず、訳も分からない間に高額の請求をされることや、転売する商品が当初想定した個数を仕入れることができないといったさまざまなトラブルのもととなります。

 

そのようなトラブルを避けるためにも、Google翻訳やYahoo!翻訳を準備して、扱う商品の詳細やサイトの仕組みを理解しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。輸入転売ビジネスの基本的なことをお伝えしてきましたが、海外の商品を扱うからといって、難しいことだらけではありません。

 

正しい知識と準備をすれば、どんな方でも始める事のできるおすすめのビジネスです。

 

まずは転売に関する正しい情報を掴むことから始めましょう。

 

そして、海外から商品を輸入する仕組みや注意点をしっかりと頭の中にいれ、輸入転売ビジネスを始めるために準備をすすめていきます。

 

この手順や方法をしっかりと行うだけでも、輸入転売ビジネスで失敗するリスクを減らすことができるのです。

 

まずは輸入転売ビジネスを始めるところまで念入りに準備をして、新たな収入源を確保できるような仕組み作りを心がけましょう。

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる