メニュー

《2020年最新版》メルカリの中国輸入の物販ビジネス・転売で初心者が稼ぐために知っておきたい方法とは?

2020.02.21 791
目次 [非表示]

《2020年最新版》メルカリの中国輸入の物販ビジネス・転売で初心者が稼ぐために知っておきたい方法とは?

物販(物販ビジネス)・転売でお金を稼ぎたい初心者の方に、ぜひとも注目してもらいたいのが、中国輸入によって仕入れを行い、国内のメルカリで販売を行う方法です。今回は、メルカリの物販(物販ビジネス)・転売を中国輸入の仕入れで行うおすすめの理由や、仕入れ・リサーチの方法、中国輸入のメリット・デメリットなどを、初心者にもわかりやすくお伝えしていきます。

中国輸入のメルカリの物販(物販ビジネス)・転売がおすすめの4つの理由

ここでは、まず、中国輸入でメルカリを用いて物販(物販ビジネス)・転売を行うことが初心者にもおすすめの理由を4つご紹介していきます。

① 中国輸入の仕入れは安いので、リスクを少なくすることが可能

中国から輸入して商品・製品を仕入れると、多くの場合、国内で仕入れを行うよりも値段を安く抑えることができる可能性が高いです。そのため、物販(物販ビジネス)・転売を行うにあたり、仕入れ値が安ければ、売値をある程度調整することができるため、メルカリに売り出している商品・製品がなかなか売れなくなるなどの取引のリスクを少なくすることができます。

② 中国輸入で安く仕入れた商品・製品を、メルカリなら高値で転売できる

中国輸入によって安く仕入れた商品・製品であったとしても、メルカリを利用しているユーザーからすれば、その商品は日本国内で購入する商品・製品と同様の相場感で購入を検討することになります。そのため、メルカリを利用して中国輸入で仕入れた商品・製品で物販(物販ビジネス)・転売を行えば、自ずと高値で取引することが可能となります。

③ メルカリは国内の若年層を中心に取引相手が多いため、売れやすい

メルカリの利用者は国内の若い年齢の人たちが多く、知名度も高いフリマアプリであるため、取引相手の母数は他の物販(物販ビジネス)・転売を行う媒体を利用するよりも多くなり、売れやすくなります。たとえば、若年層に人気の高いiphoneケースやゲームなどは、出品すれば、中国輸入での仕入れ値に比べて、はるかに高値で取引されることが多いです。

④ Amazonの中国輸入はOEMやオリジナルグッズ販売が主流のため、初心者はメルカリがおすすめ

中国輸入の物販(物販ビジネス)を考える場合、メルカリ以外で初心者が思いつきやすい取引の媒体としては、Amazonが挙げられるのではないでしょうか。しかしながら、Amazonでの中国輸入の取引のメインはOEMやオリジナルグッズ販売など、物販(物販ビジネス)・転売を事業者レベルで行っているプロフェッショナルが多いです。そのため、個人で初心者から始める中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売であれば、まずはメルカリを利用することをおすすめします。

メルカリの中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売で売る商品をリサーチ・仕入れする方法とは?

メルカリの物販(物販ビジネス)・転売で取り扱う商品・製品を、中国輸入の経路から仕入れたい場合、リサーチ方法や仕入れ先の選定をどうすれば良いのかわからない初心者の方は多いことでしょう。ここでは、おすすめのリサーチ方法や仕入れの方法をお伝えしていきます。

① まずは売りたい商品・製品のキーワード検索の候補を選定する

まずは売りたい商品・製品のキーワード検索の候補を選定する必要があるため、メルカリの公式サイトのトップページ検索窓に、「中国製品」「ノーブランド」など、中国輸入の商品が検索に引っかかりそうなキーワードを入力して、リサーチを行います。

特に、販売状況を「出品中」と「SOLD」の両方が表示されるようにして絞り込むと、どんな商品・製品が売れたかをチェックできるため、おすすめです。この方法で、取り扱いたい商品・製品を選定していきましょう。

② リサーチしたい商品名を中国語に翻訳する

取り扱いたい商品・製品を選定することができたら、中国輸入でリサーチしたい商品名を、Google翻訳などのツールを利用して中国語に変換してください。エクセルなどで、日本語の商品名と中国語の商品名を管理して表にまとめると、リサーチしやすくなります。

③ タオバオやアリババなどでキーワード検索をかける

中国輸入でリサーチしたい商品名を中国語に翻訳し終えたら、タオバオやアリババなどの中国の仕入れ先となるサイトの検索窓に商品名を入力して、キーワード検索を行いましょう。メルカリで見つけた商品・製品と同じものが表示されたら、商品代金をエクセルの表などにメモしていってください。その後、予算や経費を踏まえながら利益計算を行い、取り扱うかどうかを決定していきます。

④ Amazonやオークファンなどでも同様の中国商品を調べる

ここまで完了したら、念のため、Amazonやオークファンなどを活用して、メルカリで取り扱いたいと考えている中国輸入の商品・製品を、同様にキーワード検索をかけ、価格設定や売れ行きの状態などの最終的なリサーチをしていきます。

⑤ 目当ての中国商品を仕入れ輸入する

すべてのリサーチを完了して、仕入れたい商品・製品を決定したら、中国の輸入先となるタオバオやアリババなどで、実際に仕入れを行いましょう。なお、中国の通貨は人民元ですので、レートがどれくらいかも事前に調べておくと良いでしょう。

メルカリの中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売の仕入れ先でおすすめの中国サイト3選

ここでは、メルカリの中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売の仕入れ先で、おすすめの中国サイトを3つご紹介していきます。

中国輸入で仕入れをするなら、タオバオは品揃えが豊富でおすすめ

物販(物販ビジネス)・転売の初心者が中国輸入で仕入れを行う場合、おすすめしたいのがタオバオ。タオバオとは、中国国内におけるEC市場の取引総額の約80%以上のシェアを占めている人気サイトです。

中国IT最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)が、2003年に設立した CtoC型を軸とする、会員数5億人以上を誇るショッピングモールです。品揃えが豊富で「何でも手に入る」と言われているサイトであるため、まずはチェックしてみてください。

大量仕入れしたい場合、アリババは工場直接販売があるのでおすすめ

阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するBtoBの大手通販サイトとして、Amazonを脅かすほどの規模感を持っていると言われるのがアリババです。

アリババは、大型ロットによる工場直接販売を行っているため、大量仕入れをしたい場合には、安い価格で多くの商品・製品を中国輸入することができます。

中国輸入の仕入れを日本語サイトで行いたいなら、aliexpress(アリエクスプレス)

AliExpress(アリエクスプレス)とは、アリババが運営する海外向けの通販サイトで、中国語ではなく、日本語を用いて取引を行うことができるため、中国輸入の仕入れを中国語で行うことに不安がある物販(物販ビジネス)・転売の初心者も、安心して利用可能な仕入れ先です。

なお、中国輸入では日本のクレジットカードは利用できないことがありますが、AliExpress(アリエクスプレス)であれば利用することが可能です。ただし、クレジットカードは手数料がかかるため、他サイトよりも仕入れ値はやや高くつきます。

中国輸入の物販(物販ビジネス)でメルカリを利用するメリット・デメリット

ここでは、中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売をメルカリで行うメリット・デメリットについて、詳しくご紹介していきます。

中国輸入の物販(物販ビジネス)でメルカリを利用するメリット

メルカリは他の商品と価格を比較されにくいから高く売れる

メルカリは、Amazonなどの他の物販(物販ビジネス)・転売が可能なサイトと違い、同じ種類の商品・製品が比較検証できるようにレコメンドで表示されることがないため、他の商品と価格を比較されにくい傾向があります。基本的には、おすすめ順・出品順で表示されるため、価格を比較される前に即決で取引が行われる可能性が高いです。

メルカリは人気の高いフリマアプリだから取引されやすい

経済産業省が2019年5月16日に公表した、「2018年の電子商取引(EC)市場に関する調査結果」によれば、フリマアプリ市場は前年比3割以上の伸び率をマークし、6,392億円まで拡大していることがわかっています。その中でも、メルカリはテレビCMやインターネット広告で盛んにPRされている、業界を牽引するフリマアプリです。そのため、必然的に取引の母数も多く、中国輸入の商品・製品を物販(物販ビジネス)・転売で取引する場合にも有利になります。

メルカリは誰でも操作できるから手軽に出品ができる

メルカリは非常に簡単な操作で取引を行うことができるUI/UX設計となっているため、慣れてくれば、スマートフォンの使用で3分程度、パソコンの使用で1分程度あれば出品することができます。難しい操作が必要ないので、初心者でもすぐに中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売を開始することが可能です。

メルカリはらくらくメルカリ便があるから安心して取引できる

メルカリは、らくらくメルカリ便と呼ばれるサービスがあり、宛名書が必要なく、全国各地どこでも送料が同じ(最大69%OFF)です。また、対応してくれるサイズが豊富で、配送状況の確認が可能となっており、匿名でも安全に配送できるように、あんしん配送補償付きです。このように、メルカリであれば、コスト面・セキュリティ面でも安心して中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売の取引を行うことができます。

中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売でメルカリを利用するデメリット

中国輸入で仕入れを行う場合には関税および国際配送料がかかる

中国輸入で仕入れを行う場合、予算や経費を考える際に気をつけておきたいことは、国内での仕入れと違って、関税および国際配送料がかかる点です。そのため、「仕入れ金額+関税+国際手数料−コスト」で予算や経費を見積もる必要があります。

中国輸入の仕入れ値が安いとはいえ、このデメリットを考慮に入れていないと、いざ物販(物販ビジネス)・転売を行う際に、損益分岐点がマイナスになってしまうこともあり得ますので注意しましょう。

メルカリは在庫必須であるため無在庫転売を行うことができない

メルカリは、手元にない商品・製品を、仕入れる前に予約・取り寄せで販売する方法である無在庫転売を禁止しています。

これは、ユーザーが商品・製品を購入後、仕入れが期間内に間に合わなかったり、在庫を確保できなかったりした際に生じる配送遅延や取引キャンセルなどのトラブルを避けるためのルールであり、メルカリで物販(物販ビジネス)・転売を行う場合には、在庫必須となります。

万が一、メルカリの運営に無在庫転売を行っている事実が発覚した場合には、アカウント停止の処分を受けたり、サービスを利用できなくなったりするデメリットがありますので、基本的に在庫を持った状態で取引を行うようにしましょう。

メルカリは大量出品すると規制がかかって在庫が焦げ付くリスクがある

メルカリでは、一時期、ツールを利用して大量の商品・製品の取引を行おうとする転売業者が多数現れたために、短期間で大量に商品・製品を出品する行為や、出品した商品・製品の情報を大量削除する行為を規制する方針となっています。

そのため、1日の間などの短期間で上記のような行為を行った場合、メルカリの運営から目をつけられ、アカウント停止となる可能性があります。なお、こちらの規制については、1日に◯品まで出品したり、情報削除したりするとアウトといった明確な基準はありません。

それゆえに、対策を立てるのが難しいところがありますが、個人が日用品を売買することを基準に考えれば、たとえば、常に同時出品する商品・製品の数が10以上あるようなユーザーは、物販(物販ビジネス)・転売を行おうとしている業者として認定されてしまう可能性が大いにあると言えるでしょう。

基本的には、たとえ同じ商品・製品の在庫があったとしても、必ず売れてから次の商品・製品を出品するようにすべきです。

メルカリの中国輸入を用いた物販(物販ビジネス)・転売で成功するために重要なこととは?

今回は、メルカリの中国輸入の物販(物販ビジネス)・転売について、初心者でも成功するために必要な知識や秘訣を詳しくまとめてお伝えしてまいりました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販(物販ビジネス)・転売ですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。

物販(物販ビジネス)・転売で失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販(物販ビジネス)・転売で稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販(物販ビジネス)・転売で成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる