メニュー

《2020年最新版》物販販売とは?初心者が物販ビジネスで稼ぐために知っておきたいコツ

2020.01.29 527
目次 [非表示]

《2020年最新版》物販販売とは?初心者が物販ビジネスで稼ぐために知っておきたいコツ

初心者でも始めやすく、副業などで空いている時間に上手に稼ぐことができるのが、物販販売・物販ビジネスです。とはいえ、まだ試したことのない方の中には、始め方やコツがわからずに足踏みしている状態の人もいることでしょう。そこで今回は、初心者が物販販売・物販ビジネスで稼ぐために知っておくべきコツや、Amazon(アマゾン)でビジネスを始めてみるときの事例などを詳しくお伝えしていきます。

インターネットで出来る!物販販売・物販ビジネスとは?

物販販売・物販ビジネスとは、インターネットを介して、仕入れた商品とPC・スマホさえあればできる非常に手軽なビジネスモデルであり、副業などで稼ぎたいサラリーマン・OL・学生・主婦の方などに広く人気があります。

物販販売・物販ビジネスは、数万円程度の副業やお小遣いとしての収入を得ている方から、中には数十万〜数百万円規模の売り上げを上げて事業化する方まで、実に様々な成功事例が存在します。

なお、物販販売・物販ビジネスの基本は、商売の鉄則とも言える「安く仕入れて、高く売る」を実践する、非常にシンプルかつ古典的なものです。

ただ、物販販売・物販ビジネスと一言で言っても、国内転売(せどり)、輸入転売、輸出転売、無在庫転売など、様々な種類があります。初心者が始めるなら、どのジャンルの物販販売・物販ビジネスを選べば良いのでしょうか。

初心者が物販販売・物販ビジネスを始めるなら、まずは「国内転売」

初心者が物販販売・物販ビジネスを始めるなら、まずは「国内転売」がおすすめです。国内転売は「せどり」とも呼ばれ、市販の商品・製品などの有形商材を日本国内で安く仕入れ、仕入れ価格に利益を上乗せした販売価格を設定して、差額でお金を稼ぐ商売方法のことを意味します。

国内転売のせどりには、以下の2種類があります。

店舗せどり

店舗せどりとは、物販販売・物販ビジネスを行う人が、店舗・フリーマーケット・卸売市場・展示会場などに直接足を運んで商品・製品を仕入れ、国内転売を行うモデルのことを意味します。

たとえば、家電量販店に足を運び、Amazon(アマゾン)などのショッピングモール型ネットショップで売られている値段よりも安い商品・製品をリサーチして仕入れ、それをネットショップなどで販売するのが、店舗せどりの商売方法です。

電脳せどり

電脳せどりとは、インターネット上のショッピングモール型ネットショップやフリマアプリなどで商品・製品を安く仕入れ、利益を上乗せした販売価格をつけてネットショップなどで販売する商売方法を意味します。この方法であれば、仕入れから販売までインターネット上で完結するため、店舗せどりよりも手間がかかりません。

そのため、初心者が物販販売・物販ビジネスを始めるならば、最初におすすめできるのは、「国内転売」の「電脳せどり」ということになります。

物販販売・物販ビジネスの代表的なチャネルをご紹介

ここでは、物販販売・物販ビジネスの代表的なチャネル・プラットフォームをご紹介していきます。

ショッピングモール型ネットショップ

難易度:★☆☆
チャネル例:Amazon(アマゾン)、Yahoo!ショッピング、楽天、Qoo10 など

ショッピングモール型ネットショップは、インターネットのショッピングモール内に、自分のネットショップを開業することができるので集客力が高いです。開業の手間もかからないため、物販販売・物販ビジネスの初心者に向いています。ただし、ユーザーは一つの商品・製品を購入するために検索を行いますが、「値段の安い順」などで検索を行うため、価格競争が激しい点は注意が必要です。

オークション型ネットショップ

難易度:★☆☆
チャネル例:ヤフオク!、楽天オークション、モバオク など

オークション型ネットショップは、文字通り、ネットオークション方式で商品の価格を決定して販売を行います。利用者については、若年層から中高年まで幅広い層のユーザーが利用しており、あらかじめ決められた入札完了期日までは取引が確定しないので、購入があったかどうかを毎日チェックしなくても良いメリットがあります。大手企業が運営しているため、物販販売・物販ビジネスの初心者も安心して電脳せどりを行うことができ、仕入れ先としても活用できます。

フリマアプリ

難易度:★☆☆
チャネル例:メルカリ、ラクマ、フリル など

フリマアプリは、若年層・女性・主婦などに人気の高いサービスで、売り手が価格を設定し、買い手が提示価格に応じればその場で取引が完了します。使用するデバイスもスマホひとつで取引できるため、その手頃さから最近ではかなりユーザー数が増えてきています。物販販売・物販ビジネスの初心者が電脳せどりを行う場合にも参入しやすく、オークション型ネットショップと同様に、仕入先としても活用することができます。

ショッピングカートシステム

難易度:★★☆
チャネル例:カラーミー、ショップサーブ、BASE、たまごリピート など

ショッピングモール型ネットショップのシステムと似た、商品の販売・購入ができるショッピングモールカートシステムが提供されますが、インターネット上のショッピングモールなどに属していないため、単体のネットショップになります。そのため、カスタマイズなどの自由度は高いですが、集客は自分でやらなければならないため、物販販売・物販ビジネスの中級者向けだといえるでしょう。

自分のECサイトを構築

難易度:★★★
チャネル例:ECCUBE、ZenCart、CS-Cart、Wordpress(+プラグイン)、独自システム など

ショッピングカートシステムを、自分で用意したサーバーへインストールを行い、ECサイトを構築して、独自にネットショップ運営を行う方法です。集客、構築などすべて自分で行わなければならないため、物販販売・物販ビジネスの上級者向けといえます。リスティング広告やSEO(検索エンジン最適化)のマーケティングでのWEB集客などを行いたいプロ志向の方にはおすすめです。

初心者が物販販売・物販ビジネスで稼ぐためのコツ

初心者が物販販売・物販ビジネスで稼ぐために知っておくべきコツをお伝えします。

「国内転売」の「電脳せどり」から物販販売・物販ビジネスを始めてみる

前出のとおり、初心者が物販販売・物販ビジネスで稼ぐならば、「国内転売」の「電脳せどり」から始めるのがコツです。具体的な理由は以下のとおり。

英語や中国語が必要なく、慣れている日本語で取引ができる

輸入転売、輸出転売などは、買い手が海外の人になるため、英語や中国語などの外国語に対応しなければなりません。その点、国内転売の電脳せどりであれば、慣れている日本語で取引を完結できますから、物販販売・物販ビジネスの初心者でも不安はありません。

仕入れ値と売り値に差分が生じる為替変動のリスクがない

輸入転売、輸出転売の場合、為替変動によって、仕入れ値と売り値に予想外の差分が生じ、思ったような利益につながらなかったり、最悪の場合は売れても赤字になったりするリスクがあります。国内転売の電脳せどりならば、この為替変動のリスクがないので安心です。

仕入れた商品・製品を売る時にユーザーとの感覚のズレがない

輸入転売、輸出転売の場合、仕入れた商品・製品を売るときには、海外の人たちのニーズをリサーチして把握したうえで、ネットショップでの説明文を考えたり、商品・製品の見せ方を工夫したりする必要があります。国内転売の電脳せどりは同じ日本国内ですから、ユーザーとの間に感覚のズレがなく、手間がかかりません。

輸入転売・輸出転売に比べて資金の回転が早いので即回収できる

輸入転売、輸出転売の場合は、買い手がついて取引が発生した後、郵送や売り上げの回収に時間がかかり、資金の回転が遅くなることがあります。国内転売の電脳せどりであれば、取引が最短即日で完了するため、資金の回転が早まり、スピーディな売り上げの回収が可能です。

ショッピングモール・オークション・フリマアプリなどを利用する

初心者が物販販売・物販ビジネスを始める場合には、ショッピングモール型ネットショップ、オークション型ネットショップ、フリマアプリを利用するのがおすすめ。理由は以下のとおりです。

物販販売・物販ビジネスを始めるシステムが整っている

ショッピングモール型ネットショップ、オークション型ネットショップ、フリマアプリには、物販販売・物販ビジネスを始めるうえでの販促システムが整っているため、WEBの予備知識がなくても簡単に取引を開始することができます。一方、ショッピングカートシステムを利用したり、自分でECサイトを構築したりするとなると、プロフェッショナルなシステムの知識や、WEBマーケティングの知識が必要となります。

自分で集客を行わなくとも多数のユーザーが利用している

ショッピングモール型ネットショップ、オークション型ネットショップ、フリマアプリは、プラットフォーム側がすでに多数のユーザーを抱えている状態からスタートできるため、自分で集客を行わずとも、取引につなげることができます。その点、ショッピングカートシステム・ECサイトの場合は、集客から自分で行わなければならないため、自由度は高いものの、難易度は上がります。

Amazon(アマゾン)で物販販売・物販ビジネスを始めてみる

最後に、ショッピングモール型ネットショップでおなじみのAmazon(アマゾン)で物販販売・物販ビジネスを始めるときにやるべきことなどをチェックしてみましょう。

Amazon(アマゾン)で物販販売・物販ビジネスを始める前にやるべきこと

Amazon(アマゾン)で物販販売・物販ビジネスを行う場合、最初にやるべきことは以下のとおりです。

Amazonセラーセントラルへ登録する

Amazon(アマゾン)で出品する場合には、最初にセラーセントラルと呼ばれる出品者登録を行う必要があります。

登録時には「小口出品(1点ごとに100円の制約手数料+注文時の販売手数料)」、「大口出品(月額4,900円+注文時の販売手数料)」の2つが選べますが、物販販売・物販ビジネスを行う場合は「大口出品」を選びましょう。

理由としては、「小口出品」ではカートボックスを利用できない、代引き・コンビニ決済などの支払方法のバリエーションがないなどの制約があり、売り上げを上げにくいためです。

仕入れで使用できるクレジットカードを作成する

物販販売・物販ビジネスを行う場合、仕入れで使用できるクレジットカードは必ず用意したいところです。一般的な上限50万円だと、仕入額の限界値が小さめであるため、大きく稼ぎたい場合は最低でも上限100〜200万円程度にして、より多くの仕入れができるようにしておきましょう。ただし、クレジットカードは短期間に大量につくるとブラックリスト入りしてしまう場合もあるため、月1〜2枚程度が目安です。

Amazon(アマゾン)はFBAサービスを利用できるので初心者にもおすすめ

Amazon(アマゾン)はFBAサービスと呼ばれる出品者向けのサポート制度を行なっています。これは、面倒な顧客対応・発送・返送などを代行してくれる大変便利なサービスです。FBAサービスを利用すれば、出品者は仕入れた商品・製品をAmazon(アマゾン)の倉庫に送れば良いため、在庫置場を確保する必要がありません。販売時にはAmazon(アマゾン)のブランドを利用できるので、購入者の安心にもつながり、非常にお得なのです。

物販販売・物販ビジネスで初心者が稼ぐための極意とは?

今回は、物販販売・物販ビジネスの始め方や、初心者ならば知っておきたい稼ぐためのコツ、Amazon(アマゾン)で物販販売・物販ビジネスを始めるときの方法などをお伝えしました。

初心者の方が副業で始める場合にもおすすめの物販販売・物販ビジネスですが、失敗しないために知っておきたいことは「成功するための正しい知識をつけること」です。ここでお伝えしたのは、物販販売・物販ビジネスで成功するためのほんの一部の情報にすぎません。

物販販売・物販ビジネスで失敗する方々の多くが、商品・製品のリサーチ不足や仕入れ先の不勉強が原因で、市場から撤退しています。当サイトのLINE公式アカウントでは、物販販売・物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

物販販売・物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる