メニュー

副業で物販を短時間で行うためには必須!外注を募集してみよう

2021.01.21 207
目次 [非表示]

副業で物販を短時間で行うためには必須!外注を募集してみよう

副業で物販を短時間で行うために外注が必須な理由

個人で副業の物販をしていても、ネットにある情報などである程度勉強すれば収益は出やすいですが、やってみると想像以上に作業の連続で時間が足りなかったり、荷物の移動などで体力も消耗したりするかと思います。

 

実際このような作業の連続に耐えられず、副業で物販することをあきらめてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

だからこそ自分が物販でやるべきタスクを外注にして分担させることが、副業で行う物販を短時間でストレスフリーでこなすには必須なのです。

 

今回は副業で行う物販を短時間で行うために外注化するとは一体どういったことなのか、そして具体的な外注の募集方法まで、皆さんが副業で物販を短時間で効率よく行う方法が詰まった内容になっていますので、是非参考にしてみてください。

 

副業で物販を行う際の外注化とは何なのか

外注化とは、外部に人材を募集して作業を一部委託してしまうことです。正社員として採用するのではなく、ピンポイントで作業を依頼するイメージです。

 

副業で物販をする際に必要な作業を順に挙げていくと、商品リサーチ、仕入れ、商品検品、商品写真撮影、梱包・出品作業、発送業務が主に必要な作業となってきます。

 

つまり、この作業を徐々に自分でやるのでは無く、単発バイトのように1つ1つの作業に特化して人材を募集して作業をしてもらうという訳です。

 

どこまで外注化するかは、自分の物販へのスタイル次第ではありますが、商品リサーチから出品まで全て外注化している方もいますし、

 

ちょっと苦手な梱包作業だけ外注さんに手伝ってもらって、副業で行う物販で要の部分である商品リサーチや、仕入れは全て外注せずに行う方もいるなど、外注化の仕方は人それぞれです。

 

副業で短時間で物販をするために必須な外注の募集方法、信頼できる外注の見分け方

どうしたら副業で物販を短時間で行うために必要な外注を募集できるのかわからない方も多いはずです。

 

ここでは、副業で物販を行う際に短時間で効率よく行うために必要な外注さんの募集の仕方や、信頼のおける外注の見分け方を解説していきます。

 

副業で物販を短時間で行うために必要な外注の募集方法

まずは、短時間で効率よく物販を行うために必要な外注の募集方法を紹介していきます。

ライバルチェックをする

募集をかける事自体は、クラウドソーシングサイトなどを使えば簡単にすることができますが、まずはいきなり外注の募集をかけるのではなく、媒体ごとにライバルチェックをすることが大事です。

 

ライバルチェックする理由は、クラウドソーシングサイトなどでは皆さんと同じように物販の外注化を目論んで、外注を募集している方が他にもかなり多いからです。

 

利用する媒体内でライバルがどのくらいの価格でどのくらいの人が応募をしているのかをチェックすることで、自分がすべき立ち回りが見えてくるのです。

 

立ち回りを理解していないと、その媒体の相場より高い賃金で外注を雇い、利益が思うように出ないことや、ライバルに負けて募集をかけてもほとんど応募がなく、結果的にいつまでも物販で必要な作業を1人で行うことになってしまいます。

 

外注を募集する媒体を選定する

相場やライバルの状況を媒体で確認したら、その次は実際に外注を募集する媒体を選定していきます。

 

「クラウドワークス」や「ランサーズ」は大手なので、多くの人が案件を見てくれます。

 

しかし、自宅で完結するような仕事を求めている人が多いので、出品や検品などの自宅でコツコツ作業できるような案件に募集が集まる傾向があります。

 

地元で商品の仕入れをしてもらう場合には「エンゲージ」や「ジモティー」といった地域密着型の媒体を使って外注の募集をかけると集まりやすい傾向があります。

 

また、今挙げてきたようなサイトで募集をかける際には、ライバルの書いている募集文を参考にしていきましょう。

 

多くの応募が集まっている人の募集文や賃金は集まるべくして集まっている場合が多いので、参考にすることで同じように外注の応募を集めることができるようになります。

 

外注を募集、長期にわたり信頼できる外注の見分け方

いよいよ物販を短時間で行うために外注を募集していく段階になりましたが、応募してきた人をいきなり本採用にすることは避けるべきです。

 

なぜなら、サイトで応募をかけた場合、顔も見えず人となりもわからないため、応募してきた人が本当に外注への仕事への意欲があるのか、どのくらい仕事ができるのかがわからず、外注の仕事がそもそも合わない場合もあるからです。

 

マッチングをしなかった場合、すぐに辞めてもらうことになるので、その際に遺恨が生じることもあります。

 

そのため、外注を募集する場合は、必ずトライアルという試用期間を設けて、実際に仕事のスピードやクオリティを見てから長期採用へ踏み切っていくと、

 

仕事の質が保証され、適材適所に人材を配置できるので、物販を短時間で行えるようになりやすいです。

 

また信頼できる外注にはタスクを増やす代わりに、報酬アップするなどの施策をして信頼関係を維持し続けられるような働きかけも適宜していきましょう。

 

副業で物販を短時間で行うために研修とマニュアルを作ろう

副業で行う物販を短時間で行うために研修を行ったり、またはマニュアルを作ることで、外注さんにはやるべき作業が明確化されたり、こなす仕事量が安定することや、トラブルを減らすことにつながります。

 

マニュアルや研修をする上で重要なのは「誰にでもわかりやすい」ことです。副業で行う物販で委託する外注は正社員ではなく、単発のアルバイトのようなものです。

 

つまり単純労働であり、同じ仕事をし続けることになります。正社員ではないので、定年退職された方や、まだ就職していない学生が仕事をする可能性も十分にあるといういわば誰でもできる仕事として募集をかけるわけです。

 

だからこそ画像や映像なども用いて、仕事へのイメージがしやすく「誰にでもわかりやすい」研修の準備やマニュアルを作ることが重要なのです。

 

また、マニュアルや研修の準備は外注の募集をかけてからにしましょう。なぜなら外注する前にマニュアルや研修への準備を進めてしまうと、

 

ダラダラとマニュアル作りだけを進めてしまうことになり、いつまでも外注できない状態で、物販においても短時間で作業できず効率が悪くなるため、外注の募集をかけてからマニュアルや研修への準備をすべきなのです。

 

まとめ

副業で行う物販は決して1人でやり続ける必要はありません。むしろ外注をして人に頼らなければ、やり続けるのが難しいくらいの副業といえます。

 

今回紹介したような方法でも簡単に外注の募集はできますし、実際応募人数も集まりやすいです。

 

しかし、外注をただ集めるだけではなく、短時間で効率良く仕事をしてもらうためには、物販を行う発注者側のある程度の努力やリスク管理が必要です。

 

この努力やリスク管理をしっかり行うことは将来の皆さんが、副業で物販を成功できるかどうかの大きな分水嶺になりますので、副業で物販を短時間で行うためにしっかり準備しましょう。

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる