メニュー

カーシェアリングで副業、成功法とポイントを紹介

2021.02.19 68
目次 [非表示]

カーシェアリングで副業、成功法とポイントを紹介

近年、ライフスタイルの変化などによりカーシェアリングが活況を見せています。

 

その中で、個人間のカーシェアリングが副業となることをご存知でしょうか。

 

今回は個人でできるカーシェアリングがどのような仕組みで副業となっているのか、またカーシェアリングを副業として成功させるために必要なことをまとめて紹介していきます。

 

副業で行うカーシェアリングの概要

カーシェアリングとは、登録を行った会員間で車を共同で使用するサービスのことです。

 

短い時間から車を借りることができたり、短い時間であればレンタカーよりも安価になったりするように設定されていることが多いです。

 

カーシェアリングの起源は1970年代のアメリカで、郊外からダウンタウンへの通勤で交通渋滞が深刻化した頃に登場したといわれています。

 

当時、交通渋滞を解消するには車の台数を減らす必要があり、「相乗り」した車を優遇するカープールレーンが設置されました。

 

この考えがさらに進展し、個人間で車をシェアするサービスが広がったことにより、カーシェアリングが浸透していきました。

 

現在、日本のカーシェアリング市場も確実に成長を見せており、特に車をまだ持てない若者たちのシェアが伸びています。

 

これは、日本が世界的に見ると車の維持費が高額であることや、車が無くても生活が成立しているため、車を「所有」する必要が薄れていることが大きな要因になっています。

 

一方でカーシェアリングでは、借り手も貸し手も、その場、その時に合わせた多種多様なニーズに応えられることから需要が拡大しており、副業としてもビジネスチャンスが広がっていくことが予想されます。

 

カーシェアリングに限らず、副業はその他にもさまざまあります。

 

他の副業について知りたい方や、おすすめできない副業を知りたい方は以下のページも要チェックです!

https://furoushotoku-kyoukasho.com/blogs/fukugyo

 

カーシェアリングで副業する場合の手順

副業で行うカーシェアリングを始める場合、まずカーシェアリングサービスへ会員登録し、手続きを始めましょう。

 

カーシェアリングサービスで登録する際に必要な事項は3つになります。

 

まずは、車のオーナーのプロフィール登録です。

 

プロフィールの紹介文はなるべくオーナーの人柄がイメージできるように書くと、リクエストが来やすくなります。

 

どのような人が乗る車なのか、気持ちよく取引できる人物なのか、借り手の気持ちになって「借りたい」と思ってもらえるような紹介文にしましょう。

 

次に登録するのは、車両情報の登録です。

 

車種や車のボディタイプ、車をどこで受け渡すのかを決めます。

 

受け渡し場所については「○○駅受け渡し」「自宅受け渡し」「○○周辺」など自由に決められます。

 

ただしオーナーが女性の場合や、場所の特定を避けたい場合などは、受け渡し後の安全性を考えてできるだけ駅や目印となる場所に設定した方が良いでしょう。

 

次に利用料金を設定します。

 

料金はオーナー自身で決められます。

 

しかしサービスによっては、車の購入価格・走行距離・年間維持費などから使用料の上限金額が決まり、それ以上の金額設定にはできません。

 

そのため、提示された金額内で使用料金を設定しましょう。

 

また、価格判断について、マイカーを貸したい客層に合わせて料金設定するのもおすすめです。

 

車によっては人気車種や「乗ってみたい車」なら料金が少し高くてもレンタルしてくれることもあるので、マイカーにあった価格設定をしてみてください。

 

一通り登録情報の手続きが終わったら、最後にオーナーの電話番号認証をして、登録完了となります。

 

また、登録が終わったあとも車のメンテナンスや清掃をし、万全の準備で車を貸し出せる状態にしておくことで、借り手側も気持ちよく使用することができ高評価やリピートに繋がります。

 

副業で行うカーシェアリングの相場

個人間で行うカーシェアリングの月当たりの平均収入は25000円です。

 

人気車種になると、3~5万ほどの収入が平均的になります。

 

正直10万円を超える大きな収益を出そうとすると、日本車のセダンであれば、相場として月10回程度は貸し出すことが必要になるので、大きな収益が得られる副業ではないかもしれません。

 

しかし、月3,4回の貸し出しでも、車の固定維持費、つまり駐車場、保険、税金を合わせた額を回収することは可能になので、貸し出す機会が多ければ多いほど、収入は増えて維持費を賄うことはもちろん、副収入を得ることも十分可能です。

 

カーシェアリングで収入を増やすコツ

カーシェアリングを副業にして収入を増やしていくためには、ただ車を貸すだけでは利用率は伸びていきません。

 

ここからは、副業で行うカーシェアリングで収入を増やしていくために必要なコツを紹介していきます。

 

人気が高い車種を用意する

副業で行うカーシェアリングでは、高級車やスポーツカーなど特殊な車が人気です。

 

乗ってみたいけど、自分で買うにはちょっと手が届きにくいといった、利用者が「乗ってみたい」車を用意しておくと良いでしょう。

 

例えば高級車の中でも人気のBMWやベンツといった車種は、通常のレンタカーでも借りることはできますが、レンタル料金が最低でも数万円はかかってしまうなど、借り手としてもかなりの出費になります。

 

しかし、個人間で行うカーシェアなら1万円前後で貸し出すことができるので、貸し手と借り手双方にとってメリットがあります。

 

また、ターゲット層に関しても車を移動手段として利用するユーザーをターゲットにするのではなく、結婚記念日や誕生日、特別な旅行で使いたいといった「ニーズ」を持ったユーザーに絞ることでも利用率を上げることができます。

 

この手段はたとえ高級車でなくても、ファミリー向けならワンボックスタイプやミニバンといったようにニーズがある車種に絞れば収益化することも可能です。

 

カーシェアの差別化でリピートを増やす

シェア回数の増加を狙うには差別化が必要です。

 

冬の季節にはスタッドレスタイヤ、スキーキャリアが装着されている車なら、温泉旅行やスキー・スノーボード旅行などに利用してもらえる可能性が高まります。

 

また、夏のバーベキューや秋のキャンプシーズンには、アウトドア用品のグッズなどを無料オプションとして付属させれば差別化になります。

 

こうした差別化は利用者からの信頼関係にも繋がり、次回以降のリピートにも繋がって行きます。

 

借り手目線の紹介文を書く

カーシェアする車の特徴や乗り心地などを紹介文として記載すると、借り手にとっても「どのような車なのか」がイメージしやすくなります。

 

車種の基本情報はネットなどで調べれば大半のことはわかりますので、実際に乗っているドライバー目線で書くとより興味を持たれやすくなるでしょう。

 

もし書き方がわからなければ、車検索などで上位に表示されている紹介文をアレンジする形で作成してみましょう。

 

また、文字量も少なく簡潔に読めてしまう文章より、借り手側が気になりそうなことはあらかた記載しておくと確認のやり取りも少なく済み、スムーズに手続きできます。

 

掲載する写真にこだわる

カーシェアリングサイトに掲載する写真は、できるだけキレイに撮影すると利用率が上がり、収益に繋がっていきます。

 

写真撮影の場所や時間にこだわることで、実物よりも高級感のある写真に仕上げることもできます。

 

具体的には、「様々な角度で車体を撮影する」「日光が適切に入る時間帯に撮影する」「特に強調して撮影したいところを大きく撮影する」「被写体以外に何も無い場所を選ぶ」といったことをポイントに写真撮影を行ってみるとよいでしょう。

 

カーシェアリングで副業する場合の注意点

カーシェアリングは車を所有していれば手軽に始めることのできる副業ですが、その分オーナー側にとってトラブルになると面倒なことや、大きなリスクと直面することになります。

 

ここでは、カーシェアリングで副業する場合に注意すべきことを紹介し、トラブルを未然に防ぐ方法を紹介していきます。

 

借り手との連絡・待ち合わせ

個人間で行うカーシェアリングで最も多いトラブルは、交渉中に借り手との連絡が取れなくなる、待ち合わせ場所に遅刻してくるなどのミスコミュニケーションです。

 

こうしたトラブルは、副業のカーシェアリングに限らず、あらゆる局面で生じる可能性のあるものです。

 

自身の対応が相手にとって心地いいものでなければ、借り手側は交渉を継続したいとは思わないでしょう。

 

少なくとも、自身が誠実に対応することで、こうしたミスコミュニケーションのリスクは排除できます。

 

また交渉成立後には、チャットだけでなく電話でも連絡が取れるサービスもあるため、待ち合わせ場所の設定や約束などには電話を使い、お互いの意思疎通を確実にしておくことも有効です。

 

他人が車を使うということ

カーシェアリングは、他人が自分の車を使用することで成立するビジネスです。

 

言うまでもなく、いろいろな方が運転したり乗車したりするため、自分や家族以外の人が車を使うことに抵抗感がある方にはおすすめできない副業です。

 

カーシェアリングで副業を始める前には、他人が自分の車を使うということをきちんと認識しておきましょう。

 

収入が一定ではない

車を登録し、貸出・返却の手間だけで副業になることが期待できるカーシェアリングですが、当然のことながら借りたいという人が現れないと収入はゼロとなります。

 

使っていない車を活用しちょっとした副収入作りをする、もしくはカーシェアリングサイトや相場の動向を見てカーシェアで人気のある車種をあえて購入し、カーシェアで大きな収益を出すなどといった工夫が必要になるでしょう。

 

借り手側が事故を起こす可能性

起こって欲しくないと願っていても、万に一つの可能性で自分の貸している車が事故に遭ってしまうこともあります。

 

カーシェアリングサービスでは、借り手側は決済時に自動で1日自動車保険に加入します。

 

しかし、破損したクルマを車両保険でカバーするには、警察による事故証明書が必要です。

 

各サービスサイトでもその旨が明記されていますが、クルマの受け渡しの際に、注意事項としてお互いが確認しておくのも良いでしょう。

 

また、事故による保険が適用されたとしても、事故の大きさによっては車が走ることができず廃車になり、カーシェアリングで副業どころではなくなってしまうことも稀にあるので、そのようなことを留意したうえでカーシェアリングをすることが大切です。

 

車のキズ・喫煙やゴミなどに関するトラブル

車のキズや喫煙に関してもよくトラブルのもとになります。

 

キズがあるなしの押し問答や、タバコの煙が充満し臭いがついてしまったことで次の利用者に貸し出せないというトラブルが起こります。

 

お互い気持ちよく利用するためにも、喫煙は禁止であることをプロフィールに明記したり、貸し出す前にキズの確認をしたりすることで、返却時に余計なトラブルを防ぐことを心がけましょう。

 

まとめ

ライフスタイルや車に対する考え方の変化で、カーシェアリングは急速に広まり、個人でも簡単に副業にすることができるようになりました。

 

自家用車は今まで所有していても資産になることはなく、負債として見られる立場でしたが、カーシェアリングを活用することで、副業として収益を出す存在になる可能性があります。

 

もちろん皆さんの思惑通りに収益が上がるというわけではないかもしれませんが、トラブルに対する対応や、車の長所をしっかりと借り手側に伝えることが出来れば簡単に副業にすることができます。

 

副業に興味があり、車を所有している方は一度カーシェアリングについて検討してみるのはいかがでしょうか。

 

今回のカーシェアリングの記事を通じて、副業に興味を持たれた方は下記のLINEに是非ご連絡ください。

 

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる