メニュー

なぜ副業で行う物販ビジネスでヤフオクがおすすめなのか

2021.01.20 165
目次 [非表示]

仕入れから出品まで、なぜ物販ビジネスでヤフオクがおすすめなのか

なぜ副業で行う物販ビジネスでヤフオクがおすすめなのか

数あるネットショッピングサイトがある中で、なぜヤフオクが物販ビジネスをするのにおすすめなのでしょうか。その理由を紹介していきます。

キャッシュフローが早い

ヤフオクは他のネットショッピングサイトに比べて、出品した商品が売れてからの入金スピードがかなり速いです。
平均的にみても、落札した商品を顧客が受け取った翌日にはもう入金されています。競合サイトのメルカリは7~14日かかります。いかにヤフオクで売るとキャッシュフローが早く作りやすいかがわかります。
得た資金を即座に他の仕入れ資金にするなど、お金を早く回すことが物販の世界では重要です。だから即入金され、キャッシュフローを作ることができるヤフオクがおすすめなのです。

オークション相場にできる

ヤフオクでは商品の出品形態を「即決方式」か「オークション形式」か、どちらかを選ぶことができます。この形態は他のネットショッピングサイトやフリマアプリにはない特徴です。
断捨離目的でメルカリに出してもいいですが、相場をしっかり把握できていない場合、安く買いたたかれたり、売れ残ったままになったりする可能性が高いです。
不用品の処分にしろ、副業目的で始めるにしろ、まずは評価を集めて商品を買ってもらうことが必要です。
なかなか商品が売れない場合は「オークション形式」を選択し、1円からスタートさせることで、利益は少ないかもしれませんが、実績と評価を積み上げることができ、またその商品の相場を把握することにつながります。
選択肢があることで、商品も売れやすくなるので、ヤフオクをおすすめできるのです。

ジャンク商品が販売可能(動作未確認など)

動作未確認のジャンク商品もヤフオクでは商品として売ることができます。Amazonやメルカリでは規則によってジャンク品を売ることができません。
ジャンク品を売ることで得られる恩恵としては、最新の商品ではなく、ジャンク品ということもあって仕入価格をかなり抑えられることです。
またジャンク品であっても希少性が高いものであれば、かなりの確立で商品が売れていきます。一見不用品のようなジャンク商品でも思わぬ収益を生む可能性があるのも、ヤフオクの大きな魅力です。

アプリで簡単に出品可能

ヤフオクにはアプリがあるので、どこにいても出品ができます。サラリーマンの本業をしながらでも商品とスマホがあればどこでも出品できるので、副業として始めたい方におすすめできるポイントです。

出品者が送料を負担する必要がない

メルカリやアマゾンだと、出品者側が送料を負担しなければ売れにくい傾向があります。
ヤフオクでは商品の購買者から送料を払う仕組みになっています。
送料の考慮をすることなく、商品の値段を決めることができるという、出品者に対して有利な取引ができるのもヤフオクのおすすめポイントです。

在庫は自分で抱えることになりますが、副業として物販ビジネスを始めて、大量に商品を仕入れたり、いきなりアマゾンの倉庫を利用しその手数料を払ったり、手続きの煩雑さを考えると、物販ビジネスの初心者の方は、まず小さい規模で始められるヤフオクがおすすめです。

ヤフオクで出品してみよう

ヤフオクが副業で物販ビジネスを始めるのにおすすめな理由が分かったところで、いよいよ出品に向けて動いていきましょう。ここでは、出品のために必要なことを順を追って紹介していきます。

Yahoo!JapanIDを作成する

1つ目はYahoo!Japanの会員登録です。ヤフオクはYahoo!のサービスなので、Yahoo!会員になる必要があります。登録は無料です。

Yahoo!プレミアム会員登録

これはあくまで任意ですが、出品したい商品が大量にある人や、月に23035円以上の売り上げが見込める人は、月額498円のプレミアム会員に登録した方がお得です。
無料会員のままでもヤフオクに出品は可能ですが、落札されると落札額の10%が手数料として徴収されます。しかし、プレミアム会員になると月額498円の利用料がかかる代わりに、落札手数料が8.64%で済むのです。売れれば売れるほど、手数料が低い方が利益も増えるので、本格的にヤフオクで物販ビジネスをしたい方はプレミアム会員になることをおすすめします。

SMSを使った本人確認

初めてヤフオクを利用する際には、本人確認が求められます。
一番簡単な方法は、電話番号を登録して認証番号をSMSで送付してもらう「モバイル確認」です。
ただし、Yahoo!BBを契約している方、Yahoo!カードを利用している方、既に他サービスで本人確認済みの方は、本人確認は不要です。

ヤフオクで物販ビジネスで稼ぐために必要な準備事項

落札者として評価を稼ぐ

総合評価が+10以上ないと、なかなか自分の出品した商品に入札してもらえません。
したがって、出品する前に落札者として安い商品をいくつか落札しましょう。誠実で迅速な対応をすることが評価を高める近道です。そして評価が+2桁になったら出品に移りましょう。

氏名・住所・口座などの登録

2つ目は氏名・住所・口座などの基本情報の登録です。
ヤフオクのページを開き、「出品する」をクリックすると、初めて利用する場合は出品者情報の登録画面になります。氏名・住所・電話番号を入力し、「確認する」という部分をクリックしてください。そして確認画面で間違いがなければ、「登録する」をクリックしましょう。
次に落札代金の受け取り口座を登録するための画面が表示されます。
「銀行口座を登録する」をクリックしてください。
ヤフオクでは通常の都市銀行に加え、ゆうちょ銀行やネット銀行も口座登録可能です。
出てきた画面の指示に従い、必要事項を入力して「確認する」をクリックしてください。問題がなければ、「登録する」をクリックして、出品者情報の登録を完了させてください。

登録完了後

ヤフオクの「出品する」をクリックすると、出品する商品のカテゴリの選択画面になります。カテゴリは細かく正確に選びましょう。細かく選ぶことで入札者が商品を見つけやすくなります。選択し終わったら、「このカテゴリに出品」をクリックします。
注意事項の確認をして、「開く」をクリックしたら、商品情報の入力画面に切り替えましょう。あとは必要事項を入力してください。
必要事項を記入したら、商品紹介の画像を挿入し、いよいよ出品です。
出品した商品が売れた際のことも考え、あらかじめ落札者への商品の配送方法も検討しておくことで、迅速な対応が可能になります。配送方法は業者や、落札者の意向などによって異なるので、よく検討してみて下さい。

ヤフオクで物販ビジネスを成功させるためにおすすめの裏技

ヤフオクで物販ビジネスを始めたがなかなか売れないということもあるでしょう。そこで、ヤフオクで物販ビジネスを成功させるためのおすすめの裏技を紹介していきます。

ヤフオクで売れるには商品を見てもらうことが大切

写真の撮り方を良くすることや、商品紹介文を丁寧に書く事も重要ですが、それだけでは商品はなかなか売れないかもしれません。特に競合の激しいカテゴリでは、出品した商品を入札者たちになかなか見てもらえず、ずっと売れ残り、いつしか商品の価値がただ下がり続けるだけの不良債権となってしまいます。
どのようにしたら、出品した商品が多くの入札者の目に止まるのでしょうか。

「注目のオークション」を活用する

ヤフオクには「注目のオークション」という機能があります。この機能は1日20円からの課金制のサービスです。課金額が1~3位までの商品が注目度No.1~No.3というラベルをつけられて、上位表示されます。
上位表示される分、多くの入札者の目に止まる機会が増えることになり、落札されやすい商品にすることができます。
また競合相手がいくら課金したのかも分かるので、無駄に課金しなくても注目度を上げることができるのもおすすめです。
課金が必要ということで敬遠しがちな出品者も多くいるので、商品のリサーチをしたうえで上位表示3位以内に入ることを心がけて、有効に活用してみて下さい。

ヤフオクで儲かる商品ジャンルの発見方法

ヤフオクの中にも、流行り廃りだけではなく、比較的継続して売れて儲かる商品ジャンルがあります。その発見方法をここでは紹介していきます。

フリーマーケット

国内外のフリーマーケットは意外にレアものが安く手に入ることがあるスポットです。
自分にあったフリーマーケット出品者には名刺などを渡して継続的に購入させてもらえる仕入先として確保しても良いでしょう。
例えばイギリスには2月と6月にイングランドからスコットランドまで北上していく大規模なアンティークフェスティバルがあります。海外の商品のため、日本では手に入れにくいものが思わぬ安価で手に入るチャンスです。また日本で販売されていない商品は希少性も高いので継続して高値で取引されることが多いです。
注意点としては海外の情報に詳しくないと、良い商品を仕入れられないことや、現地に商品の仕入れに向かわなければならないことです。

セール

店舗セールは新品を安く仕入れることができます。海外製品であればセール価格を上回る価格でネット仕入れが可能なことも多いです。
ただし国内正規品は全く同じ商品でも並行輸入品よりも高値になる傾向があります。高額商品の少量の仕入れであれば国内セールで買ったほうが安いということもありえるでしょう。ですからあまり効率の良い商品の仕入れの仕方とは言えません。

ネット

大量に商品を仕入れようとすると、いちいち人が移動して仕入れることになり非効率なため、ネットを使って仕入れることで、最も効率よく売れやすい商品を見つけられるかもしれません。
国内の商品もですが、ebayやタオバオといった海外の販売サイトからまとまった量を仕入れると、コストを抑えることができます。また他サイトとの比較で容易に市場価格の推移や売れる値段を知ることができる点もネットで商品を仕入れるメリットといえます。

ヤフオクで物販する上で注意すること

ヤフオクで物販する上で利益を出すために注意すべきことがあります。その注意点をここでは紹介していきます。

旬なものは価格破壊が起きる前に出品

ここで指す旬な商品とは誰もが簡単に手に入れることができて、簡単に出品できる代わりに、価格破壊前であれば爆発的に売れる商品のことを指します。
このような商品はヤフオクでの飽和も起きやすく、仕入先の在庫は枯渇しやすいです。
飽和、枯渇が起きると価値を持たない商品になり果てることもあるので、早めの出品を心がけましょう。

商品リサーチをする

商品を探すこと、商品を仕入れて問題ないか確認することです。商品の仕入れや出品に関して他サイトよりも規制が緩いヤフオクですが、まれに出品できないものもあるので、商品のリサーチは必ず行いましょう。
ヤフオクで出品する商品リサーチはプレミアム会員登録で使用できる機能なら十分カバーできます。

利益が出ない値段で仕入れない

当たり前のことですが、価格が下がってしまうことを見越して仕入れる必要があります。きちんとした商品リサーチをすることで、このミスは防ぐことができます。

ガイドラインは厳守

ヤフオクのガイドラインは必ず確認しましょう。せっかく仕入れた商品がいざ出品というときに、実際は出品してはいけない商品だった場合、売ることができなくなってしまうので、出品前やヤフオクを始める際など、こまめにチェックして万全の状態で出品できるようにしておきましょう。

まとめ

なぜ、副業で物販ビジネスをするならヤフオクがおすすめなのかここまで紹介してきました。商品のリサーチや仕入れ、発送まで最初はやることが多いように感じられるかもしれませんが、ヤフオクには物販ビジネス初心者の皆さんでも、多少でスランプに陥っている物販ビジネス経験者の方でも売れやすい仕組みと、使いやすい特徴があります。ぜひヤフオクを上手く活用して、皆さんの物販ビジネスが軌道に乗っていくことを願っています。
最後までお読み頂きありがとうございました。

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる