メニュー

物販・転売で長期的に成功に経営戦略は不可欠!戦略策定方法やポイントを紹介

2022.09.02 668
目次 [非表示]

物販・転売で長期的に成功に経営戦略は不可欠!戦略策定方法やポイントを紹介

現代の市場では、どのような分野でも将来生き残るために、成長に向けたシナリオをより具体的に描いていくことが求められています。

 

具体的な戦略がないと効率的な事業展開は難しくなります。

 

特に物販では、大きな成果を出すことを目標とする場合、時間がかかるため、「何から取り掛かるべきか」見極めるために戦略は必要不可欠なのです。

 

また業界の枠を超えて、競争環境は激化し、ビジネスそのものの変化のスピードや不確実性が一段と増しています。

 

このようなことからも、物販や転売においても、経営戦略の必要性が一層高まっているのです。

 

今回は、物販や転売といったビジネスにも使える経営戦略の策定方法や、事業戦略との違いなど、「戦略」について詳しく掘り下げていきます。

 

物販ビジネスにも使える、経営戦略策定の基本プロセス

経営戦略を策定する際の基本的なプロセスは、まず経営理念を作り、次にビジョン、そしてビジョンを基に分析、戦略立案、実行というサイクルになります。

 

ただし、時には各プロセスで仮説・検証を行い、見直しが必要になることもあります。

 

各プロセスについて以下で紹介していきます。

 

事業環境分析

まずは自分の物販ビジネスが起これている状況、(内部環境や外部環境)を確認した上で、強みと弱みを把握しましょう。

 

目標と現状のギャップを明確にすることが経営戦略の1つ目のステップになります。

 

経営理念(価値観)、ビジョン(将来の姿)を明らかにする

物販や転売でビジネスを行う上で大切にしたい価値観や、今後実現したい未来の姿を明らかにしていきます。

 

経営理念とは「何のために企業経営を行っているのか」を表したものです。

 

ビジョンは「今後の事業に関してどのような状態になりたいのか」を表したものになります。

 

例えば「20代女性向けのアパレルを扱った物販ビジネスで、○○万円の売上を目指す」というような内容がビジョンになります。

 

経営理念もビジョンも、既に掲げている内容を経営環境変化に応じて変えることも可能です。

 

次に今のビジネスを客観的に分析していく必要があります。

 

具体的には、自分が行っている物販ビジネスの業界動向はどのようになっているのか(外部環境)を探る。

 

自分のビジネスのどの部分が強みとなっているのか(内部環境)、顧客からどの部分を評価されているのかということを分析します。

経営戦略3つの階層

ここからは物販や転売でも活かすことが出来る、経営戦略について具体的に紹介します。

 

経営戦略には、企業単位の戦略から事業の戦略、さらにその事業を機能させるための戦略と3つの階層があります。

 

1つずつどのような役割や目的があるのか紹介していきます。

 

企業戦略

上記した経営理念や事業環境分析をもとに、その後ビジネスの目標を決めていきます。

 

この際、物販ビジネスにおいて、内外へのビジョン策定の浸透を目的にするのが企業戦略です。

 

基本的なビジネスの構成や、方向性を決定して、市場や競争者などを設定し、各事業への経営資源の配分を行います。

 

物販や転売の場合は「年間の売上をこの程度実現する」というような目標でも企業戦略になります。

 

そのうえで、定めた目標を達成するために、これまでの物販や転売、せどりなどの事業をどのように再構築し、商品や資金、また仕入れなどの工程に人を雇うのかなど、経営に必要な資源をどのように分配するのかという枠組みを明確にします。

 

ここまで行うと、採算の見込めない商品の仕入れや、事業から撤退し、成長の見込める事業を強化した上で、経営資源を効果的に分配できるようになります。

 

事業戦略

次に、事業戦略について紹介します。

 

企業戦略では配分された目的を達成するために、より具体的な商品や販売方法についての戦略を策定していくことになります。

 

策定方法としては、まず今後取り組むビジネスに関して個別に分析をしていきます。

 

具体的には、今物販や転売で扱っている商品、更に販売プラットフォームが市場内ではどの程度集客できているのか、そして競合者との差は何なのか、逆に優位な部分は何なのかということを認識します。

 

その後各々の事業目標を設定します。

 

「冬までに女性向けのアパレルで○○万円売り上げて、トレンドの冬物を仕入れられようにしておく」などというように具体化します。

 

そして、この事業目標を達成させるために、各々の事業の取り組みの明確化、そして経営状態を変化させていく枠組みを作っていきます。

 

ターゲットとする顧客に対して、どのようにアプローチし、その結果どういった状態になるのかがはっきりすれば、事業戦略も明確になっていきます。

 

機能戦略

機能戦略とは、事業内での活動を細分化し、効率的に事業を展開するために必要な施策の検討をすることです。

 

物販や転売で言えば「仕入れ」「集客」「物流」「販売」といった機能の最適化を図ることが目的となります。

 

機能戦略を策定する際は、「ブルーオーシャン戦略」「ランチェスター戦略」など様々なものを参考にすることができますが、事業の規模などによって最適な戦略は異なるため、細かく理解する必要があります。

 

物販ビジネスでは、マーケティングや財務などビジネスで必要な活動を遂行するための機能を最適化します。

 

ここまで策定した企業戦略や事業戦略を推進するためには、先に上げた機能が果たすべき役割や、どのような組織を持って活動すべきなのかということも示していく必要があるのです。

 

※ブルーオーシャン戦略

従来存在しなかった全く新しい領域に事業を展開していく戦略のことです。

 

新市場を創造することで、他社と競合することなく事業を展開することが可能になります。

 

ただ、ブルーオーシャンを物販で見つけることはかなり難しいといえます。

※ランチェスター戦略

ランチェスター戦略とは、戦力に勝る「強者」と戦力の劣る「弱者」にわけ、それぞれがどのように戦えば戦局を有利に運べるのかを考えるための戦略論です。

 

兵力数や武器の性能が戦闘力を決定づけるというもので、第1次世界大戦の際に提唱したモデルです。

 

物販ビジネスの場合、商品数は多い方がよく、そして商品に魅力があればあるほど売れやすくなる、ということになります。

 

そのほかにも価格戦略やコストリーダーシップ戦略など、様々な戦略がありますが、今自分がやっている物販ビジネスに合った戦略は何なのかを詳しく知りたい方はこのページ下部にあるサイトからお気軽にお問いあわせください。

 

戦略実行

実際に戦略が絞り込むことが出来たら、いよいよ実行です。

 

どの程度戦略に沿って物販や転売が実行できているか、また戦略と現在の売上や利益率に整合性があるかなど、戦略実行後も逐一評価・修正をする必要があります

 

物販ビジネスで経営戦略を成功させるカギ

物販ビジネスで策定した経営戦略を成功させるために必要なポイントを紹介していきます。

 

明確な目標を持つ

売上や利益率などに対して、しっかりとした目標を持つことで、そのビジネスの将来像はよりはっきりと見えてきます。

 

明確に目標があることで、今後物販や転売でどのようにビジネスを進めていけばいいのか、方向性が分かるようになります。

 

また、この目標は掲げるだけでなく、浸透させることが大事です。

 

1日1日の売上、利益率、商品回転率、仕入れ量など細かく管理し、時には軌道修正することがあることも、目標があるからできることなのです。

 

物販ビジネスは、個人事業主で行うことも多いですが、徐々にビジネスが発展してくるほど、明確な目標を持つことも求められるようになるため、できるだけ早いうちから戦略遂行のために目標は明確にしましょう。

 

優先順位ははっきりさせる

経営戦略を策定する際、重要なのは優先順位です。

 

どうしても解決すべき課題が多くなり、どれから早急に解決すべきか分からなくなるということもあるでしょう。

 

しかし、経営資源は有限です。全ての事業や機能にベスト配分することは難しいことがほとんどです。

 

そのため、優先順位をつけることも経営戦略を円滑に回すカギとなるのです。

 

優先度の高いものから必要な経営資源を振り分けていきます。

 

物販や転売で今の目標を達成するには、商品に投資すべきなのか、梱包なのか、などどの分野に集中して投資していくのかよく考えるようにしましょう。

新しいシステムへの投資

時には、現在使っている販売プラットフォームから、新しいプラットフォームへ移行して物販ビジネスを続けることで、売上が伸びることもあります。

 

また、ハンドメイド商品などを販売する場合は、現在の収入などに合わせて、自分でネットショップのシステム構築をして、SEO対策などを施す方が、集客しやすくなることもあります。

 

物販や転売の最新動向を見つつ、時には事業効率化や、収益の改善のために使用するシステムを変えてみることや、システムの構築に投資することも、経営戦略が上手くいきやすくなる一つのコツと言えます。

 

立てた戦略は確実に実行する

経営戦略をここまで練ってきても、実行しなければ全く意味はありません。

 

多少、自信が無くても策定した戦略を実行するようにしましょう。

 

また単純に経営戦略を実行すればいいというわけではなく、戦略を実行する際には、PDCAサイクルといって、計画から検証までを細かく行うことが重要です。

 

そして時にはPDCAサイクルの結果をもとに、経営戦略を再考し、改めて実践するということも実践していきましょう。

 

顧客への理解を深める

戦略を正しく生かすことや、新たに投資を行う場合は、マーケティングによる顧客ニーズの発掘などで、顧客が何を求めているのかを理解することも成功のカギを握ります。

 

販売している商品と顧客が満足できる商品やサービスに乖離が出ないことを意識し、競合に負けないためにもマーケティングを行うようにしましょう。

 

戦略と戦術との違い

似た言葉に「戦術」という言葉があります。

 

戦略とは、ビジネスの課題解決や目標達成のために、進むべき方向性やシナリオのことです。

 

対して戦術は戦略を実現するための、短い時間軸での対応策になります。

 

戦術は戦略の一部として、短期間の間に対応しうるもので、戦術を活かすには大枠となる戦略を定めておく必要がある、という相関関係を覚えておきましょう。

 

商品やサービスが無数に増える中で、副業で行っている物販や転売であったとしても、適切な戦略を取らないと、売上が伸び悩んでしまうこともあります。

 

時代や社会の情勢など様々な状況を分析して、経営戦略を立て、臨機応変に戦術を使うようにしましょう。

 

経営戦略をより立てやすくするために、事業領域の明確化をしよう

事業領域を明確化することで、経営戦略を策定する難易度を少し下げることができます。

 

事業領域の明確化とは、物販や転売で言えば、商品を販売する顧客層、提供する商品、商品や取引で顧客に与える価値・機能を定義することです。

 

例えば、販売顧客層は20代男性に向けで、提供する商品は、20~30代前半に人気のあるストリートファッション、価値や機能はおしゃれになることや、様々なアパレルに合わせやすいという風に定義します。

 

事業領域を明確にすることで、優先順位を決めやすくなり、経営資源を集中させるべき所や、ブランディングも見えてくるようになります。

 

事業領域は、一度決めればよいということではなく、社会や市場の変化に対応させて変化させていく必要があります。

 

ただし、頻繁に変更すると、誰に向けての商品なのか統一性が無くなり、ブランディングもできなくなるため、長期的に物販や転売で成功したい場合は、数年単位で見直すことが望ましいです。

 

最後に

経営戦略は同じ物販ビジネスを行っていても、中身は事業者によって全く違うものになります。

 

勿論、物販や転売で必要な梱包の丁寧さや対応の迅速さなども必要にはなります。

 

しかし、ある程度の期間物販や転売を続けていくことや、売上も大きくしたいという目標がある場合は、ビジネスを継続的に成長させるために、経営戦略が必要になってきます。

 

経営戦略はビジネスを成長させるだけでなく、その策定をする段階を踏んでいくことで、皆さん自身も成長させていきます。

 

物販や転売をさらに成長させたい、規模を拡大したい方は、是非一度経営戦略の策定や見直しを検討してみてください。

 

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

 

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

 

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる