メニュー

アウトレット商品でお得に物販ビジネスを、仕入れの方法や注意点、活用法などを紹介

2021.08.24 16
目次 [非表示]

アウトレット商品でお得に物販ビジネスを、仕入れの方法や注意点、活用法などを紹介

皆さん、休日にアウトレットモールに行かれたことはあるでしょうか。

 

有名なブランド品などが正規価格より大幅に安くなっていることや、アウトレットモールならではの商品が手に入ることで人気を集めています。

 

今回はこのアウトレットモールなどで手に入るアウトレット商品を使った物販ビジネスについて紹介していきます。

 

アウトレット商品の仕入れる方法や、メリット、注意点などを具体的に紹介していくので、皆さんが物販ビジネスをする上での参考材料にして頂ければ幸いです。

 

アウトレット商品を物販ビジネスで扱う際の仕入れ先

まずは物販ビジネスでアウトレット商品を扱う際に使う仕入れ先について紹介していきます。

 

全国各地のアウトレットモール

全国各地にアウトレットモールが建設されています。

 

それらのアウトレットモールでは、誰もが知っている人気ブランドの商品がアウトレット価格で販売されています

 

定価から2割引は当たり前で、半額かそれ以上になっていることもあります。

 

これらの商品は全国のショップで売れ残ったものの集まりですが、そのブランドをこよなく愛している人にとっては「通常より安くなっているならすぐにでも買いたい」と思える品ばかりです。

 

日本国内でメジャーなのは、三井アウトレットパークと、三菱地所が運営するプレミアム・アウトレットです。

 

基本的に、アウトレットモールで仕入れる場合は自分で足を運んで商品を手に入れる必要があります。

 

まずは全国各地のアウトレット情報を入手して、出かけて行けそうな距離かどうか考えながら準備を進めていきましょう。

 

ネットショップ

ネットショップを活用すれば、わざわざアウトレットモールに行かなくても、自宅でパソコンやスマホを使いながら仕入れることができます

 

有名ブランドやメーカーが運営している直販ネットショップや、家電量販店のオンラインショップ、ブランド品を多数扱っているオンラインモールなど、リサーチできる対象はたくさんあります。

 

期間限定のセールや在庫処分セール、型落ちになる直前の値引きなど、物販ビジネスには見逃せないお宝を発見できるかもしれません。

 

フリマアプリ

メルカリやラクマといったフリマアプリにも、びっくりするような価格で出品されているものもあるので、このような商品を即ゲットできれば、物販ビジネスで稼ぐ機会を得ることができます。

 

狙い目は、フリマアプリの利用経験が浅い人が出品している物です。

 

まだ値付けに慣れていないため、売れることを意識してびっくりするような安い価格で出品することがあります。

 

また最初は高値で出品されていても、その出品者がその物の価値に気付いていないケースもあるので、そのような商品も狙い目です。

 

オークションサイト

オークションサイトを利用してアウトレット品を仕入れると、最安値の1円から商品を手にすることが可能になります。

 

もちろん、そのようなケースで仕入れられるのは稀ですが、安く仕入れて高く売るのが鉄則の物販ビジネスにおいて、オークション形式は見逃せません。

 

日本のオークションサイトといえばYahoo!オークションでしょう。

 

ヤフオクを細かくチェックしていれば、業者による在庫処分品が捨て値で出品されることもあるので、マメに見ておいて損はないでしょう。

 

アウトレット品を物販ビジネスで扱う利点

アウトレット品を物販ビジネスで扱うと、どのような利点があるのか紹介していきます。

 

完売商品が手に入る可能性がある

アウトレット品の中には、完売商品が見つかる場合があります。

 

完売商品はプレミアム価格が付きやすく、高値で取引されることもあります。

 

アウトレットにはアパレル系から家電、雑貨やおもちゃまで色々な種類があります。

 

皆さんの得意なジャンルの中に、完売商品があるかチェックしてみましょう。

 

仕入れられる場所が多い

さらにアウトレットとは、店舗の在庫処分などにも使われる言葉です。

 

そして多くの店舗はアウトレットセールなどのイベントを開催しています。

 

特にアウトレットモールでは、その場に足を運ぶだけでも、多くの商品を仕入れることが可能です。

 

仕入れ費用が安く大量に仕入れられる

まず、アウトレットで販売している商品ですが、定価よりも確実に安く仕入れることができます。

 

転売では、安く仕入れて高く売ることが原理原則なので、アウトレット商品が商材として適していることがよく分かります。

 

そしてアウトレットモールで商品を仕入れる場合、多くのブランド・メーカーの店舗が一か所に集まっているため、短時間で多くの商品を仕入れることが可能になります。

 

アウトレット品を物販ビジネスで扱う際の注意点

アウトレット品を物販ビジネスで扱う際には、注意すべきことがあります。その注意点について紹介していきます。

 

需要があるかチェックする

定価より安くなっていれば「即買い」なわけではありません。

 

また、自分で「売れそう」と感覚的に思って買えば良いというわけではありません。

 

物販ビジネスを成功させるための基本は需要があるものを仕入れることです。

 

需要がある商品かどうか知るためにはリサーチが欠かせません。

 

ヤフオクやメルカリの検索機能、Amazonなどを活用して、地道にリサーチを重ねていきましょう。

 

どんな商品が出品されていて、どんな商品がすぐに落札されているか、どのようなものが高値で取引されているかをつかむことができれば、あとは自分もその波に乗って物販ビジネスを進めていけば良いわけです。

 

種類が多くリサーチに迷う

アウトレットの商品は非常に種類が多いため、仕入れの際に迷うことがあります。

 

あまり計画を立てずに店舗やネットで仕入れをしようとすると、種類の多さに仕入れしきれないこともあります。

 

また仕入れをし過ぎることで、在庫が処分できないリスクも発生するため、いくらお得になっていても仕入れ過ぎないようにすることが必要です。

 

訳あり品、売れ残り品がある

アウトレットモールは、訳あり品や売れ残り品があります。

 

需要がなく売れないものが多いのもまた実情です。

 

このような商品はたとえある程度知名度の高いブランドのものでも、物販ビジネスでは売れにくい場合が多い為、人気が出ない理由や、そのような商品の中に埋もれている「人気があるのに、なぜか売れ残ってしまっている商品」を見つける能力がある程度必要になります。

 

仕入れられる場所が限られる

アウトレットの商品で物販ビジネスをすると、仕入れられる場所が限られるデメリットがあります。

 

アウトレットには、多くの店舗が入っていますが、100店舗が敷地内にあるとして、仕入れに使えるのはそのうち10%程度です。

 

その他の店舗は、プライベートで利用する分にはおすすめですが、仕入れに使えないことがほとんどです。

 

また、アウトレットモールは全国に31か所しか存在しないため、エリアによってはそもそも仕入れられない人がいます。

 

近くに店舗があるなら、積極的に仕入れに使うことができますが、エリアから1時間以上かかる場所にあるならおすすめしません

 

費用対効果が合わない可能性が高く、手間賃を考えるとプラスにならない可能性も出てきます。

 

ネットショップやフリマアプリでもアウトレット商品は扱われていますが、こちらも正規品より仕入れられる場所や商品数は限られています。

 

そのため、アウトレットで物販ビジネスをする場合は、無理なく仕入れられるエリアにいる方には有利と言わざるを得ない現状があります。

 

アウトレット品を物販ビジネスで使う際のポイント

アウトレット品を物販ビジネスで使う際には仕入れが要になりますが、ここからは商品の仕入れを中心にアウトレット品を扱うポイントについて紹介していきます。

 

ワゴンセールの商品を仕入れる

アウトレットモールの中でも、売れ残った商品などはワゴンセールでさらに安く割引販売されます。

 

定価の7割引や8割引という値引きも行われることも多いです。

 

いくらAmazonやメルカリで価格が下がっている商品でも、8割引なら利益商品になる可能性が高いです。

 

ワゴンセールのものを見つけたら、商品をリサーチして、仕入れてみましょう。

 

限定品を狙う

アウトレット品の中でも、限定品を狙うと高い値段で売れやすくなります。

 

限定品なら、アウトレットでもプレミアム価格が付きやすい商品が眠っています。

 

まずは限定品には何があるかをネット検索し、皆さん自身が販売したいものを探しましょう。

 

その中のアウトレット品で、高値で取引されそうな「当たり」のものはないかを検索し、リサーチを重ねていくと良いでしょう。

 

また限定品ではAmazonや楽天市場で高値で取引されているプレミアムな価値を持つものもあるので、その商品が廃盤でないか、商品の状態や価格の変動をしっかりリサーチしておきましょう。

 

店舗ごとの特徴を掴んでおく

アウトレット品を上手に仕入れるために、店舗ごとの特徴を掴みましょう。

 

例えば、食品から生活必需品まで様々な商品を扱う大手小売店では、季節の変わり目にアウトレット品を販売します。

 

さらに、グループによっては家電系や生活用品が多く販売されているところもあるので、家電系のジャンルで物販ビジネスを行いたい方は、仕入れ先の候補としておきましょう。

 

逆に、季節に関係なくアウトレット品を販売しているアウトレットモールもあります。

 

そこでもクーポンの発行される時期や、いつキャンペーンが開催されるのかなど、店舗の特徴を掴んでおくと良いでしょう。

 

50%~70%OFFの商品を狙う

物販ビジネスでアウトレット品をアウトレットモールで仕入れる場合、50~70%OFFの商品を狙うことも一つの有効な戦略です。

 

店舗に入って50~70%OFFのコーナーへ向かい、その商品が相場ではどのようになっているか、「せどりすと」などのツールを使って商品を調査しましょう。

 

チャンスは、季節の変わり目や12月~お正月頃のセールです。

 

大幅値引きといえばアパレルショップを思い浮かべる方が多いと思いますが、雑貨やおもちゃも仕入れられる商品があります。

 

大幅なプライスダウンをされている商品を仕入れるには、先入観にとらわれず、色々なジャンルのお店に入ってリサーチをすることもポイントです。

 

アウトレット品を物販ビジネスで使ったちょっとした裏技

アウトレット品を使った物販ビジネスでは、バッグ、財布、小物など様々な商品が日々取引されていますが、ちょっと意外な商品も売れることがあります。

 

それはブランドアクセサリーやブランド時計に付属してくる箱や保証書です。

ブランド時計はとても高額なこともあり、箱もとても豪華です。

 

もちろん箱だけでは販売されていないので、こういったオークションやフリマアプリなど物販ビジネスのルートを使わなければ手に入りにくいです。

 

このような箱や保証書は、アウトレット品でもハイブランドになればなるほど高い価値をつけることができるので、著名なブランドのアウトレット品を仕入れた際には、その中身だけでなく、箱や保証書、また商品を入れる袋などもばら売りすることで思わぬ収入を得られるようになるかもしれません。

 

アウトレット品を使った物販ビジネスの裏技として参考にしてみてください。

 

まとめ

アウトレット品を物販ビジネスで扱うことについて詳細に紹介してきました。

 

アウトレット品というと、大規模なアウトレットモールで扱っている商品のイメージが強いですが、現在はネットショップでもアウトレット品は扱われています。

 

アウトレット品であるため、ブランド品を中心に正規品より安く仕入れることができるメリットや、大量に仕入れることができるメリットがあります。

 

しかし、大量に仕入れても売れない可能性のある商品が正規品より多いことや、仕入れられる場所が限られることなどのデメリットがあります。

 

安く仕入れることもポイントですが、アウトレット商品では、その商品がどのくらい需要があるのかを仕入れる前に事前に把握しておくことがカギになります。

 

正規品や中古商品などとバランス良く物販ビジネスを行い、リスク分散をしながらアウトレット商品を適宜扱うことがオススメです。

 

また、アウトレット商品以外にも様々な商品を扱った物販ビジネスがあります。アウトレット商品以外を扱った物販ビジネスについて知りたい方は以下のLINEからお気軽にお問合せ下さい。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる