メニュー

Webデザインで副業を始めたい方へ、スキルの付け方や単価などを紹介

2022.09.02 363
目次 [非表示]

Webデザインで副業を始めたい方へ、スキルの付け方や単価などを紹介

副業で何か自分の身になる仕事をしたい、そのような方に今回紹介するのが、Webデザインを使った副業です。

 

Webデザインの副業がおすすめできる理由や、始め方についても細かく紹介していきます。

 

この記事でWebデザインが副業にできるかどうか、1つの判断材料としてみてください。

 

Webデザインを副業としておすすめできる理由

Webデザインという仕事がどうして副業としておすすめできるのか、紹介していきます。

 

仕事と収入の幅が近い

Web制作関連の案件は、その内容の幅が広いです。

 

バナー制作のように数時間で完結できるものから、サイト構築のように数週間~数か月かかるようなものまで、案件の規模が様々です。

 

仕事内容によって単価も大きく違います。

 

例えば、隙間時間でできる細かい案件をこなして月に3~5万円くらい稼いでも良いですし、時間を確保してしっかりコミットすれば月数十万円稼ぐこともできます。

 

つまり、目標とする収入額や副業に使える時間に応じて仕事量をコントロールしやすいのがWebデザインの副業です。

 

また、実績・スキル次第で自分の単価を上げられるので、労働時間を変えずに収入を増やすこともできます。

 

在宅ワーク(リモートワーク)ができる

Webデザイナー職の人気の理由の1つが、その柔軟な働き方にあります。

 

特に在宅ワークができることは、副業をする人にこそ大きな魅力になることでしょう。

未経験・初心者でも習得しやすい

Webデザインの経験がない人でもスキルを身につければ、副業Webデザイナーになることができます。

 

基本スキルを身に付けるための勉強は必要ですが、そもそも、副業で効率的に稼いでいくなら何かしらの専門スキルは必要不可欠です。

 

現時点で副業に活かせる専門スキルがないのであれば、Webデザインはおすすめできます。

 

Webデザインに近しいジャンルの副業にプログラミングがありますが、プログラミングは基礎を習得するまでの難易度が高く、挫折する人が多いのも事実です。

 

それに比べると、Webデザインは全くの素人でも学びやすい分野なので、基礎習得でいきなり躓いてしまうことは少ないといえます。

 

プログラマーは圧倒的に人材が不足しているので、需要は非常に高いですが、あくまで副業と考えると案件は重たいです。

 

もともと経験者で作業に慣れている人、あるいは、副業でもしっかり働きたい方にはプログラミングもおすすめです。

 

ただし、最終的には、自分の興味を持てる仕事を選ぶべきです。

 

Webデザインであれ、プログラミングであれ、何であれ、興味がない仕事は続かないからです。

 

スキルの応用範囲が広い

Webデザインのスキルは、Webを使った様々な分野で活かすことができます。

 

Webデザインを学んだからといって、制作の仕事だけを続けないといけないこともありません。

 

例えば、ブログ、アフィリエイト、ネットショップ運営など、Webを使って個人で稼げるビジネスをするときにもWebのスキルはとても役立ちます。

 

反対に、制作業を副業から本業に変えていくこともできます。

 

はたまた、エンジニアWebマーケッターといった職種にキャリアチェンジしていくこともできます。

 

プログラミングでもHTML・CSSは必須のスキルですし、デザインはWebマーケティングにおいても重要な要素です。

 

Webデザインを学んだ先には、自分次第で様々な可能性や選択肢を切り開いていくことができるし、ネット社会の現代においてWebデザインのスキルが無駄になることはありません。

副業Webデザイナーの仕事内容

Webデザイン関連の副業は小さいものから大きなものまで、規模も種類もたくさんあります。

 

選び方としては自分の好きな分野や得意な分野を中心に選択していくとよいでしょう。

 

また、副業は限られた時間で仕事するため、業務の遅れが生じた時の巻き返しが難しいです。

 

たくさん受注して後々自分を苦しめないよう、徐々にペースを掴んでいきましょう。

 

デザイン

Webサイトのデザイン、LP(広告用ページ)のデザイン、バナー画像の作成など、デザイン案件はたくさんあります。

 

制作業務の中でもデザインワークが特に好きなら、Web媒体に限らず、ロゴ・チラシ・名刺などの制作に手を広げていくのも良いでしょう。

 

コーディング

デザインがあり、それをもとにHTML・CSS・JavaScriptでサイトを構築していきます。

 

ベーシックなコーディング案件からフレームワーク等の使用による開発案件もあります。

 

業務量は案件によって全く変わってきますが、単一ページなど軽めの案件もあります。

 

フロントエンド界隈は変化が激しい業界なので、トレンド技術をおさえたスキルがあれば、単価が高めの案件も見つけられるでしょう。

 

Webデザインと似た副業、プログラミングについてはこちらもチェック

 

サイト制作

デザイン+コーディングでサイト制作一式を行います。

 

案件単価も高くなりますが、その分時間はかかります。

 

副業で行うなら月に1件でもちょうどよいくらいでしょう。

 

どのくらいの受注ペースが自分にとって良いのか、経験していく中でペース配分を見つけていきましょう。

 

WordPress

WordPressに関する案件も需要が多くあります。

 

WordPressサイトの制作に限らず、インストールや設定などの導入業務、プラグインやテーマのカスタマイズ、サーバー引っ越し作業など、細かい依頼もあるので、副業でもやりやすいでしょう。

 

サイトの修正・更新・運用

サイトの更新や修正作業もWebデザインの副業で依頼の多い仕事です。

 

これらも軽めの仕事が多いので、副業でもやりやすいです。

 

単発で修正を行うこともあれば、運用サポートという形で継続して取引するものもあり、後者は継続的な収入源になるというメリットがあります。

 

継続的な取引をする際は、サイトの規模や作業頻度など費用に対して作業量は適正か、そのバランスも考慮しておきたいところです。

 

ディレクション・コンサルティング

Webデザインの業務ではありませんが、経験値を積めばディレクションやコンサルティングを仕事にすることもできます。

 

新規サイトの設計・リニューアル・既存サイトの見直しから、SEO・アクセス分析・Web広告・SNSなど分野も様々です。

 

副業Webデザインの相場、収入目安

副業で行うWebデザインの相場を紹介します。

 

まず、Webサイト制作・デザインの案件は1件5,000円~300,000円と案件によって収入が非常に幅広いです。

 

バナー制作・デザインの案件は1,000円~50,000円程度が相場になっています。

 

そしてロゴ制作・デザインの案件が500円~10,000円程度になっています。

 

この案件ごとの相場を見てわかるように、Webデザインの相場は案件によって金額の差が大きいです。

 

例えば、同じような案件でも、依頼主が「企業の場合」と「個人の場合」では、企業から請ける案件のほうが単価は上がりやすいといえます。

 

また仕事の依頼主が「納品を急いでいる場合」と「急いでいない場合」では、納品を急いでいる方が単価は上がりやすいです。

 

初心者がWebデザインを副業にする方法

Webデザインを副業にするために、どのような手順を踏んでいくべきなのか、説明していきます。

 

副業で稼ぐ目的と目標を明確にする

まずは「副業で稼ぐ目的と目標を明確にすること」です。

 

これが、Webデザインを副業にする上でのファーストステップになります。

 

この明確なゴールを決めておかないと、どのような副業でも挫折しやすいからこそ、目標は明確にすることが必要なのです。

 

また、副業の場合は、当然ながら会社の本業がありますから、限られた時間でスキルを習得する必要があります。

 

当然ながら、副業の時間を確保するためには、何かしらのことを犠牲にしなければなりません。

 

例えば、遊びの時間や、テレビを見る時間、そういったことを我慢し、副業に充てる必要があります。

 

ましてや初心者であれば、スキルがないので、最初は「スキルアップ」しないといけません。

 

だからこそ、モチベーションを駆り立てるような目的・目標をまず作るべきです。

 

そうすることで、副業に対する向き合い方も変わり、結果最短で副業Webデザイナーで稼げるようになります。

 

Webデザインを学ぶ方法を決めて、学ぶ

目的と目標が決まったら、次は「Webデザインを学ぶ方法」を決めます。

 

学ぶ方法として一般的には、独学とWebデザインスクールの2択です。

 

一言で言えば「副業で稼ぐまでの時間や確実さ」を重視するならスクールで学ぶことをお勧めしますし、「お金をかけないこと」を重視するなら独学となります。

 

しかし、副業で始める場合であれば、おすすめはWebデザインスクールで学ぶことでしょう。

 

理由としては、副業では毎日使える時間が限られるからです。効率的に学べるスクールの方が、圧倒的に楽に、確実に学べます。

 

また、独学では時間がかかる上に、途中で挫折してしまう確率も高くなりますが、スクールであれば、お金がかかるデメリットはもちろんあるものの「時間」を買うことができるのです。

 

また、捉え方を変えれば「半年後以降、毎月一定の収入が手に入る権利」を買うという表現もできるでしょう。

 

Webデザインの学び方を決めたら、実際に学習を始めていきます。

 

どのようなスキルやデザインを作りたいのかが全く分からなくても、基礎からしっかり土台を固めていくことを意識して、時間とお金を無駄にしないようにしましょう。

 

Webデザインの副業案件にトライしてみる

Webデザインのスキルを習得したら、次は「副業案件」にトライしてみましょう。

 

スキルに不安を覚える方もいらっしゃるでしょうが、Webデザインスクールでカリキュラムを毎日こなしていれば、2~3か月の間にある程度のスキルは身についています。

 

この段階でも簡単なWebサイトの制作程度のスキルはあるので、副業案件にチャレンジしていきましょう。

 

スキルをどれだけ頑張って習得しても実際の仕事をやるまでは、自信なんて1ミリも生まれません。

 

一方で、多少時間がかかってしまうことやミスがあったとしても、仕事を一件でも自分の力でやり切れば、それが何よりの自信となります。

 

副業でも最初の一件は誰だって不安ですし、失敗もします。それでも「絶対にやり切る」という覚悟を持って挑戦することが大切です。

 

仕事をしているうちにわからないことも出てくると思いますが、その際にはWebデザインスクールの講師や、フリーランスで働くWebデザイナーに教えてもらうこと、サポートを求めることで、一つ一つ解決していくことも学びになります。

 

このような苦労をしながらでも一件を乗り越えれば、どれだけ事前準備をするよりも、深い学びと自信が得られます。

 

だからこそ、できるだけ早く副業案件にチャレンジしましょう。

 

ポートフォリオを充実させ、より高単価案件へシフトする

ここからは、副業案件でさらなる高みを目指すためのポイントを紹介します。

 

副業案件を積んでいくと、皆さんの制作実績も増えていきます。

 

実績を積んでいったら、必ず「ポートフォリオ」として制作実績を残しておきましょう。

 

副業で扱う「ポートフォリオ」とは、いわゆる「作品集」であり、自分の職種における実績や力量を評価してもらうために作成する資料です。

 

Webデザイナーをはじめとしたクリエイターが副業で新たな案件に応募する際や、転職する際には欠かせないものです。

 

このポートフォリオが充実すればするほど、あなたのスキルの証明になり、より高単価案件にチャレンジする際に役立ちます。

 

また、このフェーズまでくれば、副業ではなくフリーランスとして稼ぐこともできます。

 

Webデザインで副業を始めたばかりの方にとっては少し先の話になりますが、実績をたくさん作っていき、ゆくゆくは更に高単価案件を取っていくと、副業の安定度は格段に上がり副業を本業にすることができるのです。

 

まとめ

Webデザインは、自らの覚悟でスキルを習得すれば、安定して収益の得られる副業にすることができます。

 

また、パソコンとネット環境があれば、場所や時間を選ばずに働くことができる点もメリットです。

 

ただし、副業を始めたての頃は高額の収入が得られず、案件を何個もこなしていく必要があります。

 

また、技術の移り変わりも早く、競争も激しいので、スキルを高めていく努力を怠らずに、継続的な勉強をしなければなりません。

 

本業との兼ね合いで多少無理をしなければならない場合もある副業ですが、付けたスキルが無駄になることはないので、何かスキルをつけたい、副業から転職先を探したいという方にはおすすめの副業です。

 

今回紹介したWebデザイン以外の副業に関する情報を知りたい方は、以下のLINEからお気軽にお問いあわせください。

 

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる