メニュー

初心者でも簡単!「ヘルビ」を使った物販ビジネスの仕入れや販売のコツを紹介

2021.07.30 30
目次 [非表示]

初心者でも簡単!「ヘルビ」を使った物販ビジネスの仕入れや販売のコツを紹介

へルビ物販の「へルビ」とはヘルス&ビューティの略です。

 

主にドラッグストアで扱われている「健康・美容に関する商品」ということになります。具

 

体的な商品カテゴリーとしては、化粧品・サプリメントのほか、香水・洗剤/柔軟剤・オムツなどです。

 

このヘルビ商品を使ったヘルビ物販にはどのような特徴や強みを持っているのか以下で紹介していきます。

 

へルビ物販の特徴

まずはヘルビ商品を物販で扱う場合の特徴について紹介していきます。

 

へルビの商品カテゴリーは、消耗品が多いです。日用品など日々使うものなので、とにかく回転が速いのが大きな特徴といえます。

 

一人のお客さんが複数購入するパターンもよくあります。しかしこの場合、購入したお客さんは一人なので、動きは1回となります。

 

このお客さんが4個、5個と買っていても、リサーチャーのグラフは一回きりとなります。

 

へルビの商品は他の商品カテゴリーと比べ、リサーチャーグラフの動き以上に商品が売れていることが予想されるのです。

 

へルビはリピート率も高く、大量に仕入れて大量に売ることが可能になります。

 

へルビ物販は他のカテゴリーに比べライバルが少ない

へルビ物販にライバルが少ないのは、物販ビジネスを行う人は男性が多いため女性が使う化粧品やサプリメントには参入しづらいという理由があります。

 

またへルビカテゴリーには要期限管理商品や危険物商品が良く含まれます。

 

玩具や家電関係に比べややこしい側面があり、敬遠されやすいのがもう一つの理由です。

 

ヘルビ商品が物販ビジネスにおすすめの理由

ヘルビ商品を扱って物販ビジネスをすることが、なぜおすすめなのかその理由を紹介していきます。

 

商品の種類や数が多い

2000年よりドラッグストア業界は順調に市場規模を伸ばしています。その市場規模は、6兆8674億円にも上ると算出されるほどです。

 

またへルビカテゴリーは、今でもどんどん新しい商品が開発されています。

 

豊富なバリエーションから仕入れ商品を選ぶことができます。

 

サイズの小さい商品が多く取り扱いやすい

へルビジャンルの商品は基本的に小さくて軽いものが多いです。

 

小さくて軽いという事は、FBAへの発送や保管料、自己配送の送料等あらゆる面で経費が安く抑えられます。

 

小さければ小さいほど、軽ければ軽いほど取り扱いしやすく物販ビジネスには有利です。

 

へルビ商品はそういった意味で物販ビジネスに向いた商品が多いジャンルです。

 

店舗から大量に仕入れやすい

へルビ商品は店舗から大量に仕入れることが可能です。

 

例えば新製品発売時に旧パッケージになってしまった商品や過剰在庫による売れ残りによるセールなどです。

 

お店も生活必需品は大量に在庫を抱えているケースが多いので、こういった時に大量仕入が可能です。

 

例え利益率が5%でも、回転率の高い商品を1000個一気に仕入れられるなら大儲けできる可能性があります。

 

 

へルビ商品の仕入れ方法

物販ビジネスで扱うヘルビ商品はどのように仕入れるのか、主な方法について紹介していきます。

 

店舗やネットのセール時に仕入れる

一般的な物販ビジネスの手法でドン・キホーテやドラッグストアのセールや売り尽くし、アウトレットなどで安く仕入れる方法です。

 

へルビ商品は店舗間の価格差が出やすいジャンルで、意外と簡単にAmazonとの価格差がある商品を見つけることができます。

 

へルビ商品は少し時間をかければ簡単に仕入れ可能な商品が見つかります。

 

商品数は無限にあるのであちこち調べてみましょう。

 

メルカリやヤフオクで安く仕入れる

メルカリやヤフオクもヘルビ物販で定番の仕入先です。

 

個人でも「いずれ使うから」と大量購入しており人がおり、そういう人が新商品に目移りして使わなくなったものを大量に販売するのです。

 

個人なら採算度外視で安く販売している可能性もありますし、メルカリなら価格交渉も可能です。

 

「在庫があれば全部買います」と交渉してみましょう。

 

初回お試しコースを狙う

サプリや化粧品に多い、「初回○○%OFF」という商品を仕入れる方法です。

 

サプリや化粧品はとにかくまずは試してもらおうと、初回と限り完全な赤字価格で商品を提供しています。

 

5000円以上する高級化粧品が初回のみ1000円であるものや、4000円のサプリが初回は送料500円、といった商品があります。

 

こうした商品はまずは損をしないおいしい商品です。確実に利益が出ますので、こういった商品を集めて販売しましょう。

 

ただし、当然一人1回限りなので、まとまった利益を出すためには家族や友人にも協力してもらって数を集める必要があります。

 

利益の中からお礼を支払う約束をしてお願いしてみましょう。

 

定期コース

先程の初回お試しコースをやっている商品に多いですが、定期コースに加入することで割引価格になる商品もあります。

 

高いものだと30%~50%もの割引になる商品もあります。定期コースなら毎月定期的に届くので仕入れをする必要もありません。

 

単価の高い商品の方が利益を出しやすいので、単価と割引率をみて、モノレートでリサーチしてみましょう。

 

ただし、参入者が増えてしまうと利益が出なくなる可能性があるので、注文しっぱなしにせず適宜確認しましょう。

 

セルフバック・自己アフィリエイト

A8.netやafbといったアフィリエイトサイトに登録し、そこで紹介されている商品を自分で購入する「自己アフィリエイト」で商品を購入する方法です。

 

サイトによってはセルフバックとかセルフBと言いますが仕組みは全て同じです。

 

自己アフィリエイトで購入すると、後日アフィリエイトサイトから買った金額の何%かが戻ってきます。

 

10%程度のバック率の商品もありますうが、高いものでは50~80%、中には100%や100%を超えるバック率の商品もあります。

 

100%以上という事は、1000円の商品を買うと1000円以上戻ってくるわけです。実質無料で仕入れができるので、絶対に損をしません。

 

ただし、キャッシュバックは数か月以上先になることや、バックは初回限り(1回のみ)である点に注意しましょう。

 

フリマアプリ

へルビ製品が出品されているフリマアプリ、とくに「ラクマ」や「メルカリ」といったアプリのことをいいます。

 

フリマアプリも、大量仕入れ先として非常に優秀です。

 

何が優秀なのかといいますと、「個人と交渉ができる」という点が最も重要になります。

 

値段交渉をして相場よりも安い値段で商品を購入することはもちろん、同じ商品を大量に購入することもできるのです。

 

なぜ、フリマアプリに実店舗でないのにも関わらず、大量の商品が販売されているのでしょうか。

 

その秘密は、「へルビ製品に消費期限がある」ということです。というのも、同様に物販ビジネスを行っている人にとって、在庫がさばけない時間は苦痛です。

 

特に物販ビジネスの初心者ですと、「早くさばきたい」と焦ってしまいます。

 

そのような人たちにとって救世主となるのがこうしたフリマアプリです。

 

フリマアプリでは、値段さえ安ければ多くの商品が素早く売れていくため、そうした方は安い値段でさばこうとします。

 

そこで、アマゾンを利用できる方が買い取るのです。また、直接交渉することで同じ商品を大量に仕入れることもできます。

 

特に同じ商品を沢山出品している人は狙い目です。交渉でうまく引き出してみましょう。

 

ヘルビ商品を扱う際の注意点

ヘルビ商品を物販ビジネスで扱う場合、利点だけではなく注意すべき点もあります。

 

ここからはヘルビ商品を物販ビジネスで使う場合どのような点に注意すべきなのか紹介していきます。

 

メーカークレームに注意

へルビ商品の、特にサプリ系に多いのがこのメーカークレームです。「商標権の侵害」という問題です。

 

販売元のメーカーが「この出品者に商品を販売する許可を出した覚えはない」とAmazonに訴えるのです。

 

当然メーカーから販売許可をもらっている方はほとんどいらっしゃらないはずですから、メーカーの訴えは100%通ります。

 

訴えがあるとAmazonから出品者に対して「即販売を中止してください」という「警告」が来ます。

 

そこでごまかすことや、無視すると即アカウント停止になりますので、警告が来たら大人しく出品を取り下げましょう。

 

その商品は警告の来ないメルカリやヤフオクで処分すれば問題ありません。

 

クレームを出しやすいメーカーはネットのあちこちで情報が出ていますので、仕入れる前に確認しておくと良いでしょう。

 

要期限管理商品に注意

FBAに送る際、食品など賞味期限のあるものに適用されるのが「要期限管理商品」です。

 

サプリや化粧品も「消費期限」「使用期限」が表示されているものは、この要期限管理商品ルールが適用されます。

 

アウトレットセールなどで仕入れると、使用期限が短い場合がありますので、注意しましょう。

 

ライバルが増えつつある

へルビ物販は、先述しましたがライバルの少なさが一つの特徴でした。

 

しかし、市場規模が拡大したこともあって、ライバルが増えてきています。

 

ドラッグストアで簡単に仕入れることができるということもそうですが、健康・美容を意識する人が増えてきたことが一番の理由といえるでしょう。

 

へルビ商品は、全体の商品を見ても送料が安いものが多いですし、ライバルが増えるのも理解できます。

 

ライバルが多いということは、その分価格競争も上がるということなので、値崩れの可能性も十分にあるのです。

 

へルビ商品は、仕入れるジャンルを間違えてしまうと、想定しているよりも売れない可能性も普通にあるので注意しましょう。

 

ライバルが多い中で、どのように利益を出していくのか工夫しておくことが大事です。

 

ライバルを出し抜き、利益を出すために必要な工夫として有効なのが、商品のリサーチです。

 

売れる商品を徹底的にリサーチして、どの商品が売れるのかを把握してから仕入れるようにしましょう。

 

ヘルビ物販での狙い目商品とコツ

ヘルビ商品を使って物販ビジネスをする際、狙い目の商品は何なのかを紹介していきます。また販売方法のコツについても紹介していきます。

 

廃盤商品

へルビ商品で重要なことですが、慣れ親しんでいる商品をそれぞれ選びようにしましょう。

 

どういうことかというと、一定の需要がある商品を仕入れないと、売れることはありません。

 

仮に、商品を仕入れたいと思ったときは、廃盤になっている商品をピックアップして仕入れることをお勧めします。

 

シャンプーや美容液にありがちですが、販売当初から人気のある商品で生産が終了することが決まると、一部ユーザーに買い占められるので品薄になります。

 

販売地域によっては在庫になることもありますが、都内を中心に品薄になっていき価格が上がり始めるのです。

 

ちなみに、廃盤商品はどの店舗でも投げ売りされるので一時的に価格が下落します。

 

しかし、販売時期を温めて完全に市場に商品がなくなったときに再販するとプレ値で売り切ることができます。

 

これは、へルビ商品に限らず他の廃盤商品でも共通していることなので、しっかり把握しておきましょう。

 

セット商品として複数の商品をまとめ売りする

へルビ商品を販売する際ですが、まとめ売りすることも可能です。

 

メルカリで販売されている商品に多いですが、まとめ買いされることが多いのでそれを合わせて販売するというものです。

 

関連性が高い商品を別で仕入れてきて、セットにして販売するというものです。

 

例えば、「シャンプー×リンス」「美容液×化粧水」というものが挙げられます。

 

単品販売すれば、回転率が落ちるものでもセット売りすれば回転率が高くなることがあります。

 

セット商品として、メルカリなどのフリマアプリで販売してみてください。

 

まとめ

へルビ物販についてお伝えしてきましたが、ライバルは増えてきていますが、扱う商品が身近でありながら物販ビジネスの中ではまだ認知度の低いビジネスですので、始める価値があるものだといえます。

 

仕入れ方や販売方法の工夫によっては安く仕入れて高く売ることもできますが、身近な化粧品や日用品を扱うため、薄利多売になるため利益を出すために工夫を続ける必要があります。

 

物販ビジネスにおける仕入れや、販売に関する有効な情報について知りたい方は以下のLINEからお気軽にお問合せ下さい。

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる