メニュー

副業初心者が物販をするなら、プラットフォームを使って成功しよう!

2021.01.21 118
目次 [非表示]

副業初心者が物販をするなら、プラットフォームを使って成功しよう!

副業解禁の流れが世の中に広がり、一般企業で働いている方や主婦の方でも副業をしてみたいと考える方が増えています。

 

なかでも始めやすい副業として、副業初心者の皆さんは物販を選ぶ傾向が昨今多くなってきています。

 

いわゆるメルカリなどのフリマアプリやオークションサイトで安く仕入れて、別のサイトで高く売る手法が一般的です。

 

この手法をプラットフォーム物販といいますが、このような代表的なプラットフォームをどのように活かせば、副業初心者でも物販を成功させることができるのでしょうか。

 

今回は、副業で物販をする際に用いるプラットフォームの特徴や選び方、おすすめのプラットフォームなどを紹介し、

 

副業初心者の方でもプラットフォームを使って、手軽に副業で物販を成功させるためのポイントをお教えしていきますので、最後までどうぞお付き合いお願いいたします。

 

副業初心者で物販をする際にプラットフォームを使うべき理由

副業初心者で、ネットを用いて物販を行う場合は、メルカリやAmazonなどのプラットフォームを活用すべきです。

 

現在ではBASEなどの自社ECサイトもたくさんあり、プラットフォームを使わなくても、自分のネットショップで副業として物販をすることは容易になってきています。

 

しかし自分のネットショップだと集客を全て自分で行う必要があるため、副業初心者の方がいきなり行うにはハードルが高く、やるべき作業に忙殺される毎日になってしまいます。

 

自分でネットショップを持つことは、手数料がかからない分利益も多くなりますが、広告展開やマーケティング能力も必要になるため、物販自体に集中できなくなり、副業でありながら本業にまで影響を及ぼす恐れがあります。

 

しかし、メルカリやAmazonといったプラットフォームを使えば、自動的に集客を行ってくれますので、その分の時間をリサーチや商品ページ作りに回すことができます。

 

ですから副業初心者で物販をするのであれば、プラットフォームで物販の経験と利益を手に入れて、余裕が出てきたらビジネスを拡大して、徐々に自分のネットショップ作りなどに移行していくのが良いでしょう。

 

副業で物販する際に用いるプラットフォーム別の特徴

副業で物販をする際に用いられる代表的なプラットフォームの特徴をタイプ別に分けて紹介していきます。

 

特徴を理解することで、副業初心者の皆さんでも自分に合ったスタイルで物販を進められることになるので、是非理解しておいてください。

 

オークション型(ヤフオク、楽天オークション、モバオクなど)

まずは物販において、ヤフオクや楽天オークションに代表されるオークション型のプラットフォームについて説明していきます。

 

オークション型プラットフォームの特徴は、名前の通り、オークション形式で物販をしていることです。

 

具体的には、出品者ではなくオークションで入札した商品の購入者側が値段を決める仕組みになっています。

 

注目度の高い商品であればあるほど、入札者も増え、値段も吊り上がっていきます。結果として当初提示していた落札額より倍以上の入札額がつくこともあります。

 

このように商品に対して活発な争奪戦が繰り広げられることがオークション型プラットフォームの大きな特徴といえます。]

 

落札希望価格も出品者が自由に設定できますし、オークションの開始時刻や終了時刻も設定できるなど、物販をする側の人にとってはかなり有利なところが多いのも特徴です。

 

しかし、期限内に落札者が現れないことが多い物販でもあります。

 

注目度を課金などで上げないと、出品した商品がいつまでも上位検索にならず、価値ある商品でも注目されないまま終わってしまうこともあるところがデメリットです。

 

さらに個人間のやり取りになるので、商品の状態をしっかり説明して出品しないと落札者からクレームが入ってトラブルになることもあるため注意が必要です。

 

また、商品が売れたとしても、オークションのためある程度時間を要するので、手元にお金が入って来るまでに時間がかかることも場合によっては難点となるかもしれません。

 

初心者の皆さんがオークション型のプラットフォームを利用するときには時間に余裕を持つことと、先のことを考えた計画性が必要になるでしょう。

 

フリマ型(メルカリ、ラクマ、paypayフリマなど)

フリマ型のプラットフォームでは、オークション型のプラットフォームのように戦略を考えず、自分の希望価格で商品を売ることが可能です。

 

オークション型では価値あるものやレアもの、未使用の購入品などが売れやすいですが、フリマ型のプラットフォームでは一般的な量産品や使い古した品などでも売れやすいのがメリットです。

 

デメリットとしては、手軽にできる分、競合者も多いため商品が売れにくいことや、購入者の信頼を得るまでに時間がかかったりすることが挙げられます。

 

また代金の授受にも個人間同士のやりとりだけでなく、フリマアプリの運営側が中間業者として入り、手数料がかかります。

 

その手数料も他のプラットフォームに比べてやや高い傾向があるのもデメリットと言えるかもしれません。

 

モール型(Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天など)

利用するサイトにもよりますが、モール型のプラットフォームは他のフリマ型やオークション型のプラットフォームに比べて集客力が高いというメリットがあります。

 

特にAmazonや楽天市場はともに国内最大級のユーザー数を誇るプラットフォームです。これらのサイトを利用すれば、購買意欲の高いユーザーからのアクセスを集めることができます。

 

広告やマーケティングにかかる費用や労力をかけずに集客を行える点は、モール型のプラットフォームの大きな特徴でありメリットです。

 

また、Amazonや楽天などの大手のモール型のECサイトは知名度があり、ユーザーが信頼感を持ちやすいという点もメリットといえます。

 

ユーザーがプラットフォームを使って通販やネットショッピングを利用する際には、サイトのセキュリティ面や商品力など、多くの不安が伴います。

 

そのためフリマ型やオークション型のようなプラットフォームでは、個人で独自に商品を売るため、質や値段に大きくバラつきが生まれ、ユーザーの信頼を得るまでにかなりの時間やコストがかかるのです。

 

しかし、モール型のプラットフォームは知名度があり、商品の品質や手続きまでしっかりと担保されているため、安心して利用してもらえます。

 

逆にモール型のデメリットとしてはコストがかかることです。このモール型のプラットフォームを利用して物販をするには、様々なコストを支払わなければなりません。

 

初期出展料や月額出店料、売上額に応じたロイヤリティ(使用料)や販売手数料など、モールによって料金が設定されており、想像以上にコストがかさむケースもあります。

 

また、モール型のプラットフォームでは商品を購入したユーザーの情報がモール側にあるため、出店者あるいは出店者側は顧客情報を利用できないのが一般的です。

 

そのため、他のプラットフォームに比べるとマーケティング施策や販促活動が困難というデメリットがあります。

 

副業で物販する際にプラットフォーム選びが重要な理由

副業で物販をする際に基盤となるのが、プラットフォームです。

 

仕入れをする際にも、値段が安いだけでなく、商品の質や配送料などの諸費用についてもプラットフォームごとで違いがありますし、販売をするときにも、

 

商品のカテゴリやメーカーによってはプラットフォームごとに売れ筋商品が違う場合や販売手数料にも違いが出てくるのです。

 

このプラットフォームごとの特徴や違いを理解していないと、想定より利益が出ないことや、思わぬ損益を被ることになるので、副業で行う物販ではプラットフォーム選びが重要なのです。

 

副業初心者が物販をする際に適したプラットフォームの選び方

副業初心者の皆さんが物販を始める際には、自分が知っているアプリやサイトだけで商品を仕入れたり販売したりするのではなく、

 

まず商品を仕入れる前にさまざまなプラットフォームの選択肢があるということを知り、1つ1つのプラットフォームの特徴や違いを理解することが重要です。

 

このプラットフォームごとの理解を深めていくには、複数のプラットフォームを利用して物販を始めることを初心者の皆さんにはおすすめします。

 

そして、自分にあったプラットフォームを見つけて使い続けていくと、副業でも物販で利益が出やすくなります。

 

同じプラットフォームを使い続けないと、そのプラットフォームの規約が変わったことや、売れ筋商品が変化していることに気付けずに、結果的に損をすることになってしまいます。

 

ですから物販を副業から本業にするタイミングや、ビジネスを拡大する目的が無ければできるだけ自分が使いやすい、同じプラットフォームを使い続けることをおすすめします。

 

副業初心者が物販をするのに最もおすすめなプラットフォームはAmazon

数あるプラットフォームの中でなぜAmazonが物販初心者におすすめなのでしょうか。

 

Amazonを利用して副業で物販することで、他のプラットフォームに比べて何が優れているのか紹介しながら、活用方法も説明していきます。

 

Amazonを利用することのメリット

Amazonというプラットフォームを使って副業初心者が物販をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

集客力が圧倒的

Amazonといえば、世界最大規模の通販サイトとして有名です。品揃えが豊富で発送も早く、売りたい人も買いたい人も大勢集まります。

 

Amazonで商品を出品する最大のメリットは、Amazonブランドを利用できることです。自分のSNSで宣伝しなくても、値段設定が適切であれば自然と売れていきます。

 

そのように言えるのは、インターネットショッピングを利用するほとんどの人がAmazonを認知しているためです。

 

ですから副業初心者でも出品するだけでその圧倒的な販売力を活用できるのです。

 

FBAを利用できる

Amazonには、FBA(Fulfillment By Amazon)という出品サービスがあります。物販では取引の数が増えるほど、注文処理や梱包、発送、顧客対応に時間を取られるのが問題になってきます。

 

また仕入れる商品が増えれば、その分の保管スペースを確保する必要も出てきます。

 

FBAを登録し利用すると、上記の面倒な処理をAmazonが代わりに行ってくれます。

 

仕入れた商品をAmazonのFBA倉庫に送れば、あとの作業には手間がかかりません。

 

さらには、FBAを利用した商品がAmazonプライムの対象商品となるのも見逃せないメリットです。

 

プライム会員の配送料が無料になるため、販売力をより高められるでしょう。

 

このようにAmazonとFBAを利用することで、仕入れた商品の保管・発送、ユーザーとのお金のやりとり、返品対応まで全部Amazon側がやってくれるのです。

 

さらにAmazonという世界最大規模のサイトを使うため、爆発的な集客力も見込めて、信頼性も高く、副業でも労力をかけずに物販で成功できる可能性が高いからこそ、副業初心者が物販をする際にはAmazonをおすすめします。

 

まとめ

ここまで、副業初心者で物販をする際にはプラットフォームを使うべき理由や、プラットフォームごとの特徴などをお伝えしてきました。

 

商品を仕入れるときも販売するときも、プラットフォームを使うことで円滑に作業を行うことはできますが、プラットフォームごとに特徴や違いがあるので、

 

まずはプラットフォームの特徴を理解して、自分が副業で物販をする際に使いやすいものを見極めることが大切です。

 

今回はAmazonをおすすめしましたが、その他にもさまざまなプラットフォームがあるので、自分で得た知識や情報を実際にプラットフォームで使って試すとより自分にあったプラットフォームを見つけやすくなります。

 

Amazonに限らず、自分が副業で物販する際どのくらいの収益を見込んで商売するのか、使いやすさや規約などもチェックしたうえでプラットフォームを選び、副業で物販をすると良いでしょう。

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる