メニュー

最新版!自社ECサイトの基本を知って、効率よく構築や運営をしよう!

2021.10.01 8
目次 [非表示]

最新版!自社ECサイトの基本を知って、効率よく構築や運営をしよう!

自社ECとは、独自のドメインを取って、その企業自身が運営するECサイトのことをいいます。

 

特徴としては自社で手掛ける分、販売する商品やサービス、業種や会社の方針に合わせたデザインや機能を作ることが可能です。

 

自社運営の分、Amazonや楽天市場といったモール型ECサイトのような知名度を使った集客ができないため、自力で集客するための工夫を施す必要があります。

 

今回は自社ECサイトの基本から、構築方法や特徴、運営を成功させるために重要なポイントについて解説していきます。

 

自社ECサイトを構築し、運営するメリット

まずは、自社ECサイトを保有し、運営することで生まれるメリットについて紹介していきます。

 

デザイン・機能などが自由に決められる

構築方法にもよりますが、一般的に自社ECの方が希望に合わせてその会社オリジナルのシステムを柔軟に作ることができ、追加の開発や改修も自由です。

 

これによりスピーディーに企画の策定から販売までの流れを回すことができ、売り上げの最大化を図れます。

 

企業や製品のブランディングができる

独自のドメインや、デザインを生かしてオリジナリティを打ち出すことができるのも自社ECとメリットです。

 

特に海外では、ユーザーの利便性を多少犠牲にしても、ブランドを前面に押し出すECサイトが増えています。

 

データ活用がしやすい

自社ECはさまざまなデータを会社独自に自由に収集できる点もメリットの一つに挙げられます。

 

アクセス解析のデータは、ECサイトの改善や効果的なプロモーションといったマーケティング戦略を立案し、実行する際のベースとなります。

 

購買データや顧客データを上手く活用できれば、顧客のニーズを知り、リピート率を上げる施策を打つことができます。

利益率が高い

自社でECサイトを運営する場合には、出店料や売上に対する手数料などのコストは発生しません

 

ASPはオープンソースを利用すれば初期費用を抑えることができ、ECサイトを立ち上げた後は基本的にはシステムの保守費のみで運営することができます。

 

またモール型ECのように値下げ合戦に陥る可能性も低く、総合的に高い利益を確保できます。

 

自社ECサイトを運営する上で覚悟すべきデメリット

自社ECサイトを運営すると独自のブランディングが可能になることや、デザインなども自由に決められるなどメリットがありますが、一方で注意しなければならないデメリットについて紹介します。

 

集客を自社でしなければならない

自社ECに集客するには、SEOやリスティング広告を含めたWeb広告などのWebマーケティングの知識が必要になります。

 

書籍やセミナーで学ぶこともできますが、コンサルティング会社のサービスを利用しながら知見を身に着けていく方法もあります。

 

成果がでるまで時間がかかる

自社ECサイトは、自分たちで集客施策やブランディングを行う必要があり、既存のプラットフォームで運営するAmazonや楽天市場といったサイトと比べると、成果が出るまで時間がかかることを覚悟しなければなりません。

 

中長期計画を立て、ターゲット層の絞り込みや、検索エンジンで上位表示されるようなサイトの工夫、SNSを利用した広告など競合に勝つために様々な施策をする必要があります。

 

このような施策は自社ECサイトではすぐに成果は出にくく、早急に売上を出さなければならない企業や事業者にとって参入の大きな障壁となります。

 

自社ECサイトの構築方法

自社ECサイトを構築する4つの方法についてお伝えします。それぞれ費用や、機能が異なるので、事業規模や資金、運営方針をしっかり定めて検討することが大切です。

 

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、自社でゼロからECサイトを設計する方法です。

 

既存のシステムやソフトウェアを使用しないため、時間とコストがかかりますが、デザインから設計まで一切の制限なく自社に必要な要件に合わせたシステムを構築することができます。

 

しかし、会社独自のECサイトを構築する分、初期費用が最もかかる手法になります。

 

費用はカスタマイズする規模に比例するので、場合によっては数億円以上の費用が必要となる場合もあるので、ハードルは高いといえるでしょう。

 

パッケージ

パッケージとは、ECサイト構築のベースとなるソフトウェアをパッケージ販売会社から購入する方法です。

 

既存のパッケージソフトをもとにECサイトを構築する分、フルスクラッチほどのコストをかけずにECサイトの構築を委託することができます。

 

メイン事業として本格的にECサイトに参画したい企業向けのサービスです。

 

フルスクラッチ型に比べると、サイトのオリジナリティという部分では劣りますが、ECサイトの構築に必要な機能が初めから備わっていて、快適に構築できるメリットがあります。

 

また、運用開始後もパッケージの開発会社からの運営サポートを受けることができるため、サイトの規模を状況に合わせて変えやすいことや、サイトの運営に関する相談をすることができるため、ECサイトの運用に不安がある企業にとってはありがたいメリットと言えます。

 

費用の相場としては、500万円程度と言われていて、フルスクラッチ型に比べると幾分安く構築することが可能ですが、企業ごとにカスタマイズを行う場合、その都度費用がかかる点は注意が必要です。

 

オープンソース

オープンソースは一般に公開されているソースコードを使って自社ECサイトを構築します。

 

オープンソースというだけあって、誰でも無料でインストール可能です。

 

カスタマイズの幅も広いという点もメリットの一つと言えます。

 

手軽な分、セキュリティや運用面での開発会社からのサポートは受けられず、トラブルが起きた場合は、企業が対応しなければならない点がデメリットです。

 

相場としては、ドメインの取得費用、サーバーの用意に必要な費用や決算手数料など併せて100~500万円程度がおおよその目安になります。

 

システム変更やデザインのカスタマイズでその都度費用が発生することを留意する必要があります。

 

ASP

ASPとは、「アプリケーション・サービス・プロバイダ」の略で、ネットのECサイトの立ち上げ、運営に必要な最低限の機能を使用することができます。

 

これまで紹介した自社ECサイトの構築方法の中で最も手軽かつ低コストで立ちあげられ、システムの管理は開発会社側で行うため、セキュリティ対策やアップデートなどの手間もかかりません。

 

費用相場も10万円程度が一般的で、中には初期費用・月額使用料0円で運営できるものもあります。

 

ただし、安価な分、サイトのカスタマイズができないことや、商品やサービスが購入されるたびに決済手数料が発生するというデメリットもあります。

 

自社ECサイトをスピーディーに小規模で始めたい企業向けの構築方法と言えます。

 

自社ECサイトと比較されるモール型ECサイトとの違いや特徴

よく自社ECサイトと比較対象になるのが、「モール型ECサイト」です。

 

自社ECサイトとどのような違いや特徴があるのか紹介していきます。

 

そもそも、モール型ECとは、オンライン上のショッピングモールのことを指し、一つのドメインの大規模なサイトの中に、複数のショップが出店し、商品を販売するスタイルとなっています。

 

出店までの手順や、運営の際に必要となるマーケティング施策のサービスが充実しており、EC初心者でも安心して運用できるメリットがあります。

 

日本を代表するモール型ECはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3社です。

モール型ECサイト特徴

ここでは自社ECサイトとモール型ECサイトとの違いやモール型ECサイトならではの特徴について紹介していきます。

 

信頼度が高い

サイバー犯罪の増加やセキュリティ意識の高まりから、聞いたこともないショップに個人情報を登録することや商品を注文することに抵抗する人が増えてきています。

 

その点モール型ECはショップ自体の知名度が低くてもAmazonや楽天市場といったブランド力がユーザーを安心させて購入しやすい環境をつくります。

 

自社ECに比べサイトの構築がしやすい

モール型ECサイトは、既存のプラットフォームを活用してサイトを構築するため、独自にドメインを取得する必要や、専門知識がなくてもサポート体制が整っているため、簡単にサイトの構築をすることが可能です。

 

出店料や手数料がかかる

プラットフォームが提供されている分、商品が売れる度に販売手数料がかかります

 

また、モールの規模が大きくなればなるほど、運営コストや広告料などの費用も発生していくという特徴があります。

 

ブランディングは自社ECサイトより難しい

Amazonや楽天市場などのプラットフォームを利用すると、プラットフォーム自体のカスタマイズは自社ECサイトに比べ制約が大きく、他のショップと区別がつけにくいため、ショップのブランディングは難しいというデメリットがあります。

 

顧客情報が取れない

モール型ECを運用すると、顧客情報はAmazonや楽天といったサイトのものになり、各企業やショップが独自に顧客データを集めることができません。

 

したがって、分析がしにくい分ビジネス自体も発展しにくいのがモール型ECサイトの特徴であり、デメリットなのです。

 

上記で紹介したようなことが、モール型ECサイトの特徴です。

 

自社ECサイトより運用がしやすい分、重要な情報や売上の一部がモール提供側のものになるため、ビジネスを発展させることが難しいといえます。

 

それぞれの特徴やメリット・デメリットを踏まえて運用方法を決定する必要があるでしょう。

 

自社ECを運営して売上を伸ばすポイント

自社ECサイトを運営して売上を伸ばすためにどのようなポイントをおさえれば良いのか紹介していきます。

 

商品を見極める

自社ECサイトでは、モール型ECサイト以上に商品が成功へのカギを握っています。

 

自社ECでどのような商品を販売するかという点については慎重に検討すべきです。

 

サイトが優れていたとしても、商品そのものにニーズがないことや、消費者への興味をそそる商品でないと、ユーザーを集客し売上に繋げることはできません。

 

少なくとも将来性や可能性を秘めた商品でなければ、ECサイトで取り扱う商品としては不十分です。

 

また、今の売れ筋商品を取り扱っても、既にモール型ECサイトの楽天やAmazonで販売されている商品の場合、商品登録数や価格、さらに閲覧数などで勝つことは難しいです。

 

自社ECの場合、どのような店舗にしていくのか、専門性を高めることも重要なのです。

 

自社ECサイトで商品仕入れの際に意識すべきことについて知りたい方は以下の記事も参考にご覧ください。

リピーターを生み出すことを意識する

自社ECサイトには、モール型ECサイトに比べて集客力がないため、一度集客したユーザーをいかに囲い込み続けることができるかが重要です

 

自社ECサイトでは、デザインやブランディングなど自由度が高いからこそ、効果的な施策を行うことができれば、Amazonや楽天市場と渡り合うことのできる集客ができます。

 

運営をしながら、自社ECサイトの課題を都度明確にし、効果的な施策を早め早めに行うようにしましょう。

 

自社ECサイトの今後

自社ECサイトを運営し続ける場合、今後どのような流れになっていくのかを理解することも大事です。ここからは自社ECサイトの展望をお伝えしていきます。

 

競争の激化

昨今、多くの事業者が新たに自社ECサイトをオープンさせました。

 

これまでECとは縁遠かった飲食業界や宿泊業界、教育業界などのサービス事業者の中でもオンライン化・EC化に踏み出した企業があります。今後もこの傾向は続いていくと考えられています。

 

このような流れが続くと、今後はECサイト同士の競争がますます激しくなることが考えられます。

 

今後ECサイト同士の競争が激しくなればなるほど、大手のモール型ECサイトが競争で優位に立つとみられています。

 

その理由は、サイトの知名度が高く、安定した印象を残し続けているためユーザーに選ばれ続けるのです。

 

競争が激しいことを見越して、ECサイトを立ち上げようとする企業も、将来の勝ち残りを考慮して、自社ECサイトより大手ECモールサイトでショップをオープンさせるケースが増えています。

 

今後、自社ECサイトで生き残るためにはユーザーに対して精度の高いコミュニケーションが求められます。

 

具体的にはAIやWeb接客の行動履歴をもとにしたデータ分析や、SNSによる情報発信などで、一人一人のユーザーに対し、ニーズを満たす商品やサービスの情報提供、そして身近に感じられる存在としての意識付けが重要になってくるでしょう。

 

商材による需要の格差が拡大

昨今、日本経済は残念ながら停滞しており、労働者の給料が上がらず、物価の上昇が続いているため、酒・たばこやハイブランド品といった嗜好品への出品を避ける方が増えています。

 

代わりに生活に必要な食料品や日用品や衛星用品の需要が高まる傾向にあります。

 

今後、ステイホームでの働き方が浸透していくことや景気低迷が続くと、もともと広告費への投資額が大きい嗜好品やハイブランド商品はさらに苦しい状況になることが考えられ、ECサイトで扱うにはリスクの大きい商材となってしまうでしょう。

 

まとめ

今回自社ECサイトの基本的な情報をお伝えしてきました。

 

あくまで基本的な情報ですが、自社ECサイトの運営を考えていらっしゃる方は今回紹介した情報をおさえておきましょう。

 

そして自社にあった運用方法は何なのか、どのようにブランディングするかなどを中長期的視点で検証し、日々情報のアップデートしながら運営をしてみてください。

 

当サイトのLINE公式アカウントでは、物販ビジネスで稼ぐ一流のノウハウを持つ運営による、最新情報の共有を現在無料で行っております。

また、ご登録特典といたしまして、毎月先着10名様限定で副業初心者に向けた書籍や動画もプレゼントしております。

物販ビジネスで成功したいとお考えの方は、この機会にぜひLINE登録をしてみてください。

 

 

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。
「物販で稼ぎたい!」という意欲のある方はぜひLINE公式アカウントにご登録ください。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。

物販ビジネスで成功するための未公開の秘訣を無料でお伝えします。

閉じる 閉じる